キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/three-options-of-n8500-32c-switch.jpg

100Gスイッチ:ベアメタルワンあるいはプリロードされたCumulus LinuxまたはICOS?

Irving

翻訳者 ともや
2019年7月26日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

100Gスイッチ:ベアメタルワンあるいはプリロードされたCumulus LinuxまたはICOS?

100Gスイッチ、未来に聞こえますか?実際には、100Gはここにあり、展開されています。実際、2015年以降、Google、Microsoft、Amazonなどの企業は100Gへの移行を開始しています。また、100G展開の多くは、Webスケールまたはハイパーコンバージドデータセンターアーキテクチャに100Gオープンソーススイッチを採用しました。しかし、市場にはCumulus LinuxやICOSなどのオープンソースソフトウェアをプリロードしたブライトボックススイッチやソフトウェアがないベアメタルスイッチのような多くの選択肢があります。それで、どちらを選ぶべきですか?詳細な説明を提供するために、例としてFSによって提供される32ポート100Gスイッチです。

FS 32ポート100Gデータセンタースイッチの概要

FSは、レイヤ3スイッチN8500-32Cを通じて、増大する帯域幅要件を満たしています。高性能で超低遅延の32ポート100GbE QSFP28スイッチで、トップオブラック(ToR)またはスパインスイッチとして展開するように設計されています。

完全なレイヤ2/3機能

Broadcomチップをベースにしており、フルラインレートのレイヤ2およびレイヤ3スイッチングを提供します。レイヤ2機能には、L2スイッチング、L2マルチキャストおよび堅牢なセキュリティ機能があります。一方、この100Gスイッチは、BGP、OSFP、RIPおよびIPマルチキャストを含み、エンタープライズ統合のための高度なL3ルーティングを提供します。

6.4Tbpsの超高帯域

これにより、増大する帯域幅要件を満たすためにLANアップグレードのタスクを大幅に簡素化できます。6.4Tbpsでは、オーディオ、ビデオストリーミングおよびマルチキャストアプリケーションを使用するバックボーンまたは大容量サーバーに接続する安全なトポロジで大量のデータを処理できます。

FS N8500-32C 100Gスイッチには、3つのバージョンがあります。

オプション1:Cumulus Linuxバージョン

Cumulus Linuxは最初のフル機能のLinuxオペレーティングシステムです。ネットワークスイッチをLinuxサーバーのように動作させるネイティブのLinuxインタフェースを提供することに加えて、このオープンオペレーティングシステムはOpenStack、Nutanixを含むすべての主要なクラウドオーケストレーションソリューションに統合されています。Ansible、Chef、Puppetなどの自動化ツールを簡単に設定できるようにサポートします。FS N8500-32C 100Gスイッチには最新のCumulus Linux 3.7バージョンがプリロードされており、拡張モビリティサポート、近隣探索(ND)拡張コミュニティサポートなどのEVPN拡張機能が備わっています。また、ボンディングモードをIEEE 802.3adリンクアグリゲーションモードに変更するなどのNCLUコマンドも改善されています。

オプション2:ICOSバージョン

ICOSは、データセンターアプリケーション用のBroadcomスイッチングシリコン上で動作するように特別に設計されたネットワーキングオペレーティングシステムです。業界標準のコマンドラインインターフェイス、SNMPおよびLinuxサーバーエコシステムツールなどの従来の管理オプションをサポートしています。ICOSを搭載したFS N8500-32Cは、従来のスイッチベンダーが提供していたのと同じレイヤ2およびレイヤ3のニーズに対応できますが、データセンター環境を補完する機能を追加することを可能にします。

オプション3:ベアメタルバージョン

FS N8500-32CベアメタルスイッチはONIE(オープンネットワークインストール環境)をインストールしました。ONIEは、新しいオペレーティングシステムをインストールし、アンインストールするときにのみ実行して呼び出されるブートローダです。ONIEを通じて、このレイヤ3スイッチはOcNOS、PicOS、SONIC、Open Network Linux、Snaprouteなどのさまざまなネットワークオペレーティングシステムを選択できます。これは最もよく知っているものか最も安いものを選ぶことができて、総コストを減らすことができることを意味します。

どちらを選びますか?

オプション1と2にはソフトウェアがインストールされています。これは、デバイスを直接使用したいユーザーに適しています。ただし、Cumulus Linuxは、豊富なアプリケーションエコシステムのための切り替えで、Linuxのすべてのエクスペリエンスを提供する真のLinuxシステムです。ICOSはLinuxベースで開発されていますが、Linuxツールをシームレスに統合し、Linuxアプリケーションとして実行し、サーバーのような経験を提供することができます。その上、それらは異なるCLIを持っています。Cumulus LinuxはCLIのようにCiscoを使用できますが、ICOSは使用できません。オプション3に関しては、ターゲットオペレーティングシステムを持っている顧客はこれを選ぶことができます。さらに、価格も重要な要素です。Cumulus Linux版が最も高価なもので、ベアメタル版が最も安価ですが、ユーザーはサードパーティ製のソフトウェアの代金を支払う必要があります。したがって、ユーザーは特定の要求に従って賢明な決定を下すべきです。

N8500-32C 100Gスイッチに関するFAQ

1.N8500-32CはMPLSをサポートしますか?

FSハードウェアはMPLSをサポートしますが、ソフトウェアCumulus LinuxとICOSはサポートしません。このアプリケーションを実行することが緊急に必要な場合は、ベアメタルバージョンを選択して、MPLSをサポートするIP Infusion’s OcNOSをインストールできます。

2.ICOS付きのスイッチを購入しましたが、Cumulus Linuxに変更できますか?

はい。最初にICOSをアンインストールしてからCumulus Linuxをインストールする必要があります。この操作は回復不可能で、新しいソフトウェアの代金を支払う必要があることに注意してください。FSでは、1、3及び5年間のソフトウェアサポートを提供しています。ニーズに基づいて一つの製品を選ぶことができます。

結論

100Gスイッチは、将来的に増加するデータセンターのネットワーク需要に対するソリューションです。さまざまな顧客の要求を満たすために、FSはさまざまなソフトウェア、Cumulus Linux、ICOSおよびベアメタル設計の32ポート100Gスイッチをリリースし、ユーザーにオープンなネットワーク環境を提供しています。これらのスイッチは、ソフトウェアとアプリケーションの選択の柔軟性に対するサポートを提供し、ベンダーの固定を回避します。顧客は実際のニーズに基づいていずれかを選択できます。選択時にまだ混乱している場合は、詳細についてsales@fs.comからお問い合わせください。


911

おすすめのコンテンツ