キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/cwdm-dwdm-sfp%2b-.jpg

CWDM SFP+とDWDM SFP+:どちらを購入しますか?

Worton

翻訳者 ともや
2018年10月15日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

CWDM SFP+とDWDM SFP+:どちらを購入しますか?

テクノロジーWDMの出現により、CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールのような光トランシーバに異なる波長を割り当てることができ、ネットワーク容量を拡大して最適化することができます。CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールは10Gイーサネットで使用され、すべて最大11.25Gの速度に達することができます。しかし、それらは、波長、距離、および適用のような側面において異なります。この記事は、10G CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールの選択に関するバイヤーのガイドを目指しています。

CWDM SFPモジョール

CWDM SFP+とは何ですか?

10G CWDM SFP+モジュールは、CWDM波長の公称波長で動作することがよくあります。 具体的には、CWDM SFP+モジュールは1270nm―1610nmの18波長をサポートし、伝送距離は20km―80kmです。これはCWDMシステムの重要な部分です。

DWDM SFP+とは何ですか?

10G DWDM SFP+モジュールは、CH17-CH61の公称DWDM波長で動作し、最大80kmの伝送距離をサポートします。高速データ、ストレージ、音声およびビデオアプリケーションの多重化、転送、保護にスケーラブルで柔軟性があり、コスト効率の高いシステムを必要とする通信事業者や大企業向けに特別に設計されています。

CWDM SFP+とDWDM SFP+モジュール

CWDM SFP+は通常最大18チャネルをサポートしますが、DWDM SFP+は1本のファイバで40以上のチャネルをサポートできます。顧客はDWDM SFP+からより多くの容量と長いリンク距離を得ることができますが、そのコストはCWDM SFP+よりも高価であるため、より多くの料金を支払う必要があります。長い伝送距離を必要としないお客様のために、CWDM SFP +が第1の選択肢となります。しかし、長期的に見ると、DWDM SFP+は、高密度ネットワークの将来の傾向をより良く提供します。

通常のSFP+モジュールと比較すると、CWDMとDWDM SFP+は、異なる作業モードによるコストのために高価です。これまで述べてきたように、CWDM SFP+はDWDM SFP+よりも安価な傾向があります。一般に、サポートされている伝送距離が長いほど、CWDMまたはDWDMトランシーバの方が高価になります。また、サードパーティのCWDMおよびDWDM SFPファクトリのトランシーバは、元のメーカよりもはるかに安価です。したがって、互換性のあるモジュールを購入すると、大金を節約するのに役立ちます。次の表に、FS.COMの互換性のあるCWDMおよびDWDM SFP+モジュールの情報を示します。

タイプ
CWDM SFP+
DWDM SFP+
波長 (nm)
1270, 1290, 1310, 1330, 1350, 1370, 1390, 1410, 1430, 1450, 1470, 1490, 1510, 1530, 1550, 1570, 1590,  1610
C17~C61
動作距離 (km)
10, 20, 40, 80
80
インタフェース
LCデュプレックス、SMF
LCデュプレックス、SMF
DOMサポート
あり
あり
作業温度
0~70℃
0~70℃
光学部品
DFB CWDM
EML DWDM
プロトコル
MSA準拠
MSA準拠
互換性のあるブランド
Cisco、Juniper、Brocade、HPE、H3C、Dell、Ciena など.
Cisco、Juniper、Brocade、HPE、H3C、Dell、Ciena など.
価格
$100~$840
$350~$740

CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールの購入者ガイド

1. オリジナルのCisco CWDM SFP+でシスコスイッチを使用する必要がありますか?

いいえ。サードパーティのトランシーバサプライヤから提供される互換性のあるトランシーバが多数あり、Cisco CWDM SFP+またはCisco DWDM SFP+に取って代わることができます。信頼性の高いサードパーティのサプライヤからトランシーバを入手できる場合は、シスコブランドのトランシーバと同様に信頼性がありますが、価格のほんの一部です。

2. 850nmのような従来の波長をDWDMまたはCWDM波長に変換することは可能ですか?

はい。波長をCWDMまたはDWDM波長に変換する必要がある場合は、OEOコンバータを使用してこれを実現できます。OEO変換器は、O-E-O変換技術に基づいて波長変換を実現します。

3.CWDMおよびDWDM SFP+モジュールに適したファイバケーブルの選択方法

光ファイバケーブルは、シングルモード光ファイバケーブルとマルチモード光ファイバケーブルの2種類に分類できます。前者は通常長距離伝送に使用され、後者は短距離伝送に使用されます。最大80kmのリンクをサポートできるCWDMおよびDWDM SFP+モジュールの場合、LCコネクタで終端されたシングルモードファイバケーブルを選択します。

4. 伝送品質のCWDM波長とDWDM波長の違いはありますか?どの波長が良いですか?

はい。 異なる波長は、異なる伝送品質をもたらすことができます。一般に、1470nmと1550nmが最も広く使用されている波長であり、1550nmの減衰がより小さく、長距離用途ではより良好な伝送品質を保証するので、1550nmがより一般的です。

FS CWDMおよびDWDM SFP+モジュールの購入

FS.COMは、光学製品のリーディングサプライヤとして、CWDMまたはDWDMネットワークの構築に必要なすべての機器を提供できます。これらすべての製品は保証および返品ポリシーで保証されています。FS.COMは、SFPベンダ名、インターフェイスタイプ、距離、波長、DDM/DOM、温度、ラベル、ラベルデザイン、出荷パッケージなどのカスタマイズされたサービスを提供します。カスタムサービスが必要な場合や、必要なタイプが不明な場合は、FS.COMにお問い合わせください。

CWDM SFPモジョール


1.0k

おすすめのコンテンツ