キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201912/13/20-fs-transceiver-compatibility-8.jpg

FS光モジュールの互換性保証

Migelle

翻訳者 ともや
2019年12月13日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

サードパーティのモジュールを購入するとき、人々は常にモジュールの互換性を最も懸念します。FSは、光通信製品の専門ベンダーとして、すべてのFS光モジュールの互換性とパフォーマンスを保証するための厳格なテスト手順と標準を設定しています。FSブランド互換モジュール、FS標準モジュール、およびFSボックスは、さまざまな互換性要件を満たすように設計されています。

モジュールの互換性が重要な理由は?

CiscoやHPなどの一部の業界メーカーはデバイスを暗号化しているため、デバイスにはモジュールに対する互換性の高い要件があります。つまり、CiscoモジュールをHPデバイスで使用することはできず、その逆も同様です。そして、これらの純正品は、多くの場合、サードパーティのモジュールよりも高価です。サードパーティのモジュールは現在、データセンター、企業ネットワーク、またはキャンパスネットワークなどで広く採用されています。オリジナルブランドのデバイスと互換性があり、オリジナルの光モジュールと同等のパフォーマンスを提供できるためです。オリジナルブランドのデバイスには高い互換性要件があるため、サードパーティのモジュールとデバイスの互換性を確保することは、サードパーティのモジュールベンダーとユーザーの両方にとって非常に重要です。

FS光モジュール互換性ソリューション

FSはブランド互換のモジュールと標準のモジュールを使用して互換性の問題を解決し、さまざまな顧客の要求に対応します。

ブランドと互換性があるモジュール

FS光モジュールは、Cisco、Juniper、IBM、Aristaなどの200の主流ベンダーと互換性があります。FSでは、OEM仕様の診断、機能テスト、相互運用性チェックを含む一連のテスト手順を設定して、モジュールの互換性を確認しています。また、互換性保証センターを設立して、実際の状況で互換性のあるモジュールをテストします。(FS互換性テストの詳細を参照)

Compatibility test.jpg

FS標準モジュール

FS標準互換モジュールは、厳密な互換性要件を持たないデバイスで正常に実行できます。たとえば、F5のネットワークスイッチは標準モジュールをサポートしています。これらのブランドはベンダーロックインポリシーを実装せず、デバイスを暗号化しません。

FSボックスはワンサイズフィットオールモジュールソリューションを提供する

FSボックスは、リアルタイムの互換性ニーズを解決し、データセンターのトランシーバーファームウェアをアップグレードするように設計されています。この製品は、SFP/SFP+、XFP、および QSFP+/QSFP28モジュール用の3つのインターフェイスとDAC/AOCケーブルを提供します。ユーザーはCisco、Juniper、Aristaなどの200以上のブランドのモジュール構成やその他のカスタマイズされた再プログラミングサービスにアクセスできます。コーディングは、Webベースのインターフェイスを備えたインスタントオンラインプラットフォーム fsbox.com で実行できます。FSボックスを使用すると、顧客はバッチコーディング、コーディングの診断などの機能を利用できます。

よくある質問

サードパーティのモジュールと元のモジュールに違いはありますか?

OEMとサードパーティのモジュールの間に大きな違いはありません。すべての 光モジュール はMSA(マルチソース契約)に基づいて作成されているためです。唯一の違いは、EEPROMのベンダーIDがベンダーが所有するシステムにリセットされることです。つまり、接続されたモジュールには、OEMベンダーのデバイスで動作する対応するEEPROMコードが必要です。FSは元のベンダーと同じソフトウェアコードを使用して、FS光モジュールが元のブランドのデバイスと互換性があることを確認します。

モジュールの互換性問題のトラブルシューティング

互換性問題がある場合、次のことを確認できます。


  • モジュールが正しいデバイスポートにあるかどうかを確認してください。SFPや SFP+モジュールなど、一部のモジュールは同じサイズです。SFPモジュールは、SFP+ポートにシームレスに収まり、その逆も可能です。ただし、接続の伝送速度が低下したり、機能しなかったりする場合があります。1つのSFPモジュールをSFP+ポートに接続すると、伝送速度は1Gbpsにロックされます。一部の10Gスイッチポートは1Gbpsを自動的に処理できないため、この接続では正常に動作できません。1Gbpsを提供するには手動セットアップが必要です。

  • モジュールの波長が両端で一致していることを確認してください。データまたは信号は通常、一方の端からもう一方の端に配信されます。たとえば、850nmの波長を持つ1つの40Gモジュールは、電気信号を光に変換します。QSFP+モジュール内のレーザーは、ファイバーケーブルを介して反対側に光を送信します。もう一方の端にある別の40G光モジュールがこれを処理できることを保証するには、850nmのものでなければなりません。1台の850nmモジュールを1台の1310nmモジュールと併用することはできません。両端の光モジュールの動作モードも一致する必要があることに注意してください。全二重モジュールは、別の全二重モジュールとペアにする必要があります。全二重モジュールが半二重モジュールで動作する場合、伝送は利用できません。

  • 正しいファイバーケーブルを使用してください。各端のモジュールは、各端で同じファイバケーブルタイプを使用する必要があります。たとえば、長距離リンク(約5km)の両側に2つのCisco互換40G QSFP+ LR4モジュールがある場合、シングルモードファイバがほとんど使用されます。マルチモードファイバは通常、QSFP+ SR4などの短距離モジュールとともに展開され、短距離リンク(約100m〜500m)を完成します。したがって、各端の光モジュールが正しいファイバータイプを使用していることを確認してください。

FSスイッチのモジュール互換性マトリックスにアクセスする方法

まず、ネットワークスイッチの製品ページにアクセスします。次の図は、S3900-48T4SギガビットスイッチのFS光モジュール互換性マトリックスへのアクセスを示しています。 [ダウンロード]セクションをクリックします。 S3900シリーズスイッチモジュールガイドのファイルはこちらです。

S3900 Switch Transcevier Module Guide.jpg

956

おすすめのコンテンツ