https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201912/23/25-400g-dac-aoc-overview-9.jpg

400Gダイレクトアタッチケーブル(DACおよびAOC)の概要

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2019年12月22日 に投稿された
2020-08-07 01:52:51
340

データセンター、企業、および高性能コンピューティング環境では、ラック内または隣接するラック間の相互接続のために、柔軟で明確な50G、100G、200G、および400Gのダイレクトダイレクトケーブルが必要です。400Gテクノロジーの開発により、400G DACおよび400G AOCを含む、短距離DCI(データセンター相互接続)用の400Gダイレクトダイレクトケーブルが大量生産され、市場に投入されました。

400G DACまたは400G AOCには、QSFP-DDとOSFPの2つの主要なフォームファクターが付属しています。どちらも8x50Gb/s PAM4電気レーンを搭載できます。さらに、400GブレークアウトDAC/AOCもあり、一方の端に1つの400Gコネクタがあり、もう一方の端に合計速度が400Gの同じコネクタがいくつかあります。以下の表は、市場に出回っている400G DAC/AOCと400GブレークアウトDAC/AOCの主なタイプを示しています。

カタゴリ 製品名 製品説明 範囲 アプリケーション
400G QSFP-DD DAC QSFP-DD/QSFP-DD DAC 各400G QSFP-DDは8つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gネットワークの直接接続
400G QSFP-DDブレイクアウトDAC QSFP-DD/2x 200G QSFP56 DAC 各200G QSFP56は4つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから200Gへのネットワーク接続
QSFP-DD/4x 100G QSFPs DAC 各100G QSFPは2つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから100Gへのネットワーク接続
QSFP-DD/8x 50G SFP56 DAC 各50G SFP56は一つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから50Gへのネットワーク接続
400G QSFP-DD AOC QSFP-DD/QSFP-DD AOC 各400G QSFP-DDは8つの50G PAM4電気レーンを使用します 70m (OM3)または100m (OM4) 400Gネットワークの直接接続
400G QSFP-DDブレイクアウトAOC QSFP-DD/2x 200G QSFP56 AOC 各200G QSFP56は4つの50G PAM4電気レーンを使用します 70m (OM3)または100m (OM4) 400Gから200Gへのネットワーク接続
QSFP-DD/8x 50G SFP56 AOC 各50G SFP56は一つの50G PAM4電気レーンを使用します 70m (OM3)または100m (OM4) 400Gから50Gへのネットワーク接続
400G OSFP DAC OSFP/OSFP DAC 各400G OSFPは8つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gネットワークの直接接続
400G OSFPブレイクアウトDAC OSFP/2x 200G QSFP56 DAC 各200G QSFP56は4つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから200Gへのネットワーク接続
OSFP/4x100G QSFPs DAC 各100G QSFPは2つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから100Gへのネットワーク接続
OSFP/8x 50G SFP56 DAC 各50G SFP56は一つの50G PAM4電気レーンを使用します 3m以下 400Gから50Gへのネットワーク接続
400G OSFP AOC OSFP/OSFP AOC 各400G OSFPは8x 50G PAM4電気レーンを使用します 70m (OM3)または100m (OM4) 400Gネットワークの直接接続

表によると、400G DACと400G AOCの主な違いは伝送距離と市場で入手可能なタイプであることがわかっています。現在、400G DACはより多くのブレークアウトケーブルを提供し、さまざまな接続要件をよりよく満たすことができます。それとは別に、400G DACとAOCは次の点で互いに異なります。


  • 重量と容積-伝送ケーブルとして光ファイバーケーブルを使用した場合、400G AOCの容積は約400Gの銅DACの約半分であり、重量はわずか1/4です。また、ケーブルの曲げ半径は400G DACよりも小さくなっています。

  • 耐干渉性-光ファイバケーブル付き400G AOCは電流を伝導しないため、データ伝送中の電磁、雷、または無線信号からの干渉に耐性があります。銅線ケーブルを備えた400G DACは、電力線、雷、および信号スクランブルに対して脆弱です。

  • 価格-今日の400GbEケーブル市場では、400G AOCの価格は、もちろん同じレベルで、400G DACの価格よりも高いことがよくあります。両方がニーズを満たすことができる場合は、コストを節約するために400G DACを選択できます。

さらなる検討

400G DACとAOCはどちらも、短距離伝送向けの費用対効果の高いソリューションです。100mを超える伝送に関しては、400G光光モジュールとマッチした光ファイバーケーブルを組み合わせたソリューションが適しています。現在の市場では、400G QSFP-DD/OSFP光モジュールが継続的に市場に投入されており、徐々に量産を実現しています。それでは、400G QSFP-DD/OSFP光モジュールの種類と、これらの400G光モジュールで使用できる光ファイバーケーブルは何ですか?読み続けて、2つの記事で答えを見つけてください。400G OSFP光モジュールタイプの概要、 400G QSFP-DD光モジュールタイプの概要

400G DAC/AOC: FAQ

Q:なぜ400G DAC/AOCはPAM4変調を採用するのですか?

A: PAM4は、帯域幅利用効率を効果的に改善できる、より効率的な変調技術です。同じボーレートでは、PAM4信号は従来のNRZ信号の2倍の速度で送信できます。また、伝送コストが大幅に削減されます。

Q: 400G DAC/AOCの重要な技術は何ですか?

A:400G DAC/AOCのコアテクノロジーはPAM4とDSPです。PAM4は、特に400G AOCでNRZよりもノイズの影響を受けやすいため、PAM4の欠点を補うためにDSPが導入されています。高速デジタル処理チップとして、DSPは従来のCDRによって提供される信号を回復する機能を所有するだけでなく、分散補償を行い、ノイズ、非線形外乱、およびその他の干渉を除去できます。