キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/tunable-transceiver.jpg

10G DWDMチューナブルモジュールの基本

Worton

翻訳者 ともや
2018年12月3日 に投稿された

10G DWDMチューナブルモジュールの基本

DWDM(高密度波長分割多重)技術は、光学システムのチャネル容量と伝送速度を向上させる優れた方法を提供します。また、多くのアプリケーション、特に長距離伝送で使用されています。DWDMチューナブルモジュールは、多面的な能力と余裕のある使いやすさのために、DWDM伝送システムで普及しています。この記事では、調整可能なDWDMモジュールの概要を説明し、DWDMシステムで使用する必要がある理由を詳細に説明します。

DWDM Cバンドチューナブルモジュールとは何ですか?

DWDMチューナブルモジュールは、レーザが発するチャネルまたは「カラー」を選択できる独自のモジュールです。簡単な言葉で言えば、ほとんどのWDMシステムは一般的に、固定波長の光モジュールを使用します。つまり、各波長のスペアが使用されています。しかし、同調可能なモジュールは、異なる要件を満たすために現場でモジュールの波長を調整する能力を有します。 これはチューナブルモジュールの最も顕著なポイントです。波長可変モジュールのもう1つの特徴は、波長可変機能がDWDMの高密度波長グリッドのためにDWDMシステム内にのみ存在することです。

通常、同調可能なモジュールはCバンド50GHz用です。50GHz帯である0.4nm間隔で約88種類の異なるチャンネルを設定できます。これらの光学部品は、通常、チャンネル16から61までですが、製造元のルータ/スイッチおよびサポートするチャンネルによって異なります。DWDMチューナブルモジュールとシングルモード・ファイバとの伝送距離は最大80km、データ速度は最大10Gbpsです。

さらに、DWDMチューナブルモジュールは、ルータ、スイッチ、サーバなどの幅広い機器に対応しています。これらのモジュールにより、ネットワーク事業者はCバンドDWDM ITUグリッド内で無制限に波長を変更できます。

10G DWDMチューナブルモジュールの種類

DWDMチューナブルXFPモジュール

チューナブルXFPモジュールは、フルCバンドチューナブルトランスミッタと高性能レシーバを統合して製造されています。50GH DWDM ITUグリッドでは、デフォルトとして波長を設定できます。このモジュールとシングルモードファイバとの最大距離は最大80kmです。市場において、異なる製造業者は、異なる形態の同調可能なXFPモジュールを名付けることができます。たとえば、シスコでは、「ONS-XC-10G-C」と名付けられていますが、Juniperバージョンは「XFP-10G-CBAND-T50-ZR」です。また、このモジュールはさまざまな方法で調整されます。

チューナブルXFPモジュール

FS.COMのチューニング可能な10 Gbpsマルチプロトコル光XFPモジュールは、9.95 Gbpsから11.35 Gbpsまでの信号速度で高速シリアルリンクを提供する統合光ファイバモジュールです。このモジュールは、多くのネットワークで使用されている300ピントランスポンダを交換するための望ましい選択肢となる波長切り替え機能と小型サイズを提供します。

モジュール データレート 周波数 チャネル/波長 距離 ファイバタイプ コネクタ
TDXFP-10GHXXX-80 9.95~11.1 Gbps 50G Hz C17~C61 (1563.86~1528.38nm) 80 km SMF LC

注:XXXはDWDM ITUチャネルを意味します(C17 = 1563.86nm、C18 = 1563.05nm、C19 = 1562.23nm、C20 = 1561.42nmなど)

DWDMチューナブルSFP+モジュール

チューニング可能なSFP+モジュールは、SFP+の電力仕様が制限されているため、今後数年間は開発される新技術です。CWDMグリッドが広すぎるため、これらはDWDM形式でのみ使用できます。チューニング可能なSFP+モジュールは、調整可能なDWDM SFP+モジュールとも呼ばれます。


チューナブルモジュール

 

調整可能なSFP+モジュールには、ITU-T(50GHz DWDM ITU-T完全Cバンド)要件を満たす完全なCバンド50GHzチューナブルトランスミッタと高性能PINレシーバが装備されています。DWDM SFP+モジュールと同じホットプラグ可能なSFP+フットプリントを共有します。それらの主な違いは、DWDM SFP+には固定波長またはラムダがあり、チューニング可能SFP +では必要なラムダに波長を調整できる点です。 調整可能なDWDM SFP+モジュールにより、CバンドDWDM ITUグリッド内で波長を無制限に変更でき、スイッチ、ルータ、サーバなどのさまざまな種類の機器に適用できます。

DWDMシステムで調整可能なDWDMモジュールを使用する理由

従来のDWDMシステムでは、固定波長SFP+モジュールが、光通信分野における光源として一般的に使用されています。しかし、光通信システムの継続的な開発、応用、普及に伴い、DWDM SFP+モジュールの短所が徐々に明らかになりました。以下はDWDMシステムで調整可能なモジュールが必要な理由です。

SFP+チューナブルモジュールを例に取ります。不必要な故障を避けるために、DWDM波長ごとにバックアップSFP+モジュールを準備することが不可欠です。従来のDWDMシステムでは、少数の余分なSFP+モジュールで十分です。しかし、技術の進歩に伴い、DWDM 50GHzの波長数は現在数百に達しています。つまり、最大数百台のバックアップDWDM SFP+モジュールを提供する必要があり、これにより運用コストが大幅に増加します。調整可能なSFP+モジュールは、機器メーカおよびオペレータに優れた柔軟性を提供し、ネットワーク全体のパフォーマンスを最適化し、既存のDWDM SFP+モジュールインベントリのオペレータの需要を大幅に削減します。

一方、DWDMシステムでは、光ネットワークでの動的波長割り当てをサポートし、ネットワークの柔軟性を向上させるために、波長の異なる多数のSFP+モジュールを使用する必要があります。しかし、各モジュールの使用率は非常に低く、その結果、リソースが浪費されます。調整可能なDWDM SFP+モジュールの到着は、この問題を効果的に解決しました。調整可能なSFP+モジュールでは、異なるDWDM波長を設定して同じ光源で出力することができ、これらの波長値と時間間隔はすべてITU-T(50GHz DWDM ITU-TフルCバンド)の要件を満たします。

結論

10G波長可変DWDM SFP+およびXFPモジュールは、光ファイバ通信波分割多重システム、光アドドロップマルチプレクサおよび光クロスコネクト、光スイッチング装置、光源部品などのアプリケーションにおいて、実用的な価値があります。


1.7k

おすすめのコンテンツ