キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/qsfp28-psm4-cwdm4.jpg

100G PSM4とCWDM4 QSFP28モジュール

Worton

翻訳者 ともや
2022年1月14日 に投稿された

 100G QSFP28は、データセンター内の100Gイーサネットの主要なフォームファクタとみなされます。今、使用されている最も一般的な100G光モジュールはCFP、CFP2、CFP4、QSFP28です。その中で、100G QSFP28モジュールは小型で高効率と低コストのメリットを備えたため、データセンター内の100Gイーサネットの主要なフォームファクタと見なされます。IEEE規格の定義によって、100G光トランシーバ・リンクは-SR10、SR4、-LR4に定義されています。MSA規格(マルチソースアグリーメント)の定義によって、PSM4とCWDM4の2つの100G光トランシーバ・リンクと定義しています。両方は100GE信号を4つの別のチャンネルで伝送できます。本文では、これらの違いについて詳細に紹介します。

PSM4 QSFP28モジュールとは何ですか?

100G PSM4モジュール(製品詳細)は4×25Gb伝送モードにより、8本のファイバで100G伝送を実現する12芯シングルファイバMTP/MPOインタフェースタイプを使用できます。そのため、最大500メートルの伝送リンクを実現できます。

 上図のように、100G PSM4仕様では、8つのシングルモードファイバ(4つの送信と4つの受信)上のポイントツーポイント100 Gb/sリンクの要件が少なくとも500m、それぞれ25 Gbpsで伝送されることが定義されています。4つの同一かつ独立したレーンが各信号方向に使用されます。

 100G PSM4 QSFP28モジュールは1310nmで動作する単一の非冷却分布帰還(DFB)レーザを採用するにより、各レーザにMUX/DEMUXを必要としません。ただし、ァイバごとに直接変調DFBレーザ(DML)または外部変調器が必要です。詳しくQSFP 100G PSM4光モジュールについてをご覧ください。

CWDM4 QSFP28モジョールとは何ですか?

 PSDM4と同様に、100G CWDM4モジュール(製品詳細)も100 Gbpsを達成するために4 x 25 Gbpsを使用します。しかし、PSM4とは異なり、CWDM4は1本の光ファイバーを使用し、PSM4用の4本のファイバーを使用します。したがって、ケーブルコストのみの結果として、CWDMネットワークはPSM4ネットワークよりも費用対効果が高くなります。CWDM4モジュールは、光マルチプレクサとデマルチプレクサを使用し、次の図に示すように、CWDMテクノロジで約1310nmで動作します。

 したがって、2つの100G CWDM4光トランシーバモジュールを接続するには、デュプレックスシングルモードファイバを使用する必要があります。CWDM4は2kmに制限されています。現在、CWDM4リンクは、100G CFP4またはQSFP28光トランシーバの両方で使用されています。ただし、コンポーネント数が多いため、CWDM4モジュールのコストが上昇します。したがって、トランシーバ単体では、CWDM4はPSM4よりも高価です。詳しくQSFP28 CWDM4光モジュールについてをご覧ください。

100G PSM4とCWDM4 QSFP2モジョール

 次の表は、100G PSM4とCWDM4 QSFP28トランシーバーの比較の要約を示しています。


100G PSM4 QSFP28 100G CWDM4 QSFP28
光送信機 4つの統合されたシリコン光変調器と1つの分布帰還レーザ 4つのCWDM直接変調レーザ
4波長CWDMマルチプレクサ 不要 必要
コネクター 8本のファイバを備えたMPOコネクタ デュプレックスLCコネクタ
ファイバ パラレルリボンSMF(8本のファイバ) デュプレックスSMF
リーチ 500 メートル 2 キロメートル

 光トランシーバモジュール構造の観点からは、出力パワーを4つの統合されたシリコン変調器に分割する単一の冷却されていないCWレーザを使用するため、PSM4はより費用効果が高くなります。しかし、インフラストラクチャの観点から見ると、PSM4は8つの光シングルモードファイバを使用し、CWDM4は2つの光シングルモードファイバのみを使用するという主な理由から、リンク距離が長いとPSM4の方が高価になります。

 上記の2つの要素を考慮すると、トータルコストの比較を以下の図に定性的に示すことができます。図からわかるように、PSM4はトランシーバのコストが低いため低コストで始まりますが、リンク距離が増加すると、8本の光ファイバーを使用するため、総コストは非常に上昇します。

結論

 異なる企業は、リンク距離が交差点で何であるか、およびトランシーバのコスト差がゼロ距離であるかについて異なる意見を有します。しかし、PSM4 MSAの仕様に基づいて、技術は500メートルに制限されなければならず、これは実際のデータセンターのニーズの大部分をカバーすることができます。FS.COMは、オプションの100G PSM4 QSFP28(750.00ドル)と100G CWDM4 QSFP28(1350.00ドル)光トランシーバの両方を提供します。

3.2k

おすすめのコンテンツ