キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/world-plug-type-map.png

電源コードの種類・規格について:国内規格と海外規格の選定

IEC320電源コード(c13とc14)

Worton

翻訳者 ともや
2018年11月13日 に投稿された


電源コードについてどのくらい知っていますか?

 世界中のネットワークエンジニアは、データセンターで使用されているさまざまなプラグやソケットをよく認識しています。しかし、どこの電源コードが使用されているのかわからないと、外国のデータセンターで初めての経験が難しいかもしれません。世界には複数の規格が使用されています。異なる国では、異なる電源コードタイプ、異なるプラグおよびコネクタ、特にプラグタイプを使用することがあります。この記事では、一般的に使用されるNEMAおよびIEC電源コードの種類、および購入に関するヒントを紹介します。

電源コードとは何ですか?

 電源コードは、両端のいずれかに1対の接続カプラを含むラインケーブルまたはメインケーブルです。両端は電源装置から取り外し可能です。ポータブル電子機器を主電源ラインに一時的に接続する負担があり、容易に壁のコンセントや延長コードを通すことができます。

 上記のイメージが示すように、電源コードアセンブリは2つの主要な部分で構成されています。1つはケーブルプラグです。それはオスコネクタです。その使用は、電気を供給するためにACコンセントを接続することです。もう一方は相手側のレセプタクルです。レセプタクル部は、装置に接続するメスコネクタとして機能します。世界中で使用されているいくつかの異なるタイプのコネクタとインタフェースがあります。ここに記載されているNEMAおよびIEC電源コードタイプは、北アメリカで一般的に使用されています。

電源コードのタイプの概要と相違点

NEMA電源コードの種類

 NEMA(National Electrical Manufacturing Association)の設立は、北米およびその他の国のさまざまな電源コードの種類を、15-60のアンペア数および125-600の電圧で証明しています。ユニークで交換不可能な異なるプラグタイプは、特定のアンペア数または電圧に基づいて作成されます。

NEMAプラグには多くの種類がありますが、NEMA 1-15-P&NEMA 5-15-Pが最も一般的です。 NEMAタイプ1は、2つの平坦な突起のすぐ下にある丸いピンまたは突起で構成され、NEMAタイプ5は、接地目的で3番目のピンを使用します。

IEC電源コードの種類

 IEC 60320は、世界のほとんどの国で使用されている国際標準として認識されています。これは、電源コードを電気機器に250ボルトまで接続するための非ロッキング機器および相互接続カプラを規定しています。「320」は、電源コネクタを記述する仕様の番号を指します。C1〜C24までの異なるIEC 60320電源コードタイプは、電流、電圧、温度のさまざまな組み合わせに対応しています。


注:C13、C15、C19はデータセンターで最も一般的に使用されているものです。

IEC 60320 C13とC15電源コード

 上記のイメージから、IEC C15はC15コネクタのアースの反対側のノッチ以外はC13電源コードと似ていることが容易にわかります。さらに、IEC-C15コネクタはC14インレットで動作しますが、IEC C13コネクタはC16インレットに適合しません。

 IEC C15コネクタは、電気ケトル、コンピューティング・ネットワーキング・クローゼットまたはサーバルーム、ワット数の高い電源を備えたPoE(パワーオーバーイーサネット)スイッチなど、高温装置(最大120℃)用に特別に設計されています。 デスクトップ/パーソナルコンピュータ、モニタ、プリンタ、アンプから固定構成スイッチまで、すべてを実行する標準IEC C13電源コードです。通常、定格は15A/250V(国内)、10A/250V(国際)、定格温度は70℃です。

異なる国には異なる基準があります


 NEMAおよびIEC電源コードのタイプは世界のほとんどの国で使用されていますが、実際には主にコネクタタイプ(C13、C15、C19)を目指しています。プラグタイプについては、国によって異なります。

ヨーロッパ:CEE 7/7(タイプE、タイプF)

 CEE 7/7は現在、多くの欧州諸国と、CENELEC規格に準拠しているいくつかの国で、デファクトプラグ標準になっています。デンマーク(AFSNIT 107-2-D1)、アイルランド、イタリア(CEI 23-50)、マルタ(BS 1363)、キプロス(BS 1363)、ジブラルタル(BS 1363)、スイス (SEV1011)。 CEE 7/7プラグを採用する最も一般的な電源コードにはCEE 7/7からC13、CEE 7/7からC15、CEE 7/7からC19があります。

他の規格:JIS C 8303、AS/NZS 3112など

 他のいくつかの国では独自のプラグ標準もあります。たとえば、オーストラリア規格AS/NZS 3112(タイプI)、ブラジル標準NBR 14136および日本規格JIS C 8303(タイプA、B)などです。しかし、一般的なことは、すべてがIEC 60320コネクタ規格を採用する可能性があることです。

標準プラグ プラグタイプ
アルゼンチン IRM 2073 タイプC、I
オーストラリアとニュージーランド AS/NZS 3112 タイプI
ブラジル NBR 6147/NBR 14136 タイプC、N
中国 GB 1002/GB 2099 タイプA、C、I
デンマーク AFSINT 107-2-D1 タイプC、E、F、K
日本 JIS C 8303 タイプA、B
南アフリカ SANS 164/BS 546 タイプC、F、M、N
韓国 KSC 8305 タイプC、F

電源コードを購入する方法

 スピードと耐久性の面で高い性能を発揮する適切な電源コードを選択することは非常に重要です。いくつかの簡単な手順を実行すると、正しい選択をするのに役立ちます。

輸出国の正しいプラグを特定すること

 正しいプラグパターンを決定する際には、それが機器に適したコードであるとは言えないものもあります。たとえば、NEMA電源コードを北アメリカのケーブルで製作したコードセットから取り出し、欧州のプラグ(CEE 7/7電源コード)と交換しても、ヨーロッパで受け入れ可能なコードにはなりません。

電圧を確認すること

 北アメリカのプラグの電圧定格は100-127から200-240です。より高いまたはより低いアンペア数は、同じ国であっても異なるプラグパターンを意味する可能性があります。125ボルト電源コードが220ボルトのコンセントに誤って挿入された場合、機器が破損します。

電源コードの電流定格の確認すること

 チェックする別の仕様は電流定格です。北米の電流定格は他の国の15,20,30とは異なります。

コードセットを使用する場合はプラグタイプを選択すること

 プラグの突起の数は2から5まで変化します。突起は、楕円形、丸形、まっすぐな刃形、および長方形の形を取ることができます。北米の場合、NEMA 5-15PとNEMA 5-20Pがあります。現在の定格と電圧を知ることで、4つのタイプを識別し、正しいプラグを選択することができます。

18.6k

おすすめのコンテンツ