キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/17/post35-screenshot-20210517-100847-z3hbxoe7rp.png

ファストイーサネットVSギガビットイーサネット

Margaret

翻訳者 ともや
2020年1月15日 に投稿された


 イーサネットは、複数のシステムを接続してローカルエリアネットワーク(LAN)を開発するために使用されるネットワークテクノロジのグループです。市場には多くの種類のイーサネットがありますが、現在ファストイーサネットとギガビットイーサネットがより頻繁に使用されています。この記事では、ファストイーサネットとギガビットイーサネットを詳細に比較します。

ファストイーサネットとは

 ファストイーサネット(FE)は、コンピューティングネットワークにおけるイーサネットの用語であり、100 Mbpsの速度でトラフィックを伝送することを表しています。1995年にIEEE 802.3u規格で市場に登場し、元のバージョンは10 Mbpsの速度でした。ファストイーサネットには、100BASE-FX、100BASE-TX、100Base-T4などが含まれます。「100」は100 Mbit/sの伝送速度を示し、「BASE」はベースバンドシグナリングを示します。ダッシュに続く文字「(T)または(F)」は、信号を伝送する物理媒体(それぞれツイストペアまたはファイバ)を指し、最後の文字「(X)、(4)など」は、 使用される回線コード方式を指します。次の表に、一般的なファストイーサネットタイプを示します。

型番 ケーブル 最大セグメント メリット
100Base-T4 ツイストペア 100m Cat3 UTPを使用する
100Base-Tx ツイストペア 100m 100Mbpsの全二重
100Base-FX 光ファイバ 2000m 100Mbpsの全二重; ロングラン

ギガビットイーサネットとは

 ファストイーサネットと比較して、ギガビットイーサネット(GE)はコンピューティングネットワーキングで1000Mbpsを提供するため、ギガビットと呼ばれています。ギガビットイーサネットは、ファストイーサネットが登場してからわずか数年後の1999年にリリースされましたが、インターネットの需要が2010年頃に増加するまでは広く使用されませんでした。ギガビットイーサネットは、803.2のフレームフォーマットを使用し、半二重モードおよび全二重モードでも動作します。GEはファストイーサネットと同様のケーブルと機器を共有していますが、より一般的で経済的です。ギガビットイーサネットの継続的な開発により、40Gイーサネット、100Gイーサネットなど、より高度なバージョンのGEが登場しました。ギガビットイーサネットには、光ケーブルを媒体とする1000BASE-X、ツイストペアケーブルを使用した1000BASE-T、またはシールドされた平衡銅製ケーブルを使用した1000BASE-CXなど、さまざまな物理層標準があります。次の表に、さまざまな種類のギガビットイーサネットを示します。

型番 ケーブル 最大セグメント メリット
1000Base-SX 光ファイバ 550m マルチモードファイバ(50、62.5ミクロン)
1000Base-LX 光ファイバ 5000m シングル(10u)またはマルチモード(50、62.5 u)
1000Base-CX 2ペアのSTP 25m シールド付きツイストペア
1000Base-T 4 ペアのSTP 100m 標準カテゴリ5 UTP

ファストイーサネットVSギガビットイーサネット:違いは何ですか?

 次の表は、ファストイーサネットとギガビットイーサネットの違いを示しています。

型番 ファストイーサネット ギガビットイーサネット
速度 最大100Mbps 最大1000Mbps
ラウンドトリップディレイ 100-500ビット時間 4000 ビット時間
ケーブル 光ファイバケーブルまたはCat5/Cat5eなどの銅メディア 光ファイバケーブルまたはCat5e/Cat6などの銅製メディア
距離 10km以内 最大70km
コスト 安い もっと高い
アプリケーション 大企業のネットワーキング 居所および小規模ネットワーク環境

結論

 この記事では、2種類のイーサネット(ファストイーサネットとギガビットイーサネット)について説明し、比較しました。ファストイーサネットとギガビットイーサネットの最大の違いは速度です。実際、どちらも多くのアプリケーションで徐々に人気を失っています。また、ギガビットイーサネットは、家庭用のファーストイーサネットに徐々に取って代わっています。現在、エンタープライズネットワークでは10Gまたは25Gイーサネットが推奨されており、40G、100Gまたはそれ以上の200Gおよび400Gイーサネットは、主に大規模データセンターおよびバックボーンネットワークで使用されています。

関連記事:

ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチ:違いは何ですか?

2.4k

おすすめのコンテンツ