キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

DHCPとDNS:それらは何であり、それらの違いは何ですか?

John

翻訳者 ともや
2018年8月17日 に投稿された


 DHCP(動的ホスト構成プロトコル)とDNS(ドメインネームシステム)は、ネットワークやインターネットを簡単に使用できるように作成されています。ただし、実際のアプリケーションでは、これらは完全に2つの異なるテクノロジーです。DHCPは、IPアドレスおよび関連するIP情報をネットワーク内のコンピューターに割り当てるのに役立つプロトコルです。多くの ネットワークスイッチはDHCPを適用して、貴重なTCP/IPネットワークサービスを提供します。たとえば、クライアントシステムのソフトウェアを自動的にアップグレードするのに役立ちます。一方、DNSは、FS.COMなどのWebサイト名をIPアドレスに、またはその逆に変換するために使用されます。これは、コンピュータがドメイン名ではなくIPアドレスでしかサイトを見つけられないため、適切なサイトを見つけられるようにするためです。それらを区別する方法についてまだ混乱している可能性があるため、DHCPとDNSの動作とそれらの違いの正確な概要を作成しました。

DHCPはどのように機能しますか?

 DHCPは、IPアドレスとIP情報を一定期間ネットワーククライアントにリースすることで機能します。これを実現するには、次の図に示すように、主にDHCP DISCOVER、DHCP OFFER、DHCP REQUEST、およびDHCP ACKを含む一連のDHCPメッセージを通じて、DHCPクライアントがDHCPサーバーと対話する必要があります。DHCPの詳細については「DCHPによる動的IPアドレスと静的IPアドレス」をご覧ください。


図1:DHCPのしくみ

上記のように、DHCPサーバーが動的IPアドレスを割り当てる手順は次のとおりです。

  • DHCP検出-クライアントコンピュータは、DHCPサーバーを見つけるために、名前とMACアドレスを含むブロードキャストパケットを送信します。

  • DHCPオファー-DHCPサーバーは、利用可能なIPアドレスのオファーで「ディスカバリー」に応答します。

  • DHCPサーバーは、「Discovery」に応答して、使用可能なIPアドレスを提供します。

  • DHCP要求-クライアントコンピュータはDHCP要求で応答し、提供されたIPアドレスをDHCPサーバーに要求します。

  • DHCP Ack-DHCPサーバーはDHCP ACKを送信して、要求されたIPアドレスをすぐに使用できることをクライアントに通知します。


簡単に言えば、これはDHCPクライアント(A)とDHCPサーバー(B)の間の「取り引き」のことです。

  • -A:誰がIPアドレスを与えることができますか?

  • -B:ええと、確認させてください…1つができます!

  • -A:素晴らしい! お願いします!

  • -B:はい、どうぞ。

    DNSはどのように機能しますか?

     以下に示すように、ブラウザーにドメイン名(例:fs.com)を入力すると、ブラウザーはFS.COMの場所がわからないことがよくあります。したがって、LFS(ローカルDNSサーバー)にクエリを送信し、「FS.COMのIPアドレスは何ですか」などの質問をします。LDNSにFS.COMのレコードがない場合、LDNSはインターネットを検索してwww.fs.comの所有者を見つけます。詳細な作業手順は以下のとおりです。


    • まず、LDNSはルートサーバーの1つに行き、それが.com DNSサーバーにそれを送ります。

    • 次に、.com DNSサーバーはwww.fs.comの所有者を見つけ、FS.COMのネームサーバー(NS)レコードでLDNSに通知します。

    • LDNSは、FS.COMのIPアドレスを含むアドレスレコード(Aレコード)を要求することによって応答します。

    • Aレコードを受信した後、LDNSはIPアドレスをブラウザーに送信し、将来の参照のためにIPアドレス情報をキャッシュします。


図2:DNSのしくみ

DHCPとDNS:それらの違いは何ですか?

 上記から、DHCPとDNSはどちらもIPアドレスに関連していますが、それらはまったく異なる役割を果たします。明確にするために、ここではDHCPとDNSの違いを結論付けるためにチャートを使用します:


パラメーター DHCP DNS
基本 ホストにIPアドレスを静的または動的に割り当てるためのプロトコルです。 アドレス解決メカニズムです。
関連プロトコル UDP UDPおよびTCP
サーバー DHCPサーバーは、リース期間中にクライアントコンピューターに一時アドレスを割り当て、要件に応じてリースを延長します。 DNSサーバーは、クライアントを介してクエリを受け入れ、結果で応答する責任があります。
作業方法 一元化 分散型
特徴 1.ホストのIPアドレスやコンピューターのサブネットマスクなどの追加情報を入力します。2.特定のリース期間のホストにIPを割り当てます。 1.シンボリック名をIPアドレスに変換し、その逆も同様です。2. Active Directoryドメインサーバーの検索に使用されます。
メリット 信頼性の高いIPアドレス構成と削減されたネットワーク管理です。

IPアドレスを覚えておく必要がなくなります。代わりに、ドメイン名がWebアドレスに使用されます。

 要約すると、DHCPサーバーはクライアントコンピューターにIPアドレスを割り当て、DNSサーバーはIPアドレスを解決します。これらは、ネットワークやインターネットを便利に使用するために開発された2つの重要な技術です。さらに、DHCPとDNSはどちらも、企業ネットワーク上のすべてのIPデバイスを管理するためのネットワーク管理者のツールキットに不可欠なツールです。

11.3k

おすすめのコンテンツ