キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/100g-qsfp28-sr4.jpg

100G QSFP28モジュールとSFP28ブレークアウトケーブルのデコード

Worton

翻訳者 ともや
2018年8月14日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

100G QSFP28モジュールとSFP28ブレークアウトケーブルのデコード

今日、100Gのトレンドは強気で不可避です。100Gネットワークを実現するには、CXP、CFP、CFP2、CPAK、CFP4、QSFP28、QSFP28ブレークアウトケーブルなどの100Gトランシーバを使用できます。100Gトラフィックに接続できる光モジュールの中で、QSFP28トランシーバは、最小サイズと最小消費電力の最も好ましいモジュールです。

100G QSFP28インタフェース:MTP/MPOおよびLCインタフェース

100G QSFP28トランシーバには、100GBASE-SR4、100GBASE-PSM4、100GBASE-CWDM4、100GBASE-LR4などのインターフェイスがあり、100GBASE-SR4 QSFP28および100GBASE-PSM4 QSFP28トランシーバでは、MTP / MPOインターフェイスを採用しています。この種のQSFP28モジュールは、4つの独立した全二重送信チャネルと受信チャネルを備えており、チャネルごとに最大28Gbpsのデータ転送速度を実現します。100G QSFP28 MPOインターフェイスを装備したこれらのトランシーバは、12ファイバMTP/MPOパッチケーブルで接続する必要があります。

100GBASE-CWDM4 QSFP28および100GBASE-LR4 QSFP28は、Duplex LCインターフェイスで構成されています。100GBASE-CWDM4 QSFP28モジュールは、送信側のLCコネクタに多重化された4レーンの光信号(レーンあたり25.78125Gbps)を使用して、1つのモジュールに送信および受信パスを統合します。また100GBASE-LR4 QSFP28は、完全な4×25Gbpsトランシーバモジュールであり、光信号の多重化と逆多重化によって動作できます。これらはすべてデュプレックスモジュールであり、Duplex LCコネクタ付きのシングルモードファイバケーブルで動作する必要があります。

CWDM QSFP28モジュール

100G QSFP28トランシーバの最大サポート距離:最大80km

100G QSFP28トランシーバは、近距離伝送と長距離伝送の両方に使用できます。長いリンク長さの場合、100G QSFP28 LR4トランシーバが採用されることがよくあります。最大10kmのシングルモードファイバの100ギガビットイーサネットリンクで使用するように設計されており、QSFP28 MSA、IEEE 802.3ba 100GBASE-LR4およびIEEE 802.3bm CAUI-4に準拠しています。

100Gトランシーバの種類 最大距離 インタフェース ファイバタイプ
QSFP 100G SR4 100m MTP/MPO-12ケーブル 光ファイバマルチモード
QSFP 100G PSM4 500m MTP/MPO-12ケーブル 光ファイバシングルモード
QSFP 100G CWDM4 2km LC Duplex ケーブル 光ファイバシングルモード
QSFP 100G LR4 10km LC Duplex ケーブル 光ファイバシングルモード

上記の100G光トランシーバモジュールの伝送距離は10kmに制限されています。10km以上の超長距離ネットワークを構築する必要がある場合はどうなりますか? 100G QSFP28はそのような長い距離を扱うことができますか?100G QSFP28 ER4の誕生により、これを実現できます!この間、QSFP28 ER4はまだ前向きであり、存在しませんでした。しかし、現在、FS.COMのような一部のベンダーは、すでにそれを提供することができます。最大40kmまでの距離をサポートできます。また、100G QSFP28 ZR4トランシーバーも今年発売されると言われており、最大80kmのリンク長を処理することができます。

100G QSFP28ブレークアウト ケーブル ソリューション

25Gから100Gへのアップグレードが必要なお客様のために、100G QSFP28モジュールは、ネットワークを拡張するための柔軟な方法を提供します。100GBASE-SR4 QSFP28トランシーバは、4つの10GBASE-SR SFP+トランシーバに接続する40GBASE-SR QSFP+トランシーバと同じ方法で、4つの25GBASE-SR SFP28トランシーバに接続できます。この接続を実現するには、12F MPO-LCパッチコードが必要です。
100Gブレークアウトケーブル

このMPO-12をLCに使用すること以外、QSFP28ブレークアウトケーブルは100Gブレークアウトケーブルアプリケーションにも使用できます。このQSFP28ブレークアウトケーブルは、QSFP28端の4つの銅線ペアからのデータ信号を各SFP28端の1つのペアに接続し、データセンターの低コストと低消費電力でより高いポート帯域幅、密度および構成を可能にします。
QSFP28ブレークアウトケーブル

QSFP+vs QSFP28:100G QSFP28を40Gに使用できますか?

彼らの名が示すように、QSFP+とQSFP28は 「28」の点で異なります。QSFP28は100Gデータレート用に設計されたホットプラグ対応トランシーバモジュールです。QSFP28は、4つの送信チャネルと4つの受信チャネルを統合しています。「28」は各レーンが28Gのデータレートを運ぶことを意味します。QSFP +は40G、伝送用の4チャネル、受信用の4チャネルのデータレートをサポートしますが、各レーンは10Gを伝送します。 一般に、100G QSFP28トランシーバは40G QSFPポートでは使用できません。しかし、スイッチがサポートしている場合は、40G QSFP+ポートにQSFP28トランシーバを挿入することもできます。一般に、100G QSFP28トランシーバは40G QSFPポートでは使用できません。しかし、スイッチがサポートしている場合は、40G QSFP+ポートにQSFP28トランシーバを挿入することもできます。このような状況では、QSFP28はQSFP +トランシーバモジュールのように4x10Gに分割され、40Gに使用されます。


6.8k

おすすめのコンテンツ