キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/data-center-cabling.jpg

データセンターのケーブル配線に関する基本的な知識とヒント

Worton

翻訳者 ともや
2019年10月19日 に投稿された



 データセンターの構造化されたケーブル配線設計であろうとトップオブラック(ToR)ケーブル配線であろうと、速度、大容量、および高性能の利点により、光ファイバーケーブルは、世界中で広く展開されており、データセンターのケーブル配線として第一の選択になります。また、銅製ケーブルは、今日のデータセンターのケーブル配線においても重要な役割を果たしています。これらのネットワークケーブルをデータセンターに展開する際に、不要な損失や問題をどのように回避しますか?次はいくつかの基本的な知識とヒントを紹介します。

データセンターのケーブル配線の標準

 業界のケーブル配線はデータセンターの代表であり、セキュリティを確保し、統合インフラストラクチャを構築するための基盤を提供するように設計されています。同時に、今後数年間にわたって高レベルのケーブル性能を維持するためのガイドラインも提供します。データセンターケーブル配線の標準が多いです。以下は3つの一般的なものです。

ケーブル標準タイプ 機能
ANSI/TIA-942 この標準は、データセンターの特定の機能領域の概要を示し、経路とスペース、バックボーンと水平ケーブルメディア間の距離、冗長性、ケーブルマネジメント、および環境に関する考慮事項に関する最小限の推奨事項を提供します。
ISO/IEC 24764 TIA-942およびEN50173-5に基づいて、この国際標準はデータセンターで使用されるケーブル配線を指定しています。ISO/IEC 11801を参照し、データセンターに関する情報を追加します。
ANSI/BICSI 002-2014 この規格は、データセンターの設計と運用に関するガイダンスを提供します。データセンターの計画、建設、試運転、保護、管理、保守、およびケーブル配線インフラストラクチャ、経路、スペースをカバーしています。 また、モジュラーデータセンター、コンテナタイプのデータセンター、エネルギー効率についても説明し、信頼性を判断するための独自の可用性クラス構造についても説明します。

データセンターのケーブル配線のベストプラクティス



データセンターのケーブル配線設計のヒント

 データセンターのケーブル配線を開始する前に、データセンターの基本設計を計画することが不可欠です。

 構造化されたケーブル配線の使用-このケーブル配線のアプローチには、データセンターのケーブルをより適切に管理するためのケーブル配線と接続の設計が含まれます。また、従来のポイントツーポイントケーブル接続と比較して、構造化ケーブル配線を使用することは、アクセスとケーブル管理を改善するために、メイン配布エリア(MDA)、1つまたは複数の水平配布エリア(HDA)、および2ポストラックを確立することを意味します。

 適切なケーブルソリューションの選択-データセンターではUTP銅製ケーブルが一般的に使用されていますが、前述のように、高速システムの最大および将来のサポートの必要性により、より多くのファイバが設置されています。データセンターの光ファイバーケーブルは無視できないオプションになりつつあります。

 ケーブルのルーティングと設計-エアフローと冷却の問題は、データセンターのケーブル設計における新たな課題になりました。ケーブルの配線と設計は、エアフロー設計の効率に大きく影響します。

 ケーブル配線のパッチ方法の計画-これは、データセンターを配線する際に考慮すべき最も重要な要素の1つです。ケーブル配線経路に影響を与える重要なパラメーターは、ラック密度、ケーブルのタイプ/カウント/直径、エンド設備のケーブルのエントリ及び部屋の高さです。これらすべてに注意する必要があります。

データセンターケーブルの設置とメンテナンス

 光ファイバーケーブルは、パフォーマンスの点で銅製ケーブルと比べて明確な利点がありますが、光ファイバーケーブルの不適切な使用は、データ伝送に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、光ファイバーケーブルと銅製ケーブルを設置するときは、ベストプラクティスを維持する必要があります。

