キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201912/26/10-blog-cover-7.jpg

企業向けスイッチの選び方のポイントは?わかりやすく解説

Jason

翻訳者 ともや
2020年11月3日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

 企業向けスイッチはネットワークの構築に欠かせない存在として、隣接している部屋や異なる場所に設置されたインターネット端末(スマホ、パソコン、ネットワーク関連機器など)を統括管理し、ネットワーク内のデータ通信、無線&有線接続を行う機能を持っています。それが故に、企業の規模、従業員の数、経営業態に関わらず、スイッチの選び方のポイントを理解した上で、スイッチを購入することをおすすめします。

社内ネットワークの構成図を描く

 最も重要なのは現状把握です。現在の課題、ネットワークの規模、利用頻度と使い方、業種ないしネットワーク拡張のための準備などといった状況を把握した上で、それに適したスイッチを選ぶ必要があります。2階層のLANの構成は拡張性が低くて、200人未満の社内ユーザーを持つ中小・中堅企業に向きます。3階層のLANの構成は敷地内に複数の建物を構えている大規模な拠点や大手企業に向きます。2階層のアクセス層とディストリビューション層に加えて、コア層を追加しました。各階層の状況に応じてスイッチを選ぶことが可能なため、大規模なネットワークソリューションとしては最適だと考えられます。ちなみに、コア層スイッチディストリビューション層スイッチアクセス層スイッチの選び方については文中のURLをクリックしてご覧下さい。

Three-tier enterprise network model.jpg

Figure 1: Three-layer hierarchical network model

企業向けスイッチの評価基準

 社内ネットワークの構成を理解したあと、企業向けスイッチについて詳しく調べることは快適なネットワークの構築に繋がります。これから、企業向けスイッチの選び方のポイントを詳しく説明します。

通信速度と有線接続ポート

 企業向けスイッチは通常1GE(ギガビットイーサネットポート、下記GEと呼ぶ)、10GE、40GE、100GEポートを持ちます。RJ45ポートとSFP/SFP+スロットで光ファイバと銅線接続の両方に対応し、接続するケーブルから受けた影響を最大限に抑えます。すでにCat6あるいはCat6ケーブルを使用した場合、RJ45ポートを備えたスイッチをおすすめします。確かにCat6ケーブルのコストが低いですが、通信距離は比較的に長くないことを改めて説明します。光ファイバの場合はSFP/SFP+/QSFP+対応のスイッチを選んでください。

使用環境

 スイッチの設置環境を事前に考えることも機器を選ぶ大事な一環です。スイッチのサイズ、温度、湿度などの要素は実際の動作や性能に影響を及ぼします。企業向けスイッチの設置環境条件を承知した上で、対策を練ることは快適なネットワーク環境の構築に強く関係します。

他の注意点

 上記の考慮すべき点以外、企業の現状と未来への構想を踏まえたうえで、必要な機能や条件を付け加え、ネットワークソリューションを提案してもらうことは今後の成長に繋がりかねません。例えば、PoE機能で設備への給電を行ったり、スタック構成などの活用によって、社内ネットワークの拡張性は著しく高くなります。

企業向けスイッチのサプライヤーを選定するポイント

 ネットワークの構築は思ったより困難です。原因は自社の条件を満たし、最適なスイッチを提供するサプライヤーを選ぶことにあります。豊富なラインナップを持ち、多機能対応のスイッチを提供するサプライヤーを選んだほうが効率的です。弊社(FS)は企業向けスイッチを購入したお客様に5年保証サービスを提供し、サービスセンターも24時間対応です。互換性や可操作性を遠慮せずにスイッチを選定し、ハードウェア・ソフトウェアサービスも簡単にご利用いただけます。 ネットワーク構築にご不明な点がございましたら、お気軽にサービスセンターやライブチャットにご連絡ください。弊社(FS)の専門家チームはお客様のご要望に応じて、最適のネットワークソリューションを提案します。


Related Articles:

Enterprise Switches: Everything You Should Know

491

おすすめのコンテンツ