日本語

コロナ禍の中で深刻な「半導体不足」をいかに解決

Updated on 7月 6, 2022
2.5k

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

コロナパンデミックの影響を受けて、多くのサプライヤー企業は生産作業に追われ、納期遅れの窮地に陥れられた。供給制約により、半導体不足は間接的に企業かつ国の経済回復に暗い影を落とした。 半導体を制する者は技術の革新を制すると、よく言われる。確かに、ハードウェアの側面から見れば、電子製品の生産に半導体が欠かせないし、半導体の実装なしでは商品が成り立たない。

 

半導体チップ不足の原因とは

コロナの感染拡大に連れて、作業時間・人員が大幅に削減し、製造工場は資源不足・効率低減に追い込まている。一時的な閉鎖だと判断したサプライヤーチェーンは生産の減速を図ったのだが、回復時の需要急増に不意打ちされて、生産が需要供給に追いつかなくなってしまった。さらに、長く続く半導体不足は市場の供給制約を悪化させ、企業の生産プランを狂わせた。 そんな中、ネットワーク機器関連事業に携わっている我々FS.COMはいかに困難を打開するのか。

ネットワーク機器、パソコン、自動車、スマホなど、半導体チップは様々な分野に広く浸透している。そもそも、なぜ去年に入ってから半導体不足はますます顕在化し、現在の厳しい需給関係を招いたのかについて説明しよう。

予測外れの需要急拡大

コロナの感染拡大による深刻な打撃を想定した半導体産業は受注・生産をキャンセルした。しかし、2020年9月以降、行動制限の緩和と共に、アウトドアに向く商品のリベンジ消費が続く。特に自動車市場の需要が急拡大し、自動車の制御動作(MCU:マイクコントローラー)に必要な半導体を作るのに数多くの半導体が使用される。 アウトドアだけでなく、自粛の強化に伴うインドアに向く商品の需要も著しく増加している。例えば、家庭ゲーム機(PS5/Nintendo Switch)、テレビ、5Gスマホ、タブレットなど。

大量な生産注文を同時に受けたサプライチェーンは予測外れを始めて意識し、大量の半導体チップを調達しようとしたのだが。買い占めが始まったら止められない。半導体の生産はとうとう需要に追いつかなくなる。さらに工場の人員減・物流停滞という供給体制の逼迫を加えて、半導体不足の深刻化が進んでいくわけである。


供給体制の逼迫に追われ、増産投資の不足

供給力を強化するために、半導体のサプライヤチェーンを全体的に拡張しなければならない。しかし、工場の立地、交渉、建設、生産機器の導入、生産機器の製造、本格の生産まで費やした時間は年単位で計算される。そんな長時間プロジェクトでは当然、現時点の注文殺到・受給関係の逼迫を解決できないでしょう。 それが故に、工場の生産レベルを向上させるには何十年もかかることが予想される。さらに、中米貿易摩擦(物流の停滞・値段の高騰を招く)解決の見込みがないため、供給体制の逼迫は長く続くだろう。

難関に向き合う決心と打開策

短期的に、半導体チップの生産は需要に追いつかない以上、調達、製造、発注をバランスよく取る必要がある。何ヶ月を超えた製造周期を待つより、様々なサプライヤとの交渉を重ねて製造プロセスの時間を縮め、生産効率を向上させる。代替サプライヤーとの交渉だけでなく、知的財産に関わる法的問題を回避しなければならない。半導体チップのデザイン変更やライセンスに必要な書類を用意し、万一に備えよう。 長期的な半導体不足を見込み、前もって必要以上の数を発注することが必須となる。資源の調達に当たって、政府指導者との交流を深め、世界的動向を把握する必要もある。

 

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト:在庫充実・即日発送

ネットワーク構築に必要な機器・アクセサリーが多数在庫・無料相談可能。スイッチングハブ、光トランシーバー、光ファイバー、LANケーブル、防犯カメラなど、ネットワークならFS.COM。

あなたにおすすめの記事