キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/21/post35-2021521-16544-fsz7v6qpnq.jpeg

違いは何ですか: GBICとSFPとミニGBICモジュール

Worton

翻訳者 ともや
2018年7月22日 に投稿された



 GBICとSFPモジュール(意味)は、主に光信号と電気信号の変換に使用される一種基本的に、SFPのサイズはGBICより小さいです。GBICとSFPの両方には様々なインターフェイスタイプがあり、それぞれのタイプは特定の光ファイバタイプと波長で動作します。ミにGBIC―GBICモジュールの半分のサイズの小型版、同じラインカードでより多くのインターフェイスを提供するために開発されました。GBIC vs SFP vs ミニGBIC:同じですか?この記事では、あなたのために混乱を取り扱いし ます。


GBICとは何ですか?またSFPとは何ですか?

 GBICとSFPモジュールは、主に光信号と電気信号の変換に使用される一種のホットプラグ対応光トランシーバです。GBICはGigabit Interface Converterの略です。SFPはSmall Form-factor Pluggableの略です。通常、SFPはGBICモジュールのアップグレード版と見なされます。GBICとSFPモジュールの性能は同等です。それらの間の唯一の大きな違いは、そのサイズです。SFPモジュールはGBICモジュールよりもはるかに小型です。このため、SFPは、ほとんどの場合、ミニGBICとも呼ばれます。

 あらゆるタイプのGBICとSFPトランシーバに対して、指定された場所または距離で異なる波長で動作します。たとえば、1000BASE GBIC/SFP SXは、マルチモードファイバで最大550 mの850 nmを使用し、4Gファイバチャネルは最大150mの850nmを使用します。 1000BASE SFP LXはシングルモードファイバよりも最大10kmの1310nmを使用し、1000BASE-ZXは80kmに達する可能性があります。1000BASE-Tは銅RJ45インターフェイスを使用します。さらに、GBICとSFPの両方がDOM(デジタル光学モニタリング)機能をサポートするように指定されているため、ユーザーはモジュールのリアルタイム動作状態を特定できます。

GBICとSFPモジュール

 GBICとSFPは、物理ポートまたはスロットに接続用のホットスワップ可能な入出力デバイスです。通常、GBICは、ギガビットイーサネットとファイバチャネルで使用されます。しかし、そのアプリケーションはこれらの2つのタイプに限定されません。ファストイーサネット(FE)GBIC、BIDI GBIC、CWDM GBIC、DWDM GBICなどもあります。一般的に、GBICにはSCコネクタが付いています。

 SFPはGBICより後で出ています。SFPモジュールは、SONET(同期光ネットワーク)、ギガビットイーサネット、ファイバチャネル及び他の通信標準をサポートする様に設計されています。通常はLCコネクタを付いて使用されます。SFPは、GBICと同じ機能を持ち、より小型のフォームファクタなので、ミニGBICとも呼ばれます。

ミニGBICとSFPモジュール

 2001年にSFPモジュール(商品詳細)(SFPは小型フォームファクタを意味する)とも呼ばれるミニGBICが発表されていて、以前のGBICモジュールと同じ機能を持ちますが、より小型のフォームファクタで構築されています。ミニGBICとSFPトランシーバは実際には同じものを指し、交換可能です。ミニGBICトランシーバは、コンパクトでホットプラグ可能なモジュールで、スイッチの電源が入っている間に取り付け及び取り外しができます。みにGBICは、データと通信両方のアプリケーションでファイバギガビット接続を利用する事で、柔軟性を提供します。そのため、ミニ GBICの出荷量はすぐにGBICトランシーバを突破する上、ギガビット SFPベースのネットワークでその地位を確保しました。

ミニGBICモジュールの分類

 ミニGBICは、データレート、動作波長、伝送距離などに応じて、異なるグループに分類できます。

  データレート:155M/622M/1.25G/2.125G/4.25G/8G/10G。155Mと1.25G市場がより多く使われています。

  波長:850nm/1310nm/1550nm/1490nm/1530nm/1610nm850nmの波長はSFPマルチモードで、伝送距離は最大550mです。1310/1550nmの波長はSFPシングルモードであり、伝送距離は2km―80kmの範囲です。

  裸のミニGBICモジュールは、マークが付いていないと基本的に違いがないので、製造元はプルリングを色分けして区別します。ブラックプルリングはマルチモードで、波長は850nmです。青は1310nmモジュールです。イエローは1550nmモジュールです。パープルは1490nmモジュールです。そして他など

GBICとSFPとミニGBIC: どちらを選びますか?

 これらの3つのモジュールの違いを知っていれば、どのモジュールを選択すべきでしょうか?一般的には、実際にはラインカードやスイッチに依存します。通常、ラインカードとスイッチには空のGBICまたはSFPスロットがあり、GBICモジュールまたはSFPモジュールをそれぞれ購入し、空のスロットに挿入する必要があります。ただし、GBICスロットを備えたスイッチカードまたはラインカードが既に搭載されている場合、必ずGBICを使用します。なぜならば、単純にSFPが適合しないためです。もう一つ場合では、スイッチまたはラインカードがなく、GBICまたはSFPを使用するかどうかを決定したいと、実際には必要なインターフェイスの数、スイッチ及びラインカード固有モデルの可用性に依存します。たとえば、6500スイッチのラインカード上に2つのファイバインターフェイスを使用しようと、48ポートSFPラインカードを使用せず、2ポートGBICラインカードを使用します。24個のファイバインターフェイスが必要な場合は、16ポート(または18ポートはわからない)GBICラインカードを使用せず、48ポートSFPラインカードを使用します。

9.1k

おすすめのコンテンツ