https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

DHCP vs静的IP:どちらが良いですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

翻訳者 ともや
2018年7月31日 に投稿された
2020-08-12 18:56:22
1795

現在、ルーターやネットワークスイッチなどのほとんどのネットワークデバイスは、ネットワークを介して通信するための標準としてIPプロトコルを使用しています。IPプロトコルでは、ネットワーク上の各デバイスにIPアドレスと呼ばれる一意の識別子があります。これを実現する最も簡単な方法は、固定IPアドレスまたは静的IPアドレスを構成することでした。静的IPには制限があるため、一部の管理者は代わりに動的IPを使用しようとします。DHCP(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)は、ネットワークに接続されているデバイスに動的IPアドレスを割り当てるためのプロトコルです。DHCPと静的IPの違いは何ですか?

静的IPアドレスとは

静的IPアドレスは、ISPによってネットワークデバイスに永続的に割り当てられるアドレスであり、デバイスが再起動しても変更されません。静的IPアドレスには通常、IPv4とIPv6の2つのバージョンがあります。静的IPアドレスは通常、Webサイトをホストするサーバーに割り当てられ、電子メール、VPN、およびFTPサービスを提供します。静的IPアドレス指定では、ネットワーク上の各デバイスに重複のない独自のアドレスがあり、静的IPアドレスを手動で構成する必要があります。新しいデバイスがネットワークに接続されている場合、「手動」構成オプションを選択し、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、およびDNSサーバーを入力する必要があります。

静的IPアドレスの典型的な使用例はWebサーバーです。コンピュータのウィンドウから、スタート->実行->「cmd」と入力して、[OK]をクリックします。次に、コマンドウィンドウで「ping www.google.com」と入力すると、以下のようにインターフェイスがポップアップします。4バイトの数値74.125.127.147は、www.google.comの現在のIPです。静的IPの場合、Googleにアクセスしたい場合は、Webブラウザーでこの静的IPアドレスを使用していつでもGoogleに接続できます。

static IP address

DHCPとは

静的IPアドレスと対照的なのは動的IPアドレスです。静的IPトピックと動的IPトピックは、多くのIT技術者の間で激しく議論されています。動的IPアドレスは、変化し続けるアドレスです。動的IPアドレスを作成するには、ネットワークにDHCPサーバーが構成され、動作している必要があります。DHCPサーバーは、ネットワークに接続されているすべてのデバイスに空のIPアドレスを割り当てます。DHCPは、物理ネットワーク上のネットワークデバイスにIPアドレスを動的かつ自動的に割り当てる方法です。それはIPアドレスやその他の構成情報をネットワーク経由で配布および更新する自動化された方法を提供します。DHCPがどのように機能するかを知るには、次の記事を参照してください。 DHCPとDNS:それらとは何ですか、それらの違いは何ですか?

DHCP vs静的IP:どちらが良いですか?

ネットワーク上のデバイス間の通信を確立するには、適切なIPアドレス指定が不可欠です。次に、DHCPと静的IPのどちらが優れていますか? この部分では、それについて説明します。

静的IPアドレスにより、ネットワークデバイスは常に同じIPアドレスを保持できます。ネットワーク管理者は、静的に割り当てられた各デバイスを追跡して、そのIPアドレスを再度使用しないようにする必要があります。静的IPアドレスは手動で構成する必要があるため、TCP/IPについてよく知らないと、ネットワークの問題を引き起こす可能性があります。

DHCPは、IPアドレスの割り当て作業を自動化するためのプロトコルです。DHCPは、ネットワーク上の各デバイスに複数のIPアドレスを割り当てるという繰り返しのタスクを排除するため、ネットワーク管理者にとって有利です。1分しかかからないかもしれませんが、何百ものネットワークデバイスを構成するときは本当に面倒くさいです。ワイヤレスアクセスポイントはDHCPも使用するため、管理者は自分でデバイスを構成する必要はありません。ワイヤレスアクセスポイントの場合、一般に、ユーザー定義による動的バインディングをサポートする PoEネットワークスイッチを使用して、接続されている各デバイスにIPアドレスを割り当てます。さらに、DHCPを魅力的なものにするのは、静的IPアドレスよりも安価であり、必要なメンテナンスが少ないことです。次の表から、それぞれの長所と短所を簡単に見つけることができます。

IPアドレス 長所 短所
DHCP DHCPは、ローカルデバイスに接続したり、Webにアクセスしたりするために手動で構成する必要はありません。 DHCPは「ハンドオフ」技術であるため、誰かが不正なDHCPサーバーを埋め込む可能性があり、不正な目的でネットワークに侵入したり、明示的な許可なしにネットワークにランダムにアクセスしたりする可能性があります。
静的IP アドレスは、手動で変更しない限り、時間の経過とともに変化しません。Webサーバーや電子メールサーバーに適しています。 ISPは静的IPアドレスに追加料金を請求することが多いため、動的IPアドレスよりも高価です。また、追加のセキュリティと手動設定が必要になるため、多数のデバイスが接続されている場合は複雑になります。

結論

DHCPと静的IPを比較した後、DHCPは展開がより簡単で安価であるため、ほとんどのユーザーにとってより一般的なオプションであることは間違いありません。静的IPを用意し、どのIPアドレスが利用可能かを推測することは、特にプロセスに慣れていない人にとって、本当に面倒で時間のかかる作業です。ただし、静的IPは自宅からWebサイトをホストしている場合、ネットワークにファイルサーバーがある場合、ネットワークプリンターを使用している場合、またはリモートアクセスプログラムを使用している場合に役立ちます。静的IPアドレスが変更されることはないため、他のデバイスは、静的IPを使用するデバイスに接続する方法を常に正確に知ることができます。

関連記事:IPv4 vs IPv6:違いは何ですか?