https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

10GBASE-T SFP+銅線トランシーバモジュールについて

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

翻訳者 ともや
2017年4月14日 に投稿された
2020-10-27 00:37:09
726

今日、ネットワーク機能仮想化(NFV)と統合データおよびストレージネットワーキングの幅広い採用により、サーバーはI/O需要の増加を目の当たりにしています。直接接続ケーブル、光モジュール、および10GBASE-T SFP+モジュールは、ネットワーク要件の主なソリューションです。ただし、新しい10G SFP+銅線モジュールのみが、成長に応じて拡張できる柔軟性のあるCat 6a/7ケーブルインフラストラクチャを利用して省電力接続を実現する可能性を提供します。この記事では、10GBASE-T SFP+モジュールの包括的な概要について、基本情報、機能、利点、アプリケーション、一般的なFAQの側面から説明します。

10GBASE-T SFP+モジュールの概要

10G SFP+ RJ45モジュールは、最大100mのリンク距離でCat 6a/7ケーブル構造ケーブルとの互換性を提供し、組み込みの10GBASE-T RJ45ポートに比べて、ポートあたり最低0.5Wの省電力を実現します。これは、イーサネット銅ケーブルを介して10Gb/s通信を提供する最初の10G銅SFP RJ45モジュールであり、SFF-8431およびSFF-8432 MSA規格に準拠しています。さらに、10G銅線SFPモジュールは、既存のSFP+ポートを銅線伝送に使用することにより、固定ポート10GBASE-T銅線スイッチよりも低密度の10G銅線アプリケーションに高い柔軟性を提供します。10G SFP+ RJ45光モジュール機能を以下に示します。


  • 小型のフォームファクタ:すべてのSFP+ケージおよびコネクタシステムと相互運用できます。

  • パフォーマンス:完全なPHYプレゼンテーション。つまり、何も欠落することはありません。

  • 革新:管理されたソフトスタートによるホットプラグ対応です。

  • 自動ネゴシエーション可能な下位互換性:前世代の10/100/1000BASE-Tネットワークと互換性があり、10GbEへのシームレスな移行が可能です。

  • コスト:共通のRJ-45コネクタを備えた10G銅線SFPモジュールは、SFP+ソリューションよりも優れています。銅ベースのインフラストラクチャは光ファイバよりもはるかに安価であるためです。これは、UTPおよびSTPケーブルで最大100mの距離で費用効果の高いソリューションであり、すべてのネットワークアクセスの使用例に十分です。

10GBASE-T SFP+銅線モジュールが必要な理由

10GBASE-T銅線SFP+モジュール、10G DACケーブル、および10GファイバSFP+モジュールは、10Gイーサネットネットワークの主なソリューションです。しかし、10Gbpsアプリケーションで利用できる安価なSFP+ DACと信頼性の高いSFP+光ファイバを使用して、なぜ10GB SFP+銅モジュールを使用する必要があるのでしょうか。


  • まず、ネットワークケーブルの接続が必要になる可能性があるため、スイッチにはRJ45電気ポートがあります。ただし、実際には、ネットワークケーブル接続用のスイッチのRJ45電気ポートでは、銅線ネットワーク要件を満たせない場合があります。この場合、10GBASE-T SFP+モジュールは、光ポートを電気ポートに変換して、スイッチの不十分なRJ45ポートの需要を満たすことができます。

  • 第2に、大部分のリンクの長さはデータセンターとエンタープライズネットワークで10-100 mです。10GBASE-TSFP+銅線モジュールは、100メートルの距離で10 Gb/秒のデータ伝送を提供し、 SFP+ DACの制限を実装します。

  • 第3に、10GBASE SFP+モジュールは10/100/1000Base-Tモジュールと下位互換性があるため、データセンターネットワークの予算を大幅に節約できます。さらに、共通のRJ-45コネクタを備えた10G銅線SFPモジュールは、銅線ベースのインフラストラクチャが光ファイバよりもはるかに安価であるため、SFP+ソリューションよりも優れています。

