https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

Cisco 10G Sクラスモジュールと非Sクラスモジュール:選択方法について

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-19-6.jpg

Moris

翻訳者 ともや
2020年3月3日 に投稿された
2020-08-08 00:11:56
154

SFP-10G-SRを含むさまざまなCisco 10G SFP+モジュールは、過去数年にわたって幅広い評価と人気を得ており、多様なネットワーク環境での10Gイーサネットの導入に多大な貢献をしています。一方、シスコはSFP-10G-SR-Sなどの新しい10G Sクラスモジュールを2014年12月に発売し、企業やデータセンターにより多くのオプションを提供しました。ただし、シスコの公式データシートでは明らかな違いが見られないため、このシリーズのSクラスの光学系に混乱する人もいます。ここでは、Cisco 10G Sクラスモジュールと非Sクラスモジュールの比較を示し、より良い選択を行うのに役立ちます。

Cisco 10G Sクラスモジュールと非Sクラスモジュールの概要

シスコは、SFP-10G-SR-S、SFP-10G-LR-S、SFP-10G-ER-S、SFP-10G-ZR-Sなど、4種類の10G Sクラスモジュールを導入しました。これらはすべて「S」で名前が付けられています。一部の「不要な機能」を放棄したこれらの光学系は、特に温度に関する特別な要件のない企業、データセンター、およびその他の環境向けに設計されています。非Sクラスの光学系には、SFP-10G-SR、SFP-10G-LR、SFP-10G-ER、SFP-10G-ZRなど、同じ仕様を共有するより多くのタイプがありますが、Cisco Sクラスモジュールは、非Sクラスモジュールとの違いはないようです。Cisco Sクラスモジュールの詳細な仕様は下の表に示します。

モジュール 波長(nm) ファイバモード インターフェース 距離 気温(℃) 消費電力(W)
SFP-10G-SR-S 850 MMF LC Duplex 300m 0℃-70℃ 1
SFP-10G-LR-S 1310 SMF LC Duplex 10km 0℃-70℃ 1
SFP-10G-ER-S 1550 SMF LC Duplex 40km 0℃-70℃ 1.5
SFP-10G-ZR-S 1550 SMF LC Duplex 80km 0℃-70℃ 1.5

表1:Cisco 10G Sクラスモジュールの仕様

Cisco 10G Sクラスモジュールと非Sクラスモジュール:選択方法

Cisco Sクラスモジュールと非Sクラスモジュールは、同じ外観、サイズ、インターフェイス、波長、電力消費などを共有します。しかし、いわゆる「不要な機能」は、試してみたい人を困惑させる可能性があります。これらのCisco 10G SFP+モジュールの違いは、考慮事項として示されています。

プロトコル

SFP-10G-SR-SなどのCisco 10G Sクラスモジュールは、イーサネットプロトコルのみをサポートします。FCoE(ファイバチャネルオーバーイーサネット)はサポートしません。FCoEは、ファイバチャネル通信をイーサネット経由で直接実行できるようにするストレージプロトコルです。SFP-10G-SRなどのCisco 10G非Sクラスモジュールは、イーサネット、OTN(オープントランスポートネットワーク)、WAN-PHY(広域ネットワーク物理層)などの3つのプロトコルをサポートします。さらに、Sクラス10GモジュールはTAA(貿易協定法)認定を受けていませんが、非SクラスモジュールはTAAに準拠しています。

温度

Cisco 10G SクラスモジュールはCOM(商用温度範囲:0-70℃/32-158°F)でのみ実行できるため、この範囲を超えるアプリケーションを制限します。ただし、非Sクラスモジュールは、EXT(拡張温度範囲:-5-85℃/23-185°F)、IND(工業用温度範囲:-40-85℃/-40-185°F)およびCOM内で使用できます。たとえば、SFP-10G-BXU-Iまた、SFP-10G-BXD-Iはどちらも-40〜85℃で動作し、屋外での展開や、産業、鉱山などの過酷な環境に適しています。

