https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

EIGRPとOSPF:違いは何ですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

翻訳者 ともや
2018年7月31日 に投稿された
2020-08-09 09:01:54
686

EIGRP(Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)と OSPF (Open Shortest Path First)は、ルーターまたはデータスイッチが相互に通信する方法を指定する2つの一般的なルーティングプロトコルです。速度、遅延などのさまざまなパフォーマンスのために、さまざまな状況で適用されることがよくあります。それらの違いは何ですか? 以下のEIGRPとOSPFの詳細な比較を通じて、知りたいことをすべて入手してください。

EIGRP vs OSPF: EIGRP

EIGRP Topology Example

(Image Source: www.keepingitclassless.net)

EIGRP vs OSPF: OSPF

OSPF Topology Example

(Image Source: www.allinrouting.com)

EIGRPとOSPF:違いは何ですか?

EIGRPとOSPFに関するよくある質問の1つは、「EIGRPとOSPFのどちらのプロトコルが優れているか」です。この質問に答えるには、EIGRPとOSPFの違いを理解し、それらの長所と短所を完全に理解する必要があります。

EIGRPとOSPF:アルゴリズム

EIGRPはDUAL(拡散更新アルゴリズム)に基づいていますが、OSPFはSPF(Shortest Path First)アルゴリズムを使用しています。これら2つのアルゴリズムの主な違いは、最短のルーティングパスを計算する方法にあります。SPFはメトリック計算の帯域幅にのみ依存します(SPFは帯域幅に基づいて特定のリンクのコストを計算します。最短パスは総コストが最小のパスです)。一方、DUALは帯域幅と遅延を使用して、複雑な式で複合メトリックを計算します。

EIGRPとOSPF:CPU使用率

OSPFは、そのエリア内のすべてのネットワークと実行中のルーターに関する情報を維持します。エリア内で変更が発生するたびに、すべてのルーターがデータベースを再同期してから、SPFを再度実行する必要があります。このプロセスにより、CPUの負荷が高くなります。一方、EIGRPは、増分更新をトリガーしました。したがって、CPU使用率に関しては、EIGRPの方が効率的です。

EIGRPとOSPF:コンバージェンス時間

EIGRPのDUALアルゴリズムは、可能であればループのない代替パスのバックアップパスを維持します。つまり、ネットワークが最適パスから到達できなくなると、EIGRPはローカル計算を実行して、次の代替パスを特定します。ただし、OSPFでは、新しいルートをインストールし、障害が発生した場合にトラフィックを再ルーティングするために少し時間がかかります。そのため、EIGRPは最小限のネットワークトラフィックでコンバージェンス時間を短縮できます。

EIGRPとOSPF:設計

設計は、ルーティングプロトコルを選択するときに考慮すべき重要な側面でもあります。OSPFエリア計画では、バックボーンエリアから通常のエリアまで階層的に考える必要があります。領域のサイズは、SPFアルゴリズムが処理するには大きすぎてはなりません。OSPFネットワークが適切に動作しない場合、管理が複雑になりすぎることがあります。EIGRPには、そのようなエリアプランニングの要件はありません。

データセンターとクラウドアプリケーションエリア

ネットワークがデータセンターまたはクラウドベースのソリューションでホストされている場合、OSPFはより良い選択です。OSFPは通常、ほとんどのDCネットワークで実行されているため、基盤となるネットワークインフラストラクチャで微調整を行い、ファイアウォールとルーティング情報を交換できます。

スケーラビリティとサービスプロバイダーのサポート

EIGRPはトラブルシューティング中に非常に大規模なネットワークで複雑になるため、OSPFはEIGRPよりも拡張性が高くなります。EIGRPと比較すると、ほとんどのサービスプロバイダーがOSPFをサポートしているため、OSPFはWANでの使用に適しています。OSPFはすでにIGP(Interior Gateway Protocol)として内部環境で実行されています。したがって、OSFPとの特定のルートの交換が容易になります。他のルーティングプロトコルを使用して同じルーティング情報を交換する場合、すでに組み込まれているOSPFと別のプロトコルの間に再配布があるため、ルーティングはより複雑になります。

不等パスロードバランシング

EIGRPは、不等パスロードバランシングをサポートする唯一のプロトコルであり、ルータが異なる帯域幅のリンク間でトラフィックをルーティングするのに役立ちます。

EIGRPとOSPFの詳細については、次の表を参照してください。

アイテム OSPF EIGRP
リングトポロジでの作業 EIGRPより優れている 良くない
ハブアンドスポークでの作業 うまく機能しない とてもうまくいく
WANに最適 はい はい
データセンターに最適 EIGRPより優れている OSPFより悪い
標準プロトコル はい いいえ
MPLSトラフィックエンジニアリングサポート はい いいえ
サービスプロバイダーIGPとして最適 はい いいえ
複雑さ より複雑 より簡単
デフォルトの収束 デフォルトのタイマーでは収束が遅い フィジブルサクセサで高速

EIGRPとOSPF:どちらを選択するか?

EIGRPとOSPFのすべての比較を考えると、2つのルーティングプロトコルを明確に理解している可能性があります。どちらも、データ通信用のインターネットプロトコル(IP)ネットワークに広く展開できます。EIGRPは、小規模および大規模なキャンパスネットワーク内のルーティングによく使用される選択肢です。一方、ネットワークハードウェアデバイスがさまざまなベンダーのものである場合は、OSPFが最適です。さらに、WANテクノロジーとしてMPLSを使用している場合、OSPFはCSPF(Constrained Shortest Path First)でのMPLSトラフィックエンジニアリングサポートを備えているため、より良いオプションです。

関連記事: RIPとOSPF:違いは何ですか?OSPFとBGP:使用されているルーティングプロトコルはどれですか?