キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201912/30/20-nic-card-buying-guide-1.png

ネットワークカードの選択方法

Migelle

翻訳者 ともや
2019年12月25日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

特に初めてカードを購入する場合、ネットワークカードを購入するのは複雑な作業です。また、PCIeカード、USBネットワークアダプタなど、市場にあるさまざまな種類のNIC(ネットワークインターフェイスカード)も購入を少し複雑にします。では、ネットワークカードを選択する方法は?以下は、ネットワークインターフェイスカードを購入する前に考慮すべき要素です。

NICカードのバスの種類に注意する

NICカードは、異なるバスインターフェイスに基づいて、PCI、PCI-X、PCIeネットワークカード、およびUSBネットワークアダプタに分類できます。一般に、3つのPCIベースのネットワークカードは、ホストやサーバーなどのデバイスのマザーボードの対応するスロットに適合するために使用されますが、USB(ユニバーサルシリアルバス)ネットワークアダプターは外部バス規格です。

PCIe vs USB adapter .jpg

図1:PCIeネットワークカードとUSBネットワークアダプタ

PCI(ペリフェラルコンポーネントインターコネクト)ネットワークカードは1990年に開発され、32ビット(133MB/秒の送信データ)と64ビット(266MB/秒の送信データ)の固定幅を持っています。しかし、その後、PCIカードは徐々にPCI-Xカードに置き換えられました。PCI-X(拡張ペリフェラルコンポーネントインターコネクト)ネットワークインターフェイスカードは、拡張されたPCIバステクノロジーであり、PCI NICとの下位互換性があります。PCIe(PCI Express)カードは、他のPCIバス仕様とソフトウェア互換性がある最新のインターフェース標準です。そのハードウェアレイアウトは異なります。市場では、x1、x2、x4、x8、およびx16は、PCIeエクスプレスネットワークカードの4つの一般的な物理サイズです (PCIeカードのタイプの詳細をご覧下さい). PCIeのハードウェアメカニズムはPCIおよびPCI-xのハードウェアメカニズムとは異なるため、PCIカードをPCIまたはPCI-Xスロットに挿入することはできません。その逆も同様です(PCI vs PCI-X vs PCIeの詳細をご覧下さい).

PCIおよびPCI-Xカードは古いデバイスでのみ使用されますが、PCIeネットワークカードは市場で最も人気のあるネットワークカードタイプです。新しくリリースされたサーバー、PC、およびその他のホストは、一般にPCIeスロットを使用して設計されています。そのため、長期的にはPCIeネットワークカードの方が適しているようです。

ネットワークアダプターに必要な速度を知る

ネットワークカードの選択方法について混乱している場合は、この要素を無視しないでください。新しいNICカードの速度がネットワーク速度に適合することを確認してください。たとえば、ISPが1Gbの速度しか提供しない場合、 10Gbイーサネットカード で10Gbの速度に到達することは期待できません。現在、ほとんどすべてのネットワークカードは、少なくとも1ギガビットの速度で動作でき、すべてのホームネットワークの要求に対応できます。ただし、より多くのトラフィックを処理するために高速が必要なサーバーで新しいカードを使用する場合は、10Gbおよび25Gbネットワークカード、または40Gbネットワークカードを選択することをお勧めします。

ネットワークカードのポート番号を確認する

一般的に、単一のポートを備えたNICネットワークカードで十分であり、ほとんどの伝送要求を満たします。ただし、複数のポートを備えたNICカードは、サーバーまたはワークステーションがさまざまなタスクを処理するのに最適な選択肢です。たとえば、ネットワークインターフェイスカードの1つのポートを展開してコアデータを配信し、他のポートを通常の信号の送信に使用できます。これにより、ネットワークセキュリティが向上する場合があります。また、マルチポートNICカードはネットワークの冗長性を提供できます。1つのポートが機能しない場合、ユーザーは他のポートを使用してデータを配信できます。

NICがサポートするコネクタタイプを確認する

一部のイーサネットカードはRJ45コネクタを使用して設計されており、一部のファイバネットワークカードはSFP+またはQSFP+ポートを使用しています。また、一部のカードでさえBNC(バヨネットナットコネクタ)を使用できます。

1/10GBASE-TネットワークカードのようなRJ45コネクタを備えたカードの場合、Cat5eやCat6などのイーサネットケーブルを使用してカードを操作する必要があります。図3に接続を示します。10ギガビットイーサネットカードがRS-7188ラックサーバーに接続されています。また、FS S5850-48T4Q 10Gbネットワークスイッチは、Cat6パッチケーブルでデータをサーバーに配信します。

10G adapter connection.jpg

図2:Cat6ケーブルを10GBASE-Tネットワークカードに接続して伝送を実現

ファイバネットワークカードは、通常、図4に示すように、伝送媒体としてシングルモードまたはマルチモードファイバを使用します。40Gb サーバーのNICカード がRS-7188ネットワークサーバーに接続されています。次に、QSFP+ポートを備えたFS S5850-48S6Q 10Gファイバースイッチは、MTP OM4ファイバケーブルを介して40GbレートでRS-7188サーバーに信号を配信します。短距離伝送の場合、MTPケーブルとQSFP+モジュールの代わりに40G DACケーブルを使用してこのリンクを実現できることに注意してください。

40G adapter connection .jpg

図3:40Gbネットワークカードは、MTPファイバケーブルを使用して伝送を達成

BNCコネクタ付きのカードの場合、接続するには同軸ケーブルが必要です。この種のネットワークアダプターは廃止されていることに注意してください。そのため、BNCコネクタ付きのネットワークインターフェイスカードを購入することはお勧めしません。

NICカードがサポートするオペレーティングシステムを知る

さまざまなベンダーのPC、ネットワークサーバー、およびその他のホストは、さまざまなオペレーティングシステム(OS)をサポートしています。たとえば、ネットワークサーバーはWindows Server 2008 R2、Redhat Enterprise Linuxサーバーなどで実行できます。したがって、購入する前に、新しい ネットワークアダプター がデバイスで使用するOSをサポートしていることを確認することが重要です。そうしないと、カードは機能しません。

ネットワークカードから必要な機能を見つける

ネットワークインターフェイスカードの機能がアプリケーションを満足できることを確認してください。インターネットへのアクセスのみを提供する場合は、すべてのNICカードで可能です。ただし、FCoE(イーサネット経由のファイバーチャネル)、iSCSI、またはPCI-SIG実装などの高度な機能をサポートする必要がある場合は、取扱説明書を確認するか、ベンダーに直接依頼して、NICカードが必要な機能をサポートしていることを確認する必要があります。

ネットワークアダプターの購入を決定する際に他の要因を無視してはいけない

ネットワークカードの選択方法を検討する場合、予算は常に重要な要素です。NICカードの価格は、さまざまなモデル、速度、パフォーマンス、およびメーカーで設計されているため、大きく異なります。また、評判の良いベンダーが通常より良いサービスを提供するため、評判の良いソースから購入していることを確認してください。一部のベンダーは、顧客に包括的なサービスを提供できない場合があります。すべての問題を解決するために、プリセールスとアフターセールスをカバーする24時間年中無休のカスタマーサービスとテクニカルサポートを提供するベンダーを選択します。

結論

ネットワークカードの選択方法上記から、購入する前に、実際のネットワーク環境に基づいてバスの種類、伝送速度、ポート番号、コネクタの種類、オペレーティングシステム、機能、ブランド、ネットワークカードの価格要因を考慮することをお勧めします。

1.2k

おすすめのコンテンツ