 ファイバの曲げ半径に注意してください。曲げ半径、または曲線の測定値は、データ信号が流れる強度を決定できます。ファイバーパッチケーブルを取り付けるとき、指定された曲げ半径を超えて曲げないでください。
端面の汚染を避けてください。ケーブルの端面にあるデブリ、ほこり、油は、ネットワークに重大な損傷を与えることができます。これは、光ファイバーケーブルの障害に対処する際の最も一般的な問題の1つです。そのため、光ケーブルの端面の状態を注意深く確認してください。
 ファイバケーブルと銅製ケーブルの配線を分離してください。銅製ケーブルは重いため、下に配置されているファイバーケーブルを損傷する可能性があります。
 電源コード、蛍光灯、建物の電気ケーブル、および防火コンポーネントのような高レベルの電磁インターフェースを生成する可能性のある設備の近くに銅製ケーブルを置かないでください。
 水平およびバックボーンのツイストペアケーブルの場合、終端までペアのツイストを同じ密度に維持します。
 データセンターのケーブル管理に十分な垂直および水平マネージャーを使用します。これにより、アップグレードまたは計画外のダウンタイムイベントのためにケーブルがはずされる時に、将来の変更を容易にできます。
 ファイバーレースウェイを使用します。ルーティングパスは、ファイバーレースウェイによって明確に定義されており、簡単に追跡できます。そのため、ケーブル配線の有効性が確保され、終端パネルの輻輳を軽減できます。
 ケーブルラベルを使用します。ケーブルのラベル付けにより、ケーブル配線作業がより簡単かつ安全になります。「from and to」の場所でコードにラベルを付けます。明確で直感的な識別により、インストール、移動、追加、変更が容易になります。ケーブルルームのす べてのケーブルには明確にラベルを付けて、障害を追跡できるようにする必要があります。
 緩んだケーブルを床に放置しないでください。これは主要なセーフティーハザードです。また、念の為に、よく使用される少数のファイバーパッチケーブルの在庫を保持してください。

FSのデータセンターのケーブル配線ソリューションの詳細

 ケーブル配線は、データセンターの設計において重要な部分です。インフラストラクチャを展開する方法や場所を問わず、FSには、エンドツーエンドの光ファイバーケーブル配線ソリューションがあり、データセンターで増えているネットワークニーズを満足します。

データセンター向けの光ファイバーケーブル配線ソリューション

 トランクまたはバックボーンケーブル配線アプリケーションでは、光ファイバーケーブルは銅製UTPケーブル配線よりも最大60%のスペースを節約できるため、高密度データセンターのケーブル配線の最適な選択になります。光ファイバーケーブルに対する要求は、データセンターの区域によって異なります。FSは、OS2シングルモードファイバー、OM1/OM2/OM3/OM4/OM5マルチモードファイバー、MTP/MPOケーブルなどのさまざまなファイバーパッチケーブルを提供し、データセンターファイバーケーブルのさまざまな要求に対応します。

データセンター向けの銅製ケーブル配線ソリューション

 データセンターのケーブル配線で光ケーブルが普及していますが、既存のデータセンターでは依然として銅製ケーブルが大きな割合を占めています。現在の銅製ケーブル市場には、ユーザーが選択できるさまざまなタイプの銅線ネットワークケーブルがあります。ユーザーが最新の高密度データセンターを構築できるように、FSは、高品質のデータ伝送用のCat5、Cat5e、Cat6、Cat6aおよびCat7を含む一連の銅ケーブルを提供しています。

データセンターのケーブル管理アセンブリ

 最高の信頼性を実現し、移動、追加、変更を実現するために、ベストプラクティスに従ってケーブルを配線および保護します。データセンターの整然とした配線には、ケーブルタイ、ファイバーレースウェイシステム、ケーブルマネージャーなどのケーブル管理アセンブリが必要です。FSは、さまざまなアプリケーション向けの完備したケーブル管理ソリューションを提供します。

Type Description Type Description
data center cable management, cable manager 1U金属製水平ケーブル管理パネル(5つの取り外し可能なDリングとレーシングバー付き) data center cable management, cable marker 10個/ロットカラーラベル(デジタルケーブルワイヤマーカーの識別)
data center cable management, cable ties T型磁気ベルクロケーブルタイ(25個/袋 10in.L x 0.5in.W カラフル) data center cable management, fiber raceway 4"x10"水平クロス光ファイバレースウェイ/ファイバルーティングシステム

4.8k

おすすめのコンテンツ