キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/optical-transceiver-200g-400g.jpg

世界の光モジュール市場:200Gと400Gにまたがる

Worton

翻訳者 ともや
2019年7月19日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

世界の光モジュール市場:200Gと400Gにまたがる

クラウドコンピューティング、モノのインターネット及び仮想データセンターの普及とともに、より高速のイーサネット速度に対する需要が光モジュール市場の繁栄を牽引してきました。光モジュール、ダイレクトアタッチケーブル(DAC)、およびアクティブオプティカルケーブル(AOC)は、最先端のブロードバンドネットワーク容量に対応するために劇的に進化しました。過去数十年で、1G、10/25Gから40/100Gまでの範囲のデータレートを持つ光モジュールの大規模な採用が目撃されてきました。光学部品の売上は順調に伸びており、今後も継続すると予想されます。

10G、25G、40Gおよび100G:データセンターで幅広く採用されている

ネットワークが高速化し、仮想化が徐々に普及するにつれて、データセンターは大きな変革を遂げています。業界で出現する傾向は、高速モジュールとより良いサービスへの移行を意味します。これらの広帯域モジュールは、堅調な市場を示唆する収益の成長を牽引しています。10/25 Gbps、40Gbps、100Gbpsの普及と、25 Gおよび100 Gポートでの最大売上を見込んで、世界の光モジュール市場は2020年までに99億ドルに達すると予測されています。差し迫っている200Gbpsと400 Gbpsの光モジュールもまた市場シェアのほんの一部を保持する態勢を整えています。

10G光モジュール:エッジへの移行

2000年代初頭に最初に提供された10ギガビットイーサネットは、データセンターでは当たり前のものになるまでに成熟しました。10Gサーバー接続は、2015年に1G接続を上回る大多数の新規出荷に達しました。基本的に10Gイーサネットはアクセス層で40Gと100Gに移行するために積み重ねられ、10G-40G-100Gのアップグレードパスをたどりますが、ケーブル配線の複雑さ、消費電力および全体的なコストが4倍になります。そしてこれは、100G(10×10G)インターフェースに集約すると悪化します。

25G光モジュール:100Gの道を開く

それで、より良い経済学と効率のための25Gイーサネットのようなゲームチェンジャーがあります。25ギガビットイーサネットは、低コスト、低消費電力およびケーブル配線の複雑さを軽減しながら、100Gへの道をよりスムーズにします。SFP28光モジュールは25Gイーサネットで使用するように設計されており、低電力でレーンあたり2.5倍の速度を実現します。25G SFP28は、10G SFP+モジュールの拡張版と見なすことができ、同じフォームファクタを使用しますが、10Gb/sではなく25Gb/sで動作します。その上、SFP28 25GはSFP+と下位互換性があるため、SFP+ポートでも十分に機能します。2019年までに、25G SFP28の価格は10G SFP+とほぼ同じになります。したがって、25Gへの移行を選択した場合は、多額の費用を節約できます。50Gや100Gへの拡張性を高めるために、10Gをスキップして25Gイーサネットを直接展開することを計画しているユーザーもいます。

40G光モジュール:大量展開に手頃な価格

明らかに、10GbEは大規模なアプリケーションを扱うデータセンターにはもはや十分な速度ではないため、40Gはアクセスレイヤのボトルネックを軽減するように設計されています。最初に40Gへの拡張を計画しているとき、コストが非常に高いため、40Gテクノロジの実装は困難です。幸いなことに、過去2年間で40Gオプティクスの大幅なコスト削減が見られました。FSが提供するQSFP-40G-SRはわずか49ドルです。値下げにより、アグリゲーションリンクまたは接続サーバーへのアクセスリンクで40Gモジュールの採用が加速します。「スパインリーフ」アーキテクチャへの拡張では、40Gスイッチをスパインスイッチとして使用し、40G QSFP+ポートを4つの10G SFP+ポートに分割して10Gサーバーアップリンクをサポートできます。40Gポートの収入は2016年にピークを迎え、現在25Gポートと50Gポートを支持して減少します。

100G光モジュール:データセンターで立ち上がる

現在100Gが広く採用されている最も速いイーサネット接続であり、それは持続的に成長しています。また、光モジュール市場は、100G QSFP28モジュールの価格が下がり続け、40Gと100Gの間のコスト差がさらに小さくなることを示しています。たとえば、FSは100Gモジュールの大幅なコスト削減を実現します。QSFP28100G-SRの場合、わずか199ドルです。さらに、100Gスイッチポートの出荷台数は、2018年には40Gスイッチポートの出荷数を上回ります。これは、25Gサーバーおよび100Gスイッチが、以前の10Gサーバ-および40Gスイッチに代わる大規模なデータセンターで一般的になったためです。100G QSFP28モジュールのベンダは、製品の成長を続け、その多用途性の限界を押し広げます。

200Gと400G - 新しい接続速度がデータセンターに当たる

相互接続市場におけるもう一つの予見できる傾向は、ネットワークのコアおよびデータセンターにおける低速モジュールの段階的廃止です。そのため、ここでは10G以下から40/100G以上への大きな移行があります。2018年のQSFP28テクノロジの新開発も、200Gおよび400G QSFP-DDの次世代を迎えます。次世代の200Gおよびデータセンターの400Gイーサネットは2018年から展開され、2019年から2020年までに主流になります。全体として、光モジュール市場は、高速化、低消費電力化および小型化が進んでいます。これらの将来性のある光モジュールを見てみましょう。

SFP-DD モジュール:SFP-DDがSmall From-factor Pluggable Double Densityの略で、SFP帯域幅を2倍にし、SFP下位互換性を維持しながら高速回線速度をサポートします。 400G QSFP-DDモジュール:またはQSFP-DDモジュールは、QSFP28モジュールの密度を2倍にすることを計画しており、最大25 Gbpsまたは50 Gbpsで動作する8レーンを指定して、200 Gbpsまたは400 Gbpsの光伝送をサポートします。


DACとAOC:低コストで人気を刺激する

シグナルインテグリティの向上と優れた柔軟性という本質的な利点を備えたDAC(ダイレクトアタッチケーブル)とAOC(アクティブオプティカルケーブル)は、10G、25G、40G及び100Gの高速リンクに適し、ハイパースケールと企業のほぼすべてのアプリケーションに好まれ、費用対効果の高い相互接続となっており、200Gと400Gにも使用される可能性があります。DACとAOCは、速度とコスト効率を改善し、データ相互接続市場で目覚しい成長を遂げています。2017年は、ハイパースケールのデータセンターで100Gb/sネットワーク用の100kダイレクトアタッチケーブルを超える出荷を目撃しており、これは2018年にも続くと予想されています。AOCの世界市場は2020年までに20億ドルを超えると予測されていますが、売上高は今後数年間急増する見込みます。

結論

データ需要は急増し続けます。インターネットトラフィックの大幅な増加が光モジュール市場の変化を後押ししているので、メガデータセンターでの10/25/40/100ギガビットイーサネット(GbE)光の展開は、2018年に市場の成長を促進することをまだ期待できます。また、電力効率に優れたDACとAOCが、短距離高速相互接続において著しい成長をもたらしています。そのため、光モジュール市場には大きな可能性があることを念頭に置いて受け入れてください。


1.9k

おすすめのコンテンツ