キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202111/25/post74-31-poe-switch-in-ip-camera-systems-cover-4-whp5mhgh0m.jpg

PoEスイッチ:PoE非対応スイッチ・デバイスとの併用について

2021年11月25日 に投稿された

 パワー・オーバー・イーサネット(PoE)はネットワークケーブルを使用して、データを転送する同時に機器に電源を供給する技術です。PoEスイッチはPoE機能が統合されたネットワークスイッチです。PoEスイッチとの接続により、VoIP電話、ネットワークカメラ、無線アクセスポイントなどのデバイスは電源が完備していない場所で動作できるようになります。しかし、初心者であろうと、ベテランであろうと、PoEスイッチに関する問題がまだいっぱいあります。この文章では、質問をめぐって詳しく説明します。


質問1 PoEスイッチは非PoEスイッチと接続できますか。

 両者はどちらもネットワークスイッチです。コストから見れば、非PoEスイッチはPoEスイッチより確かに値段が手頃ですが、デバイスに電力を供給する機能を備えません。その一方で、PoEスイッチはネットワーク全体で単一で独立した部分ではありません。 アップリンクポートとダウンリンクポートを持っているため、上端の集約スイッチ(製品詳細)と下端のアクセススイッチにアクセスできます。したがって、通常のスイッチと相互接続できます。もちろんほかの非PoEスイッチと接続できるかどうかという問題はありません。

質問2 PoEスイッチは非PoEスイッチ通じてデバイスに給電できますか。

 先ほど言った通り、PoEスイッチは接続デバイスにデータを転送すると同時に機器に電源を供給できます。それに、PoEスイッチは非PoEスイッチと接続できます。じゃ、PoEスイッチと非PoEスイッチの両方を持っている人にとって、PoEスイッチは非PoEスイッチを介してデバイスに給電できますか。答えはできません・だめです・ノーです。

 なぜなら、電力はPoEスイッチと直接接続するデバイスに供給しているため、追加のスイッチを通過していませんからです。これにより、デバイスと直接に接続するスイッチはPoEスイッチでしかありません。すなわち、PoEスイッチで給電を実現する場合は、PoEスイッチとクライアント側のデバイスと間に非PoEスイッチが不要です。

 非PoEスイッチでほかのPoE対応デバイスに給電する場合は下の画像の右の部分が示したように、PoEインジェクタ(関連記事)を使うのが最適です。


質問3 PoEスイッチは非PoE対応デバイスと接続できますか。

 PoEスイッチは素晴らしいと思わないでしょうか。しかし、PoEスイッチを使って、ほかの非PoE対応デバイスと接続するとどうなりますか。接続デバイスは焼損するかどうかまったく知りません。

PoE標準規格に準拠したPoEスイッチ(アクティブPoEスイッチとも呼ばれる)は給電する前に検知と識別機能を備えます。デバイスと接続すると、PoEスイッチはネットワークに信号を送信して、ネットワーク内のIP端末にPoEをサポートする受電装置があるかどうかを検出します。PoE対応しているデバイスなら、PoEスイッチは電力を供給します。PoE対応していないデバイスなら、PoEスイッチは給電せずに、データだけを送信します。したがって、デバイスが焼損する心配はありません。

 しかし、すべてのPoEスイッチはPoE標準規格に準拠したPoEスイッチであるとは限りません。パッシブPoEスイッチはIEEE規格に準拠していないため、注意しなければなりません。つまり、パッシブPoEスイッチはネットワーク内のIP端末のデバイスを検出せずに特定の電圧でイーサネットケーブルを介して電流を供給します。そのため、パッシブPoEスイッチを使用すると、PoE対応していないデバイスが焼損する可能性があります。

 したがって、PoEスイッチは非PoE対応デバイスを接続する前に、PoEスイッチのタイプを確認して、それがアクティブかパッシブかを判断する必要があります。IEEE標準802.3af(最大15.4W )、802.3at(最大30W)、および802.3bt(60Wまたは100W)のサポートを示すPoEスイッチはすべてアクティブです。 一般的に、最近のほとんどのスイッチはアクティブをサポートしていますが、使用する前に、ぜひ仕様を確認してください。

質問4 PoEスイッチはPoE対応デバイスと対応していないデバイスと同時に接続できますか。

 VoIP電話、ネットワークカメラ(製品詳細)無線アクセスポイント(製品詳細)などのPoE対応デバイスであるか、NAS、PC、スマートテレビなどの対応していないデバイスであるか、PoEスイッチ(アクティブPoEスイッチ)は端末デバイスに電力が必要かを自動的に識別して、データや電力を供給します。したがって、PoE機能に対応するかどうかPoEスイッチの動作に干渉しません。PoEスイッチはPoE対応デバイスと対応していないデバイスを同時に接続して動作することはまったく問題はありません。さらに、多くのPoEスイッチは、信号が必要でないポートに対して自動的に送信しないため、電力効率が向上させます。

終わり

 要するに、PoEスイッチは非PoEスイッチと完全に異なるわけではなく、非PoEスイッチまたは非PoEデバイスのいずれかに接続できます。 PoEスイッチを使ってネットワークシステムを構造する前に、IEEE802.3af、IEEE 802.3at、またはIEEE802.3btに準拠していることを確認する必要があります。

65

おすすめのコンテンツ