https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

10G/25G/40G/100G向けのBase-8 MTP/MPOケーブルソリューション

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年3月13日 に投稿された
2020-08-11 06:55:26
178

Base-12 MTP/MPOケーブルは、何十年にもわたる高密度ネットワーク構築の業界標準として広く使用されています。ただし、モジュールが10Gから40G、100G、さらには400Gイーサネットまで業界を導いているため、Base-8はある程度にBase-12に取って代わる市場に徐々に参入していきます。Base-8とBase-12を比較すると、Base-8は8本のファイバのみを使用するQSFP+やQSFP28などのモジュールに、より効率的な光ファイバリンクを提供します。この記事では、主にBase-8 MTP/MPOケーブルに基づくアプリケーションをご紹介いたします。

Base-8 MTP/MPOケーブルのアプリケーション

Base-8 MTP/MPOケーブルに基づいて、主にデュプレックス光ファイバ伝送リンク(10G-10G)、パラレル光ファイバ伝送リンク(40G-40G、100G-100Gなど)、およびデュプレックスパラレル光ファイバ伝送リンク(40G-10G、100G-10G/25G)との3つの伝送リンクがあります。この記事では、それらのアプリケーションについて3つの方面からご説明いたします。

10G-10G接続用のBase-8 MTP/MPOケーブル

デュプレックス光ファイバ伝送リンクは通常、デュプレックス相互接続ソリューションを使用します。次の図に示すように、構造化ケーブルソリューションでは、10GデュプレックスLC光ネットワークの両端で配線できます。このソリューションは、リンクの一端に8芯MTP/MPO-LCカセットモジュールを配備します。もう一端には、MTP/MPOアダプタパネルと8芯MTP/MPO-LCハーネスケーブルを配置します。

1.jpg

MTP/MPOアダプタパネルと8芯MTP/MPO-LCハーネスケーブルは、8芯MTP/MPO-LCカセットモジュールとLCデュプレックスファイバケーブルで置き換えることもできます。中央に配置されたMTP/MPOトランクケーブルは、複数の8芯コネクタで使用できます。言い換えれば、合計の芯数は8、16、32などにとすることができます。MTP/MPOトランクを使用すると、トランクケーブルが押しつぶされてファイバが損傷する心配がなく、ケーブルトレイにケーブルを配置できる信頼性の高いソリューションが提供されます。この構造化ケーブルを使用すると、リンク全体のコンポーネントを簡単に削除または追加できます。リンクの両端でLC-LCデュプレックス接続を使用しているため、このソリューションは、Base-8 MTP/MPOケーブルの2芯から2芯へのソリューションと見なすことができます。

40G-40G/100G-100G接続用のBase-8 MTP/MPOケーブル

パラレル光ファイバ伝送リンクは、2つの主なソリューションに分けることができます。両端のリンクは、8芯から8芯への接続(40G-40G)、20芯または24芯接続(100G-100G)を使用できます。


  • 8芯から8芯への接続

  • Base-8 MTP/MPOケーブルの最も簡単なパラレル光ファイバ伝送リンクは、40GBASE-SR4のような2つのQSFP+モジュールを8芯MTP/MPOケーブルで直接接続することです。このような直接接続は、所定のラックまたはキャビネット内の短距離の場合にのみ使用することをお勧めいたします。

    2.jpg

    もちろん、8芯MTP/MPOケーブルの代わりにMTP/MPOトランクケーブルとMTP/MPOアダプタパネルを導入して、この8芯から8へのソリューショをアップグレードできます。これにより、トランクケーブルが押しつぶされる心配なしにケーブルをケーブルトレイに配置できる耐久性のあるソリューションが提供されます。トランクケーブルを使用すると、より多くのQSFP+モジュールと40Gリンクをサポートできます。

    3.jpg

  • 20芯または24芯接続

  • Base-8 MTP/MPOケーブルは、100GBASE-SR10などの20芯または24芯接続をサポートできる2つのモジュールの接続にも使用できます。次の図は、Base-8 MTP/MPOケーブルに基づく相互接続構造ケーブルを示しています。このソリューションは、1つの100G CFPから別の100G CFPモジュールへの接続(または20芯から20芯への接続)を提供します。24芯MTP/MPOから3本の8芯MTP/MPOブレークアウトハーネスケーブルを使用して、Base-8 MTP/MPOケーブルを介して信号を送信します。

    4.jpg

40G-10G/100G-10G/25G接続用のBase-8 MTP/MPOケーブル

デュプレックスに平行光ファイバ伝送リンクも、2つの主要なソリューションに分割できます。両端のリンクでは、8芯から2芯への接続(40G-10G、100G-25G)、20芯から2芯への接続(100G-10G)を使用できます。


  • 8芯から2芯への接続

  • 最も一般的な8芯から2芯への接続は、40G-10Gおよび100G-25G伝送です。これは、Base-8 MTP/MPOケーブルの直接接続ソリューションです。たとえば、8芯MTP/MPO-LCハーネスケーブルを使用して、40G QSFP+モジュールと4つの10G SFP+モジュールを接続したり、100G QSFP28モジュールと4つの25G SFP28モジュールを接続したりできます。

    5.jpg

    このタイプの直接接続は、特定の列内または同じラックまたはキャビネット内の距離が短い場合にのみお勧めいたします。距離が長い場合は、リンクの両端にあるMTP/MPOトランクケーブルが中央にあるMTP/MPOアダプタパネルとMTP/MPO-LCカセットを使用できます。

    6.jpg

  • 20芯から2芯への接続

  • 次のように、20芯から2芯への接続により、パラレルからデュプレックスへの光ファイバ伝送リンクを実現できます。

    7.jpg

    このソリューションでは、24芯MTP/MPOブレークアウトケーブルとMTP/MPO-LCカセットを使用して、100G CFPモジュールと10個の10G SFP+モジュールを接続します。24芯は3つのMTP/MPO-8コネクタに分割されているため、10本のデュプレックスLCケーブルで伝送され、リンク全体で20芯から2芯への接続を実現します。

Base-8 MTP/MPOケーブルはどこまで行くのですか?

上記の内容により、さまざまなBase-8 MTP/MPOケーブルソリューションが、デュプレックス、パラレル、およびパラレルからデュプレックスの光ファイバ伝送リンクで利用できます。Base-8接続により、大規模なデータ配線を必要とせず、無駄のないクリーンなデータセンターが実現できます。複数の接続デバイスを使用することにより、ネットワーク効率が向上し、Base-12システムをBase-8システムに変換するコストが削減されます。また、Base-8接続は、2芯モジュールシステム(Base-2システム)に簡単に使用できます。これにより、10G、40G、100Gなどでのネットワーク接続の柔軟性が向上し、互換性の問題が解消されます。