キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/10gbase-t-sfp%2b-module.jpg

10GBASE-T SFP+ RJ45銅線トランシーバモジュール

Worton

翻訳者 ともや
2018年7月10日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

10GBASE-T SFP+ RJ45銅線トランシーバモジュール

SFP+光ファイバデバイスやSFP+直接接続銅線(DAC)ケーブルを含むSFP+オプティクスは、リンク長がより長く、集約されたデータ帯域幅が大きいため、コアまたはスパインの10Gbps接続ソリューションを支配します。ただし、SFP+ 10GBASE-Tモジュール(Cat 6a/7ケーブルとともに)は、リンク長が30mであるの10Gbpsエッジネットワークで省電力接続、低コスト、簡単なインストール、信頼性の高いパフォーマンスを実現します。

SFP+ 10GBASE-T銅線トランシーバ - RJ45コネクタ、100m、2.5W

SFP+ 10GBASE-T RJ45銅線トランシーバは、リンク制限30m、50m(5Gbps、2.5Gbps)、100m(1000Mbps)のCat 6a/7ケーブルで10ギガビットイーサネットが必要な高速通信リンク用に特別に設計されています。標準のSFP+ SR/LR光ファイバと比較すると、使い慣れたRJ45コネクタで標準ベースのテクノロジを使用し、レガシーネットワークとの下位互換性を提供するという利点があります。

SFP 10gモジュール

MSA規格に準拠したSFP+ 10GBASE-Tトランシーバは銅線上で10GbE通信を提供する最初の光トランシーバです。上記の図から、10GBASE-T SFP+モジュールをNICまたはスイッチのSFP+ポートに直接接続できることがわかります。明らかに、SFP+銅線モジュールの仕様は、30mまでのリンク距離の組み込み10GBASE-T RJ45ポートと比べてポートあたり0.5Wを節約するように最適化されています。

10GBASE-T SFP+銅線トランシーバアプリケーション

10Gb SFP+ RJ45 銅線トランシーバは、使い慣れたRJ-45コネクタを使用し、レガシーネットワークとの下位互換性を提供する10GBASE-Tに基づいています。10G SFP+銅線トランシーバは、ラックの最上部、列の中央または列のアーキテクチャをサポートし、既存のインフラストラクチャを変更することなく、スイッチハードウェアの寿命を延ばすことができます。次の図は、10G RJ45トランシーバの2つのアプリケーションケースを示しています。

サーバーとストレージアプライアンス間での使用例

10gモジュール

エッジスイッチ間の使用例

ネットワークアップグレード

10GBASE-T vs SFP+ より良い選択肢はどれですか?

10GBASE-T SFP+モジュール Vs. SFP+ DACケーブル

前述のように、10GBASE-T SFP+モジュールの最大リンク距離は30mですが、SFP+ 10G銅線ケーブルは最大7mです。 さらに、SFP+ 10GBASE-Tモジュールは、10G銅線モジュールの消費電力を削減します。これは、負荷の大きい10Gデータセンターネットワークにとって良いニュースです。10G SFP+ DACケーブルは、スイッチ、NIC、およびケーブルを含めると大幅に全体コストが低くなりますが、10GBase-T銅線SFP+トランシーバは柔軟性が高く、長距離に到達することができます。

データセンターにとって、SFP+ 10G銅線ケーブルの利点は、今日の要求と新興トレンドによく合うことです。SFP+ DACケーブルは、新しいデータセンターのベストプラクティスとして急速に採用されています。ワイヤリングクローゼットの場合、10GBase-T銅線のSFP+トランシーバモジュールは、帯域幅の需要がより激しくなり、10GBase-T技術の価格と電力が低下すると明らかになります。ワイヤリングクローゼットの場合、帯域幅の需要がより激しくなり、10GBase-T技術の価格とパワーが低下すると、 10GBase-T銅線のSFP+トランシーバモジュールは最適な選択です。

10GBASE-T銅線 Vs. SFP+ファイバモジュール

10G銅線SFP RJ45モジュールとSFP+ファイバモジュールはいずれもマネージドソフトスタートでホットプラグ対応可能で、SFP+ケージとコネクタシステムとの相互運用が可能です。 ただし、10gbe sfp+ と10gbase-tが10Gスイッチに接続すると、パフォーマンスは完全に異なります。 10G銅線SFP+モジュールは、10G Cat6aケーブルを使用して、RJ45コネクタを介して30mのリンク長にします。 SFP+ SRはOM3ケーブルでLCコネクタより300mの距離で動作し、SFP+ LR光学系はOS2 LCデュプレックスケーブルを使用して10kmの距離で動作します。 短波長(850nm)光トランシーバモジュールは、10Gb/sのデータレートで300mまでの長さで使用できます。

これに対して、マルチモードファイバケーブルはCat 6a UTPよりもかなり高価であり、ソリューション全体がコスト重視のネットワークエッジアプリケーションには適していません。 ファイバのフィールド終端には、特殊なスキルセットとツールが必要となり、インストールの複雑さとコストが大幅に増加します。

概要

新しい10GBASE-T SFP+銅線トランシーバモジュールは、10GBASE-T RJ45ポートに内蔵されたポートあたり最低0.5Wの省電力で、Cata 6a UTP構造化ケーブルと最大100mのリンク距離で互換性を提供します。銅線伝送用の既存のSFP+ポートを使用することにより、10G銅線SFPモジュールは、固定ポート10Gスイッチよりも低密度10G銅アプリケーションに優れた柔軟性を提供します。 SFP+ポートで開発され、新しい10GBASE-T銅線SFP+トランシーバモジュール用に設計されたネットワークエッジ機器は、現在のネットワークエッジ帯域幅の需要に正確に一致するように導入できます。


3.8k

おすすめのコンテンツ