キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/fiber-media-converter.jpg

銅線ファイバメディアコンバータチュートリアル

Worton

翻訳者 ともや
2018年12月10日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

銅線ファイバメディアコンバータチュートリアル

メディアコンバータは必要なときに光ファイバの使用を可能にし、既存のケーブルインフラストラクチャに新しい機器を統合します。彼らは、銅線と光ファイバ及びエンタープライズLANネットワーク内のさまざまなファイバタイプをシームレスに統合することができます。このチュートリアルでは、光ファイバケーブルを介して、銅ポートを備えた2つのネットワークデバイスを長距離接続することを可能にする銅線ファイバメディアコンバータを紹介します。

イーサネット銅線からファイバメディアコンバータ

IEEE 802.3規格をサポートするイーサネット銅線ファイバメディアコンバータは、イーサネット、ファーストイーサネット、ギガビットおよび10ギガビットイーサネットデバイスへの接続を提供します。一部のコンバータは10/100または10/100/1000レートスイッチングをサポートしているため、異なるデータレートとインターフェイスタイプの機器を1つのシームレスなネットワークに統合することができます。

ポイントツーポイントアプリケーション

ファイバを介して2つのUTPイーサネットスイッチ(またはルーター、サーバー、ハブ)を接続したり、UTP装置をワークステーションやファイルサーバーに接続したりするポイントツーポイント接続にメディアコンバータのペアを使用できます。

キャンパスファイバアプリケーション

このアプリケーション例では、10/100メディアコンバータが、ネットワークコアのUTPスイッチ装置(A)からの高密度ファイバ分散用の冗長電源シャーシにインストールされています。UTPワークグループスイッチ(B)は、スタンドアロンの10/100メディアコンバータを使用してファイバを介してネットワークコアに接続されています。別の10/100コンバータを使用すると、ファイバツーデスクトップアプリケーション(C)のPC UTPポートへのファイバ接続が可能になります。イーサネットスイッチ(D)は、ファイバを介してネットワークコアのメディアコンバータモジュールに直接接続されています。


冗長ファイバ/銅線アプリケーション

冗長ファストイーサネットメディアコンバータは、ファイバまたは銅線の冗長性を提供します。1つのケーブルリンクが切断された場合、冗長リンクが有効になり、100%の稼働時間が保証されます。リダンダントコンバータモジュールは、リンク障害検出機能を提供し、ミッションクリティカルなネットワークアプリケーションに必要な迅速な応答時間を提供するために100マイクロ秒以内にスイッチオーバーすることができます。冗長リンクは、次の例に示すように、パラレルパスまたは地理的に多様なパスで実行できます。

冗長アプリケーション


TDM銅線ファイバメディアコンバータ

T1/E1およびT3/E3銅線ファイバコンバータは、光ファイバケーブルを使用した従来のTDM(時分割多重化)テレコムプロトコル銅線接続を拡張するための信頼性が高くコスト効率の高い方法を提供します。T3/E3およびT1/E1コンバータは、ファイバを介してTDM回線の距離を拡張するペアで動作し、ノイズ耐性、サービス品質、侵入保護、およびネットワークセキュリティを向上させます。このアプリケーションは、建物内や建物複合施設やキャンパス内の建物間の接続として役立ちます。

T1/E1銅線ファイバコンバータ

T1/E1銅線光ファイバンバータは、標準T1(1.544 Mbps)、E1(2.048 Mbps)をサポートし、AMI、B8ZS、およびHDB3ラインコードと互換性があります。これらのコンバータは、多くの場合、T1またはE1接続のインストールとメンテナンスを支援する診断機能を提供します。 診断機能の一部には、ローカルループバック、リモートループバック、およびすべて1の挿入(AIS)などのデータまたはアラーム通知パターンを挿入するテストモードが含まれます。 これらの機能により、T1/E1接続全体と同様に個々のセグメントのテストとトラブルシューティングが可能になります。

T3/E3銅線ファイバコンバータ

T3/E3銅線光ファイバンバータは、標準のT3(44.736 Mbps)またはE3(34.368 Mbps)の同軸-ファイバ変換を提供し、ファイバを介してPBX、マルチプレクサ、ルータ、ビデオサーバなどのデバイスに接続できます。T3/E3コンバータはフレーム化されていてもフレーム化されていなくても、チャネライズドまたはフラクショナル非チャネライズドデータストリームで独立動作し、T3(DS3)およびHDB3用E3のB3ZSラインコーディングをサポートします。

T3/E3アプリケーション

T3/E3メディアコンバータは、テレコムの境界点を拡張するための費用対効果の高いソリューションも提供します。この例では、一対のT3/E3変換器を使用してファイバを介して建物間の境界を拡張しています。

概要

さまざまなプロトコル、データレート、およびメディアタイプをサポートするメディアコンバータは、信頼性とコスト効率の高いネットワークを構築できます。FS.COMは、ファーストイーサネットメディアコンバータ、ギガビットファイバメディアコンバータなどの一連のイーサネットメディアコンバータを提供します。詳細については、www.fs.comをご覧いただくか、sales@fs.comまでお問い合わせください。


900

おすすめのコンテンツ