10G SFP+ Module.png図1:10G SFP+モジュール

伝送距離

シスコによると、10G Sクラスモジュールは、非Sクラスモジュールと比較して、ラック内やデータセンター内の隣接するラック間の接続など、より短い伝送距離のアプリケーションに適しています。このため、特別な長距離、Sクラスモジュールはちょうど良いはずです。

応用

Cisco 10G Sクラスモジュールは、エンタープライズおよびデータセンターの10Gおよび40Gアプリケーション向けに特別に設計されています。これらのモジュールは、これらの環境で必要とされる最も一般的な範囲でのみ利用できます。非Sクラスモジュールは、 産業用環境 (RGD)のような温度制御されていない環境ケースに適しています。堅牢/工業(RGD)などの環境さらに、このタイプの光学系は、家庭、企業、およびデータセンターで一般的なソリューションでもあり、Sクラスの光学系よりも幅広い用途を示しています。

価格

いくつかの不要な機能が放棄されているため、10G Sクラスモジュールは非Sクラスモジュールよりも安価です。実際、低価格が主なセールスポイントであり、シスコの光学機器に慣れている多くのユーザーを魅了しています。10G Sクラスモジュールは、企業やデータセンターで非Sクラスモジュールの手頃な代替品になり得ます。

Cisco 10G Sクラスモジュールと非Sクラスモジュールの互換性について

Cisco Sクラスオプティクスを追加すると選択肢が増えますが、「Cisco 10G Sクラスモジュールは非Sクラスモジュールと互換性がありますか?」と思う人もいるかもしれません。ここでは、例としてSFP-10G-LR-SとX2-10GB-LRを使用しています。


Cisco 10G SFP+ 波長(nm) ケーブルタイプ コアサイズ(ミクロン) モーダル帯域幅(MHz/km) ケーブル距離
SFP-10G-LR-S 1310 SMF G.652 - 10km
X2-10GB-LR 1310 SMF G.652 - 10km

表2:SFP-10G-LR-SおよびX2-10GB-LR仕様


上記の表から、これら2つのタイプのモジュールは同じデータレート、波長、伝送距離を共有し、相互接続の基礎を築いていることがわかります。さらに、シスコのデータシートには、優れた互換性をさらに証明できる重要な機能がいくつか示されています。


Cisco 10G SFP+ 機能
SFP-10G-LR-S

● シスコのプラットフォームがシスコのテクノロジーでサポートされている光学部品を識別できるようにするシスコの品質識別(ID)機能をサポートします。

● 同じリンク上の10GBASE XENPAK、10GBASE X2、および10GBASE XFPインターフェイスとの光相互運用性

X2-10GB-LR

● シスコのスイッチまたはルータは、モジュールがシスコによって認定およびテストされているかどうかを識別できるようにするシスコ品質識別(ID)機能をサポートします。

● 同じリンク上のそれぞれの10GBASE Xenpak、10GBASE XFP、および10GBASE SFP+モジュールとの光相互運用性

表3:SFP-10G-LR-SおよびX2-10GB-LRの機能

以上のことから、Cisco 10G Sクラスモジュールは非Sクラスモジュールとの互換性が高いことが確認されています。

結論

Cisco 10G Sクラスモジュールは、Sクラス以外のモジュールと同じ仕様を共有していますが、わずかな違いがあります。Sクラスの光学系は、イーサネットプロトコル、低い温度許容度、短い伝送距離のみをサポートします。ただし、最も魅力的な要素は、簡単に言えば、Cisco 10G Sクラスモジュールは低コストのソリューションとして機能しますが、現在、サードパーティの10Gモジュールは、成熟度の高い10Gモジュールテクノロジーにより、コスト効率の高い選択肢となっています。サードパーティのシスコ互換10G非Sクラスモジュールは、はるかに安価ですが、同じ高性能を提供するため、アプリケーションに理想的です。

忠実なシスコユーザーである場合、これらの10G Sクラスモジュールは、エンタープライズおよびデータセンターアプリケーションで必要とされる最も一般的な範囲での理想的な選択肢です。