キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202001/06/17-dip-cover-4.jpg

アンマネージドメディアコンバーターのDIPスイッチ機能の解読

Migelle

翻訳者 ともや
2020年1月6日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

ファイバメディアコンバーターの管理方法はなんですか。マネージドファイバメディアコンバーターは、キャリアグレードのネットワーク管理をサポートします。また、「プラグアンドプレイ」機能を備えたアンマネージドコンバーターは、マネージコンバーターと同様の簡単な機能を実行できますが、DIPスイッチを使用できます。

アンマネージドメディアコンバーターのDIPスイッチとは

DIPスイッチは、デュアルインラインパッケージスイッチの略です。これは、さまざまなハードウェアまたはデバイスのオプションを選択および変更するのに役立つ、シンプルで費用対効果の高いコンポーネントです。ユーザーは、特定の機能を有効または無効にするために、各スイッチのオンとオフの位置を切り替えるだけです。

DIP switch on media converter.jpg

図1.メディアコンバーターのDIPスイッチ

アンマネージドメディアコンバーターに適用する場合、通常はケースの下部に配置されます。異なるアンマネージドメディアコンバーターのDIPスイッチは、コンバーターが持つ正確な機能を制御できる小さなトグルスイッチの数が異なる場合があります。トグルスイッチが多いほど、メディアコンバーターが実現できる機能が増えます。一般的なアンマネージドメディアコンバーターのディップスイッチ設定には、リンク障害パススルー、ポート分離、ジャンボフレーム、転送モードの選択が含まれます。

一般的なDIPスイッチ機能

このパートでは、典型的なDIPスイッチセットの正確な機能が通常必要とするものをさらに詳しく見ていきます。

リンク障害パススルー

リンク障害パススルー(LFP)は、メディアコンバーターに接続されたリンクの常時監視を提供できます。デバイスがメディアコンバーターに接続され、銅線またはファイバ線がリンクをドロップすると、メディアコンバーターは反対側のインターフェイスの伝送リンクを切断します。DIPスイッチを使用して、管理されていないファイバメディアコンバーターのLFP機能を有効(ON)または無効(OFF)にできます。

ジャンボフレーム

ジャンボフレームは、標準の最大伝送単位(MTU)の1,500バイトを超えるペイロードを運ぶイーサネットフレームです。最大で9,000バイトです。各フレームに大きなペイロードを詰め込むために、メディアコンバーターは処理するフレームを少なくすることができます。したがって、ジャンボフレームを有効にすると、データ伝送がより効率的になり、ネットワークパフォーマンスが向上します。スイッチを引くだけで、特定のサイズ(9kバイトなど、ベンダーによって異なる場合があります)の下でジャンボフレームを通過させることができます。

ポート分離

一般に、 メディアコンバーター のTP1とTP2は同じ情報を受信できます。ポートの分離を有効にすることにより、データ伝送に関してTP1とTP2を分離でき、ネットワークセキュリティが向上します。DIPスイッチを使用して、2つの銅線ポート間のポート分離を有効(オン)または無効(オフ)にできます。

FX 100M

この機能は、端末デバイスが100Mのみをサポートしている場合に、光ファイバポートを100Mの速度で強制的に実行することです。

転送モードの選択

一般的に見られるモードは、ストアアンドフォワード、修正カットスルー、スマートパススルー、およびパススルーです。ここでは、主に頻繁に使用されるストアアンドフォワード、および修正カットスルーモードを紹介します。

ストアアンドフォワード

ストアアンドフォワードモードでは、宛先アドレス、送信元アドレス、およびCRCを検査するために、フレーム全体がメモリに保存されます。エラーが存在しない場合、フレームは適切なポートに転送されます。このプロセスにより、宛先ネットワークが破損または切り捨てられたフレームの影響を受けないようにしますが、待ち時間が発生する可能性があります。このモードの実現にもそれほど労力はかかりません。ユーザーの指示に従ってDIPスイッチを変更してください。

変更されたカットスルー

変更されたカットスルーモードでは、宛先アドレスが識別されるとすぐにフレームが転送されます。このモードでは、待ち時間を短縮し、バッファスペースを節約できます。ただし、宛先アドレスのみを読み取っても検出できない破損または切り捨てられたフレームを転送すると、ネットワークパフォーマンスが影響を受ける可能性があるという欠点があります。これらの不良フレームは、ネットワーク上の複数のデバイスが破損したフレームに同時に応答するブロードキャストストームを作成する可能性があります。管理されていないメディアコンバーターは、DIPスイッチによってこのモードで実行できます。

実装に関する通知

異なるベンダーのメディアコンバーターには、異なるDIPスイッチ設定があります。1つのキーを使用して機能を制御するものもあれば、2つ以上を使用するものもあります。次の表は、メディアコンバーターのユーザーマヌルから抽出されたものです。LFP機能とFX 100Mは、それぞれキー1とキー4で制御できます。一方、各転送モードは、結合されたキーの制御下にあります。たとえば、キー2をオフの位置に、キー3をオンの位置にすると、変更されたカットスルーが有効になります。

キー番号 機能 ポジション 説明
1 LFP 機能 無効 無効にする
有効 有効にする
2 フォワードモード* H bit 無効/無効 ストアアンドフォワード
無効/有効 変更されたカットスルー
3 L bit 有効/無効 スマートパススルー
有効/有効 パススルー
4 FX 100M 無効 FX 1000M
有効 FX 100M
*結合キー

一部の機能は、特定の条件でのみ有効にできます。たとえば、ペアで動作する2つのメディアコンバーターがLFPをサポートおよびアクティブ化しない限り、LFPは実現できません。

結論

DIPスイッチを備えたアンマネージドメディアコンバーターは、対応するボタンを切り替えることで手動で管理できるため、定義されたさまざまなシナリオまたはアプリケーションでデバイスが実行する正確な機能を完全に制御できます。覚えておくべきことの1つは、各メディアコンバーターのDIPスイッチの操作と機能が異なるため、製造元が指定した仕様を遵守する必要があることです。

関連記事:メディアコンバータのFEFとLFPは何ですか

1.1k

おすすめのコンテンツ