キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

中小企業のための10GbEネットワークの構築方法

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年7月20日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

中小企業のための10GbEネットワークの構築方法

現在、ネットワーク上で実行されるデータおよびアプリケーションプログラムは、多くの場合、フローアウェアネスは継続的に増加しています。イーサネットスイッチは、ネットワークの不可欠な部分として、データトラフィックを処理するために必要な速度と効率を提供します。そのため、レイヤ2/3管理対象スイッチ、管理対象外スイッチ、ルータなどのコンポーネントがネットワークで使用され、高性能が実現されます。しかし、10GbEネットワークへのアップグレードは、必ずしも簡単なプロセスではありませんが、今日ではそれを容易にするのに役立つソリューションが確かにあります。

10GbE SMBネットワークアクセスレイヤの展開

10GbEネットワークを構築する際には、ストレージやサーバーなどのコンポーネント、ネットワークコアスイッチ、10Gアップリンク付きアクセススイッチ、10G SFP+モジュール、Cat6a銅ケーブル、および10Gネットワークインターフェイスカード(NIC)が必要です。スイッチはデータ処理用、SFP+モジュール、およびcat6a銅ケーブルはリンク接続用、ネットワークインターフェイスカードはサーバーとストレージデバイス用です。

10GbE SMBネットワークに必要なコンポーネント

ストレージ&サーバー

今日のビジネスでは、これまで以上に多くのデータが生成されています。特に、企業の従業員数が増加すると、複数のサーバーが必要になります。この問題を解決するために、ストレージとサーバーが配置されます。10GbE SMBストレージとサーバーに関しては、信頼性、可用性、データ保護、コストなどの重要な機能を考慮に入れる必要があります。今日の市場では、さまざまな規模の企業向けに、デルサーバーのようなさまざまな種類のストレージとサーバーがあります。

ネットワークスイッチ

大企業であれ小規模企業であれ、信頼性が高く手頃な価格のイーサネットスイッチは欠かせません。以下は、3つの一般的なネットワークスイッチです。

カテゴリー 説明
マネージドスイッチ 大規模な企業ネットワークやデータセンターで機能するように設計されています。 通常、マネージドスイッチは、ポートミラーリング、QoS、モニタリング管理などの多くの高度な機能を提供します。ネットワークの管理を強化する必要がある組織に適しています。
アンマネージドスイッチ 複雑な設定を必要としないプラグアンドプレイスイッチで、低コストであらゆる業務に適しています。
スマートスイッチ Webスマートスイッチとも呼ばれます。スマートスイッチを使用すると、ユーザーはVLANやQoSなどの基本設定を構成できます。そして通常それらはスマート管理のためのそれ以上の要件を持たないホームネットワークまたはスモールビジネスネットワークにあります。

近年、マネージドスイッチはその信頼性と優れた性能のためにSMBネットワークの間で人気があります。コストを考慮すると、シスコの管理対象スイッチまたは他のブランドのスイッチは、SMBネットワークでは非常に高価です。アンマネージドスイッチは管理要件を満たすことができませんが。そのため、マネージドスイッチが最適な選択肢になりつつあります。

例として、FS S5800-8TF12S - 10GbE 12ポートSFP+マネージドスイッチを取り上げます。これは、8ポート1GbE RJ45および8ポート1GbE SFPコンボと、12ポート10GbEアップリンクポートをハイパーコンバージドインフラストラクチャ用に提供し、高いポート密度を実現します。これらのコンボポートにより、この完全に管理されたスイッチの柔軟性と適用性が大幅に向上し、一度に1つのコンボポートのみを銅線リンクまたはファイバリンクに使用できます。MLAG、SFLOW、SNMPなどの高度な機能をサポートするこの12ポート10GbE SFP+スイッチは、仮想化、クラウドサービス、およびサーバー間アプリケーションのニーズを満たすことができるため、SMBネットワークの構築に最適です。詳細については、ここをクリックしてください:12ポートSFPマネージドスイッチ

10GbEケーブル接続の選択

ケーブルは、光ケーブルでも銅ケーブルでも、ネットワークケーブル接続に必要なコンポーネントです。光ケーブルとRJ45銅ケーブルは10GbEネットワークで動作します。ネットワークスイッチを選択したら、ファイバケーブルと銅ケーブル用のイーサネット物理インターフェイスも定義します。したがって、左の仕事は信頼できるケーブルを購入することです。ここではまだ例としてFS S5800-8TF12S 12ポートSFP+ 10GbE管理スイッチを取ります。 次のように表示されています。

これらの接続のケーブル接続を以下に示します。

リンク ①: FS S5850-48T4Q 40GスイッチとS5800-8TF12S 10Gスイッチを接続するために10GBASE-T SFP+銅トランシーバが使用されています。

リンク ②: これらの接続では、銅ケーブルを短距離アプリケーションに使用できます(リンクA)。長距離接続が必要な場合は、SFP+コンボ(リンクB)で光ファイバケーブルとSFP光トランシーバを使用できます。1GbEコンボ数は、さまざまなネットワークサービスを柔軟にサポートするのに十分です。

リンク ③: 2つのスイッチ間の接続、SFP+ DACは、短距離用の理想的なソリューションです。100メートル以上離れているスイッチに関しては、10G SFP+モジュールが適しています。

10G NICカード

イーサネットカードとも呼ばれるNICカードは、コンピュータとネットワークを常時接続するために使用されます。これらのカードの価格はベンダーによって異なります。インターネットで検索している場合、ユーザー間で一般的に使用されているNICは、Inter NIC、HP NIC、およびMellanox NICです。彼らは比較的安価で高性能です。

最後の考え

SMBネットワークを構築するのは容易ではありません。スイッチングリフレッシュを計画しているSMBは、新しいスイッチが現在のアプリケーション要件だけでなく将来を保証するインフラストラクチャもサポートできるようにする必要があります。つまり、マネージドスイッチに必要なコストと機能を慎重に検討し、ストレージとサーバーがデータ量を満たすことができるようにする必要があります。

1.5k

おすすめのコンテンツ