https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201910/25/manjpg.jpg

どうやって100Gメトロネットワークを構築しますか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-6-3.jpg

Irving

翻訳者 ともや
2019年10月24日 に投稿された
2020-08-12 18:00:42
199

ご存じの通り、ほぼすべてのメトロネットワークはWDMアーキテクチャに基づいています。ただし、データトラフィックの急激な増加により、ファイバあたり10Gbpsおよび40Gbpsで動作するWDMシステムは飽和状態になりました。この問題を解決するために、メトロ光伝送ネットワークの容量を拡大する費用効果の高い方法として、ファイバあたり100Gbps WDMシステムが導入されました。従って、100Gメトロネットワークは現在活況を呈しています。

100Gメトロネットワークの基本的な知識と魅力

従来の10Gおよび40Gメトロネットワークでは、オペレーターはパッシブおよび固定フィルター技術またはROADM技術を選択して、光ネットワークを展開します。固定フィルターメトロネットワークは、低コストでシンプルなポイントツーポイント接続を提供しますが、柔軟性とスケーラビリティがありません。一方、ROADMベースのメトロネットワークは、初期インストールコストが高いですが、操作が簡単で柔軟な任意の接続を提供します。

10Gおよび40Gメトロネットワークとは異なり、100Gメトロネットワークは主にROADMベースのネットワークと同等の柔軟性とスケーラビリティを備えますが、高価な波長選択スイッチ(WSS)および光フィルターの使用を避け、新しく開発されたコヒーレントパケット光技術を使用します。コヒーレント技術により、100Gメトロネットワークの波長は、任意のスペクトル幅で任意の周波数を中心に任意のサイトから任意のサイトに移動できるため、ネットワークは柔軟で将来性があります。さらに、直接検出技術は、特に80km未満のスパンのDCI接続において、メトロアクセスデータセンター相互接続(DCI)の別のソリューションとしても登場しています。コヒーレントおよび直接検出技術の詳細については、 「100Gメトロデータセンター相互接続(DCI):コヒーレントvs.直接検出」をご覧ください

コヒーレントパケットオプティカル技術を備えた100Gメトロネットワークの主な魅力は次の通りです。

大容量:100Gメトロネットワークはファイバーあたり100Gbpsを提供するため、ネットワークオペレーターはより多くの帯域幅に対する顧客のニーズを満たすことができます。

費用対効果:100Gメトロネットワークのコヒーレント技術は、高度な技術革新により、ビットあたりのコストを継続的に削減できます。

高い競争力:100Gメトロネットワークは、少ないコストで多くの成果を上げ、サービスを迅速に立ち上げる能力により、ネットワークプロバイダーの競争力を高めるのに役立ちます。

100Gメトロネットワークを構築する方法は?

メトロトランスポートネットワークは通常、3つのサブレイヤーに分割できます。そして最後の2つのサブレイヤーは、モバイルネットワーク用のIP RANとPTN、固定ブロードバンドアクセス用のIPパケットルーティング/スイッチングといった異なる技術で伝送機能を提供します。

100G metro network architecture.jpg

図1:100Gメトロトランスポートネットワークサブレイヤー

100Gメトロネットワークで使用される主なデバイス

10Gおよび40Gメトロネットワークと同様に、100Gメトロネットワークは、上記のコアおよびリージョナルレイヤでの100G DWDMモジュールおよび波長合分波モジュール(DWDM)の使用から始まります。さらに、一部のアプリケーションシナリオでは、光増幅器と分散補償モジュールも必要です。次の図は、100Gメトロネットワークコアおよび地域層の1つのノードの概況を示しています。

100G metro network components.jpg

図2:100Gメトロネットワークコアとリージョナルレイヤーの1つのノードの概況

現在、 100G DWDM CFP コヒーレントモジュールは、100Gメトロネットワークで使用される主要なモジュールです。4つのレーザーを使用し、それぞれがDWDMグリッド上で調整可能なのため、最終リンクは4つの25Gb/秒を実現し、各25Gb/秒は個別のシングルモードデュプレックスファイバで伝送します。

DWDM波長合分波モジュール は、既存の10Gおよび40Gチャネルに無制限の共伝搬チャネルを追加し、100Gアップグレードを実行し、最終的にすべてのチャネルを100Gにアップグレードできるプラットフォームを提供するコア技術です。

光増幅器は、ファイバの減衰、光パワーの分割、およびその他の要因によって発生する追加の損失を克服するために使用されます。また、分散補償モジュールは、シンボル間干渉(ISI)の障害を克服するために広く使用されています。

結論

クラウドサービスへの関心の高まり、データ複製によるセキュリティの強化、およびメディア消費量の増加により、100Gメトロオプティカルネットワークは早かれ遅かれ大人気になります。