キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202010/23/19-400g-qsfp-dd-3.jpg

QSFP-DDとは? QSFP56 / QSFP28 /QSFP+および OSFP / CFP8 / COBOとの相違点について

Migelle

翻訳者 ともや
2022年5月6日 に投稿された

 QSFP-DD モジュールは、400G 光トランシーバーの中で小型フォームファクターとして、業界最高の帯域密度を提供すると同時に、低速のQSFP プラガブルモジュールやケーブルとの下位互換性があるため、大きな注目を集めています。QSFP-DD は、400G イーサネットにおける最新の注目光トランシーバーとして、QSFP56、OSFP、CFP8、COBO などの他のモジュールとよく比較されます。 

QSFP-DD モジュールとは

 QSFP-DD(QSFP56-DDとも呼ばれる)とは「Quad Small Form Factor Pluggable Double Density」の略語で、IEEE802.3bsおよびQSFP-DD MSA規格に完全に準拠しています。「二重密度(Double Density)」という用語は、通常のQSFP28モジュールと比較して、モジュールがサポートする高速電気インターフェースの数を2倍にすることを指します。 NRZ変調技術により、各チャネルのデータレートは25Gb/sに達し、200Gネットワーク伝送を実現します。また、PAM4変調技術により、各チャンネルのデータレートは50Gb/sに達し、400Gのネットワーク伝送を実現することができ、ハイパフォーマンスコンピューティングデータセンターやクラウドネットワークに適しています。

QSFP-DDモジュール フォームファクタのメリット:

 ◉下位互換性:QSFP-DDにより、既存のQSFPモジュール(QSFP+、QSFP28、QSFP56など)をサポートし、エンドユーザーとシステム設計者に柔軟性を提供することができます。

 ◉2x1ポート・スタック統合コネクター:1段ケージコネクタシステムと2段スタック型ケージコネクタシステムをサポートします。

 ◉SMTコネクターと1xNケージ設計:ケージ設計の最適化、およびモジュールケースの最適化により、モジュールあたり少なくとも12Wの熱サポートが可能になります。そのため、光トランシーバー放熱性への要求が下がり、不要なコストを削減することができます。

 ◉ASIC設計:複数のインターフェースレートをサポートし、QSFP+およびQSFP28モジュールとの完全な下位互換性があるため、ポートおよび機器の導入コストを削減することができます。

QSFP-DD モジュール vs QSFP+/QSFP28/QSFP56モジュール

QSFP-DD QSFP56 QSFP28 QSFP+
リリース年 2016 2018 2016 2010
電気インターフェースレーン 8 4 4 4
シングルチャネルレート 25Gbps/50Gbps 50Gbps 25Gbps 10Gbps
変調方式 NRZ/PAM4 PAM4 NRZ NRZ
下位互換性 QSFP+/QSFP28/QSFP56 QSFP+/QSFP28 QSFP+ template
QSFP+ 400G データセンターの相互接続 40G/100G/200G ネットワークの相互接続

関連記事: QSFP56とは?QSFP56 vs QSFP28 vs QSFP+の比較について

QSFP-DD モジュール vs OSFP/CFP8/COBO モジュール

 QSFP-DD(QSFP56-DD)およびOSFP / CFP8 / COBOは、市場に出回っている400G光トランシーバーのフォームファクターであり、それらの違いを以下に示します。
QSFP-DD OSFP CFP8 COBO
サイズ 18.35mm×89.4mm×8.5mm 22.58mm×107.8mm×13.0mm 41.5mm×107.5mm×9.5mm 最も小さいClass Aのサイズ(34mm×36mm×8mm)
電気インターフェースレーン 8 8 8 8 16
レート 200Gb / s(8x25G)と400Gb / s(8x50G) 400Gb/s (8x50G) と800Gb/s 400Gb / s(16x25G、8x50G、4x100G) 400G 2x400G
消費電力 7-12W 12-15W 最大24W 17.5W
ホットプラグ
下位互換性

800Gネットワークへの活躍

 400G光トランシーバの普及につれて、800Gネットワークの導入・移行が積極的に行われています。米国サンディエゴで開催されたOFC2020(光ファイバ通信国際会議)において、800Gネットワークの普及とその将来性が話題の中心となり、400Gの次代を担うという今後の活躍が期待されています。

関連記事: 来る!800G、次世代ネットワークの限界を突破する光伝送技術

54

おすすめのコンテンツ