キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201912/26/10-blog-cover-8.jpg

ネットワークに適した10Gb SFP+スイッチを選択する方法

Charlene

翻訳者 ともや
2019年12月26日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

「8個または12個のSFP+ポートを備え、比較的安価なLayer2/Layer3 10Gbスイッチが必要です。QinQ、MLAG、STP/RSTP/MSTPをサポートする必要があります。助言がありますか?"

現在、上記のような質問は、イーサネットスイッチの要件の増加に伴い、ネットワーク管理者を頻繁に悩ませています。多くの証拠は、価格が下がるにつれて10Gbスイッチの需要が劇的に高まっていることを示しています。特に、データセンターネットワークアップグレードのリーフスイッチとして機能するのが一般的である、より高速なイーサネット速度の10Gb SFP+スイッチです。この記事では、ネットワークに適した10Gb SFP+スイッチを選択する方法を説明します。

10Gb SFP+スイッチが必要な理由

10Gbスイッチを使用すると、混雑時のネットワークの輻輳を回避でき、応答時間を短縮して生産性を向上させ、1Gbスイッチのいくつかの困難を克服しました。10Gbスイッチには10GBASE-Tスイッチと10Gb SFP+ファイバースイッチが含まれていますが、なぜファイバースイッチが必要なのですか? 通常、10Gb SFP+スイッチは10GBASE-Tスイッチよりも消費電力が少なく、レイテンシが低くなっています。

10GBASE-Tスイッチの消費電力は距離に応じてポートあたり1.5-4ワットですが、10GbE SFPスイッチは距離に関係なくポートあたり約0.7ワットを使用します。さらに、10G SFP+スイッチは、1リンクあたり約0.3マイクロ秒の低レイテンシを提供します。10GBASE-Tスイッチのレイテンシは、機器内のより複雑なエンコーディングシステムにより、リンクあたり約2.6マイクロ秒です。10Gb SFP+スイッチは、低消費電力とレイテンシという利点があるため、大規模な高速アプリケーションに適しています。

10Gb-switches.jpg

図1:FS 10Gbスイッチ。

適切な10Gb SFP+スイッチの選択方法はなんですか?

おそらく、さまざまなベンダーのさまざまな構成の市場にある10Gb SFP+スイッチの多くのオプションに混乱するでしょう。ここでは、10Gb SFP+スイッチの購入ガイドを慎重に準備しています。

スイッチポート

考慮すべき最初の要素は、ポートのタイプと番号を含むポートです。多くの場合、10Gスイッチには10G SFP+ポート、RJ45またはSFPコンボポート、およびコンソールポートが付属しています。10G SFP+ポートはアップリンク接続に使用され、コンボポートはネットワークにアクセスするために導入されます。多くの場合、10Gポートの数は8、12、24、または48に付属しています。さらに、8ポートおよび12ポートのSFP+スイッチは、一般に家庭または小規模ビジネスで使用されます。24ポートおよび48ポートのSFP+スイッチは、主にデータセンターまたは大規模なエンタープライズネットワークに導入されます。必要に応じて適切なものを選択できます。詳細については、「イーサネットスイッチのポートタイプについてさらに理解する」を参照してください。

スイッチング容量

スイッチング容量は、スイッチの帯域幅と1秒あたりのパケット転送容量を測定するために使用される重要な指標です。間違いなく速いほど良いです。ただし、ポート密度と10G SFP+スイッチのスイッチング容量の間には特定の関係がないことを知っておく必要があります。スイッチング容量が低く、ポート密度が非常に高いスイッチを使用できます。または、かなり良いスイッチング容量を備えた低ポート密度スイッチを使用できます。したがって、スイッチング容量を検討するときは、単にスイッチのポート番号を調べるだけでなく、詳細情報を注意深く比較する必要があります。

消費電力

10Gbファイバースイッチは10GBASE-Tスイッチよりも消費電力が少なくても、10Gb SFP+スイッチの消費電力はベンダーによって異なります。スイッチとポートの数はどちらも非常に大きいため、これは特にデータセンターのすべてのスイッチマネージャーで考慮する必要がある重要な要素です。一部の10G SFP+スイッチは、独立した過負荷および短絡保護で構成されています。その他の10G SFP+スイッチは、電源ステータスを示すLEDインジケーターを備えています。これらは、操作をより適切に行うのに役立ちます。実際、具体的な消費電力は、データの処理量に大きく依存します。したがって、比較的低い消費電力でニーズに適合するのに十分な10G SFP+スイッチを選択できます。

スイッチ層

通常、10Gb SFP+スイッチはレイヤー2またはレイヤー3で動作します。レイヤー2スイッチは、あるポートから別のポートにのみパケットをスイッチングできますが、レイヤー3スイッチは、スイッチングとルーティングの両方が可能です。したがって、レイヤー2スイッチは小規模ネットワークにとって安価で簡単なソリューションですが、大規模ネットワークにはより多くの機能を備えたレイヤー3スイッチがより適切な選択肢であり、帯域幅を失うことなくエンタープライズネットワークをセグメント化および制御できます。ええと、常により高度なスイッチが適しているとは限りませんが、特定のアプリケーションに最も適したスイッチを選択する必要があります。

関数

この要素は、さまざまなタイプの10Gb SFP+スイッチのハイライトを意味します。SFP+スイッチは、MLAG、IPv4/IPv6、VXLAN、NVGRE、SNMP、MSTPなどのいくつかの一般的な機能をサポートしており、従来のまたは完全に仮想化されたデータセンターに同等に適合します。ストームコントロールやIGMPスヌーピングなどの一部の高度なセキュリティ機能も利用できます。ブロードキャスト、マルチキャスト、または不明なユニキャストトラフィックを監視して、ネットワークの帯域幅を節約できます。

結論

10Gb SFP+スイッチは、家庭用またはデータセンターネットワークに適したソリューションです。ネットワークに適したスイッチを選択するには、ニーズとアプリケーションを理解し、上記の懸念事項も考慮する必要があります。


3.2k

おすすめのコンテンツ