  • 最後に、10GBASE-T SFP+銅線モジュールは、オペレーターがネットワークシステムを展開するのに便利です。10Gモジュールを銅線ネットワークに接続する場合、10GBASE-T SFP+銅線モジュールを銅線ネットワークに直接追加できますが、この接続を実現するには、10G SFP+光ファイバモジュールをメディアコンバーターに接続する必要があります。

10GBASE-T SFP+ RJ45モジュールアプリケーション

上記のように、10Gb SFP+銅線モジュールは10GBASE-Tに基づいています。これは、使い慣れたRJ45コネクタを使用し、レガシーネットワークとの下位互換性を提供する相互運用可能な標準ベースのテクノロジーであるという利点があります。SFP+からRJ45へのモジュールは、データセンターおよびエンタープライズネットワークのトップオブラック、ミドルオブロウ、またはエンドオブロウアーキテクチャーに適用できます。次の図は、10GBASE-T SFP+モジュールの2つのアプリケーションを示しています。

シナリオ1:10GBASE-T RJ-45を備えたサーバーまたはストレージアプライアンスをSFP+ネットワークスイッチに接続します。

(1)10GBASE-T-Copper-applications.png

図1:サーバーとストレージアプライアンスを接続する10GBASE-T SFP+銅線モジュール

シナリオ2:エッジスイッチでの10Gへのネットワークアップグレードです。

(2)network-upgrade-to-10G.png

図2:エッジスイッチの10GBASE-T SFP+銅線モジュール

10GBASE-T SFP+モジュールに関するFAQ

Q:10GBASE-T SFP+モジュールを使用して10ギガビットイーサネットCNA/NIC Intel X550を10GbEスイッチに接続するにはどうすればよいですか?

A:10ギガビットイーサネットCNA/NIC Intel X550は、RJ45ポートを備えた統合型ネットワークアダプターです。10GbEスイッチには通常、SFP+ポートが装備されており、Inter X550を10Gスイッチに直接リンクすることはできません。したがって、Cat6a銅ケーブルを使用して10GBASE-T SFP+銅線モジュールを10Gスイッチに挿入し、RJ45ポートを備えた10GbE NICとSFP+ポートを備えた10Gスイッチの相互接続を実現できます。

Q:Cat5e銅ケーブルを使用して10G SFP+銅モジュールとリンクできますか?

A:いいえ。Cat5eの標準帯域幅は100MHzで、90M未満の信号を送信するように設計されています。したがって、10ギガビット信号伝送にはCat6a銅ケーブルが必要です。

Q:10G銅SFP RJ45モジュールは低温で使用できますか?

A:SFP+からRJ45への光モジュールには、商用バージョンと工業用バージョンがあります。標準品は0-70℃の使用温度範囲に適しています。より広い温度範囲では、産業用モジュールの購入をお勧めします。

Q:10GBASE-T SFP+銅線モジュールと10Gb/sメディアコンバーターの違いは何ですか?

A:これら2つの製品はどちらも、10Gの電気信号と光信号間の相互変換を実現できます。10GBASE-T SFP+モジュールと10Gメディアコンバーターの3つの主な違いを以下に示します。


  • フォームファクター:10GBASE-TモジュールはSFP+フォームファクター上にあり、サイズが小さいのに対し、10GbEメディアコンバーターはかさばり、追加の電源が必要です。

  • コスト:10Gメディアコンバーターと比較して、10GBASE-T SFP+銅線モジュールははるかに安価です。

  • アプリケーションの見通し:10GBASE-Tモジュールは低価格でバッチで提供できるため、10G銅線SFP RJ45モジュールの市場は10Gメディアコンバーターより広いです。

Q:10Gb SFP+からRJ45モジュールへのネットワーク伝送速度を上げることはできますか?

A:いいえ。信号を処理せず、信号の伝送速度を上げないのは、単なる光電変換コンバーターです。

Q:10ギガビット電気SFP+モジュールを1000BASE-Tモジュールと相互接続できますか?

A:はい。これらは1つのイーサネットネットワークで相互接続できます。

関連記事: 10GBASE-TとSFP+とDAC:10GbEデータセンターのケーブル接続でどちらを選択しますか?