キャンセル
https://media.fs.com/images/community/wp-content/uploads/2016/01/40G-QSFP-Direct-Attach-Breakout-Copper-Cable.png

40G QSFP+ケーブル:DACとAOC、どっちを選ぶ?

Jason

翻訳者 ともや
2016年1月26日 に投稿された


今日のネットワークでは、より高いパフォーマンスのケーブル接続と費用効果の高い接続が必要です。40G接続の場合、QSFP+ DACケーブル(ダイレクトアタッチケーブル)とAOC(アクティブオプティカルケーブル)は、プラグアンドプレイ機能で2つの要件を満たすことができ、データセンターやエンタープライズネットワークで一般的になっています。しかし、彼らは何ですか? 2つのQSFP+ケーブルタイプに違いはありますか?

QSFP+ DACケーブルとは

40G QSFP+ DAC(商品詳細)は、ケーブルの両端にQSFP+コネクタが付いた高速Twinaxケーブルです。40G DACケーブルは、材料として銀メッキの導体と発泡絶縁ケーブルを使用し、ラインペアシールドまたは完全シールドを採用して電気信号を配信します。シールド銅ケーブルのゲージは、24〜30AWGです。DACケーブルを長くすると、ケーブルを介した信号伝送損失を減らすために、より大きなゲージが必要になります。たとえば、1メートルの40G QSFP+/QSFP+ DACケーブルは28 AWGを使用し、7メートルの40G QSFP+/QSFP+ DACケーブルは同じブランドで24 AWGを採用しています。

タイプ

ダイレクトアタッチ銅ケーブルは、パッシブDACとアクティブDACの2種類に分類できます。パッシブDACは、電気部品がないため、信号を増幅したり調整したりしません。信号は、ホストネットワーク機器を通過して再生成されます。通常、最大パッシブDACの距離は7mです。アクティブDACの構造はパッシブDACに似ていますが、信号調整用の駆動チップが増えています。また、アクティブDACケーブルの長さの制限は約10m以上で、パッシブDACの制限よりも長くなっています。

アプリケーション

 市場では、QSFP+ DACケーブルには、40G QSFP+からQSFP+ DACおよびQSFP+から4x SFP+ブレークアウトDACケーブルが含まれます。これらはさまざまなシナリオで使用されます。QSFP+からQSFP+へのDACケーブルは、異なるネットワークスイッチの2つの40Gポートを接続するために使用され、QSFP+から4x SFP+へのブレークアウトDACケーブルは、1つの40G信号を4x 10Gに分割します。これは通常、10Gから40Gへの移行で適用されます。

QSFP+ AOCケーブルとは

QSFP+ AOC ケーブル(商品詳細)は、両端がQSFP+コネクタで終端された二重の光ファイバーで構成されています。AOCで使用されるケーブルはマルチモード光ファイバーです。また、AOCのコネクタは実際には光トランシーバであるため、AOCはDACよりも少し複雑で高価です。アクティブな光ケーブルでは、電気信号と光信号の変換を完了するために外部電源が必要です。AOCで使用される光ファイバーと技術により、AOCは最大100mの範囲に到達します。


アプリケーション

現在、40G QSFP+ AOC、40G QSFP+から4x SFP+ブレークアウトAOC、40G QSFP+から4xデュプレックスLCブレークアウトケーブル(40G QSFP+から8x LCコネクターブレークアウトケーブルとも呼ばれる)など、40Gアプリケーション向けにさまざまなQSFP+ AOCケーブルが発売されています)。また、一部のプロバイダーは、40G QSFP+から8x SC/ST/FCコネクターのブレークアウトケーブルのカスタマイズサービスを提供しています。40G QSFP+ AOCケーブルは、2つのスイッチの40Gポートを直接接続するための費用対効果の高い手段です。40G QSFP+ブレークアウトAOCケーブルは、10Gから40Gへのネットワークアップグレードに適しています。次の図に示すように、QSFP+から4xデュプレックスLCブレイクアウトケーブルでは、LCコネクタを接続するために4つのSFP+光モジュールを使用する必要があることにご注意ください。

40G breakout cable.jpg

QSFP+ DACとAOC、2つのQSFP+ケーブルの違いは何ですか?


動作原理

 DACとAOCは異なる設計を使用しているため、動作が異なります。パッシブおよびアクティブDACは銅ケーブルを使用して電気信号を配信します。パッシブDACは、信号調整なしで信号を直接送信でき、アクティブDACは光モジュール内の駆動チップを使用して信号をブーストし、AOCは信号を電気信号から光学信号に変換し、最後に電気信号を変換する必要があります。伝送を完了するために、銅ケーブルではなく光ファイバーを使用します。

40G principle.jpg

パラメータ DAC AOC 光モジュール
範囲 最大7m(パッシブ)
最大10m(アクティブ)
最大100m 100mから40kmまで
ケーブルタイプ 平衡型銅 光ファイバ

光ケーブ


40G QSFP+ DACとAOCと光モジュールの選択方法

 選ぶポイントは、ネットワークの予算、伝送距離などにあります。

 10m未満の伝送距離の場合、信頼性の高いQSFP+パッシブ銅ケーブルの使用が推奨されます。 AOCケーブルもショートリンク用に設計されていますが、コストの観点から、信頼性の高いQSFP+ダイレクトアタッチパッシブ銅ケーブルの方が適しています。

 40Gリンク距離が10m〜100mの場合、40G QSFP+ AOCがより適しています。

 リンク距離が100mを超える場合、100Gを超えるOM3または150mを超えるOM4で動作する40G QSFP+ SR4光モジュールを選択できます。

 しかし、40Gネットワークがより長い距離にわたって展開される場合、40G QSFP+ LR4光モジュールとシングルモードファイバーが選択されます。

よくある質問

QSFP+ケーブルは、ファイバーが接続されたQSFP+光モジュールとどのように違いますか?

 シンプルで直接的なQSFP+ケーブルは、驚くほど多くの技術的利点とコスト上の利点をもたらします。

  • 低価格:QSFP+ DACおよびAOCケーブルは、直接相互接続が簡素化されるため、ファイバーケーブルを接続した40G QSFP+光トランシーバモジュールを使用するよりも安価です。通信チャネルのパスに沿って、追加のコネクタ、カセットなどはありません。
  • 低消費電力:QSFP+ケーブルの消費電力は、40G光モジュールとファイバーケーブルの使用に比べて低くなります。光トランシーバモジュールは、より長い伝送距離(100m以上)に対応するよう設計されているため、より多くの電力消費が必要です。したがって、QSFP+ケーブルを使用すると、ネットワーク全体の消費電力が少なくなります。
  • プラグアンドプレイデザイン:QSFP+ケーブルは、ファイバー光モジュールやファイバーケーブルのような「プラグ、組み立て、クリーニング」ソリューションではなく、「プラグアンドプレイ」ケーブルソリューションです。DACまたはAOCケーブルを使用すると、IT担当者は、現場で光モジュールのコネクターとファイバーケーブルを清掃および検査する必要がありません。これにより、運用コストと時間も削減できます。
8.6k

おすすめのコンテンツ