キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201910/26/英-图2jpg.jpg

グローバル100G光モジュール市場分析

Migelle

翻訳者 ともや
2019年10月26日 に投稿された

100G光モジュールの導入により、エンタープライズおよびデータセンターアプリケーション向けの100Gネットワークが主流市場に押し出されています。短距離リンクでのアプリケーションは目覚ましい速度で進んでいますが、100Gの長距離伝送も急速に成熟しています。これは主に、信頼性が高く高性能な100G光学と技術革新の必要性を高めます。それでは、100Gモジュールと市場は、前例のないデータトラフィックに対応するために、今後数年間でどのように進化するのでしょうか?100Gモジュールの技術の進歩について説明し、100G光モジュール市場に関する最新情報を提供します。

100G光モジュールテクノロジーのアップグレード

100Gモジュールは、ハイパースケールのデータセンターとクラウドサービスによるネットワーク帯域幅の飽くなきニーズにより、小型、高周波数、超大容量に開発されています。100Gモジュールテクノロジーの進歩を見てみましょう。

小さいフォームファクター

市場にはCXP、CFP、CFP2、CFP4、QSFP28、およびCPAKの6つの主要な100Gモジュールフォームファクターがあります。その中で、最もコンパクトなサイズで低消費電力の 100G QSFP28モジュールがデータセンターおよび企業で選択される主要な100Gモジュールです。各100Gモジュールの仕様を次の表に示します。

モジュール
CFP CFP2 CFP4 QSFP28 CXP CPAK
ラインレート 40/100G 40/100G 40/100G 4×25-28G

12×12G

or 10×12G

40/100G
アプリケーション

イーサネット、

ソネット/SDH、

OTN

イーサネット、

ソネット/SDH、

OTN

イーサネット、

ソネット/SDH、

OTN

InfiniBand,

イーサネット

InfiniBand,

イーサネット

イーサネット

ソネット/SDH、

OTN

寸法 (W×L×H mm) 82×145×14 41×104×13 22×92×10 18×52×1.5 21×92×10 34.8×101.2×11.6

電気的

インターフェース

CAUI, XLAUI, SFI-S, SFI-5.2 CAUI-4, CAUI CPPI-4 CPPI-4 12×QDR InfiniBandまたはCPPI CAUI-4, CAUI
コネクタ 148 パッド 104 パッド 56 パッド 38 パッド 84 パッド N/D
マックスパワー 8-32W 3-18W 1.5-6W 3.5W 6W N/D

より統合されたチップ

光モジュールチップは、光ファイバを使用してデータを送受信する集積回路(IC)です。それは光モジュールの心臓部であり、メーカーが克服すべき技術的障害となっています。通常、光モジュールのチップは、特殊な半導体材料を使用して作成されます。ただし、ネットワークで、特にクラウドアプリケーションでの光モジュールの大量消費は、より高いモジュール性能、高度な変調、および長距離伝送を必要としています。シリコンフォトニクス光モジュールは、サイズを縮小し、集積密度を高め、モジュールの消費電力を削減することが期待されています。100G PSM4および100G CWDM4を含む100Gシリコンフォトニクス製品は、シングルモード伝送を促進するために市販されており、これらのモジュールの展開は、データセンターおよびクラウドアプリケーションで成長し続けます。

より簡素化されたパッケージング

フリップチップやBOXなどの他のパッケージングテクノロジーと比較して、COB(チップオンボード)は、より小さなフォームファクターと高密度を実現するのに役立つため、高速マルチモード40G/100Gデータセンター光モジュールでより広く使用されています。COBは非ハーメチックパッケージであり、ゴムパッチテクノロジー(エポキシダイボンディング)を適用して、PCB上のチップまたは光学部品を固定します。その後、金線ボンディングは電気接続を使用し、上部をドリップグルーシールします。COBパッケージングの顕著な利点は、統合シリコンフォトニクスのパッケージ化に自動化および使用できることで、コスト削減、生産精度要件の低減、物理スペースの削減が可能です。

100G光モジュールの採用がプライムタイムに到達

100G光モジュールメーカーは、製品の改良とその汎用性の向上を競い合い、サーバーとToRスイッチ間での25GEの継続的な採用により、25GEの採用者は100GEにアップグレードすることになります。25Gサーバーと100Gスイッチは、以前の10Gサーバーと40Gスイッチに代わってほとんどのハイパースケールデータセンターで一般的になるため、100Gスイッチポートの出荷数は40Gスイッチポートの出荷数を上回ります。100Gモジュールの展開は持続的に成長しており、現在では広く採用されている最速のイーサネット接続となっています。それどころか、40GEの市場は急速に縮小する傾向にありますが、10GEの需要は横ばいにしか成長しません。技術的または互換性の問題、または低コストのために100Gを使用できない場合にのみ、40Gが展開されると予測されています。そうは言っても、100G光モジュールは、供給のボトルネックが解消されつつあるため、引き続き堅調に推移します。

英-图1.jpg

少数の顧客と100Gモジュールの注文を競う多数のサプライヤにより、間違いなく100GEモジュールのコストを削減し、40Gと100Gのコスト差をさらに小さくします。

英-图2.jpg

概要

情報技術(IT)データの指数関数的な成長により、高速伝送および技術のアップグレードに対する需要が大幅に増加しています。ハイパースケーラーとクラウドビルダーの場合、100GEは十分な帯域幅に近い場所ではないため、200/400GEが今後数年間に計画される可能性があります。この記事の100Gのトレンドと開発に関する情報は、単なる参考資料にすぎません。 100G光モジュールを購入するか、ネットワークインフラストラクチャをアップグレードするかを決定するのに役立つことを願っています。

939

おすすめのコンテンツ