https://img-en.fs.com/images/solution/best-ethernet-cable.jpg

どうやって最適なイーサネットケーブルを選択して購入しますか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-20-10.jpg

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年11月23日 に投稿された
2020-09-21 06:14:57
325

どうやって最適なイーサネットケーブルを選択して購入しますか?

ネットワークケーブルを購入する際には、よく品質や価格という二つの側面を考慮します。価格は一目瞭然であるため、品質を見極める方法は特に重要です。品質が保証されるイーサネットケーブルは、劣悪なケーブルによって引き起こされる頻繁な買い替えを回避できます。それでは、どうやって最適で高品質のイーサネットケーブルを購入できますか?

実際に、最適なイーサネットケーブルを購入するには、多くの要因を考慮に入れられます。この文章は、高品質のイーサネットケーブルの五つの主な特徴をまとめました。読み終わった後、お気に入りのケーブルを選択してください。

最適なイーサネットケーブルの特徴は何ですか?

最適なイーサネットケーブルを購入する際に、以下の五つの主な特徴は検討する価値があります。

1)高品質のイーサネットケーブルはフルークテストに合格する

フルークテスト(フルークネットワークスが発行)は、イーサネットケーブルの品質を判断する最も権威ある基準と見なされています。ANSI/TIA、ISO/IEC11801などの様々なケーブル規格に応じてイーサネットケーブルの品質をテストできます。このテストには、イーサネットパッチケーブルのパッチコードテストとチャネルテスト、およびバルクネットワークケーブルのパーマネントリンクテストが含まれています。パッチコードテストとチャネルテストの違いは、前者の方がはるかに厳しいことです。そのため、パッチコードテストに合格するケーブルのパフォーマンスもより高いです。

通常、小規模ネットワーク(ホームネットワークなど)の場合、 イーサネットパッチケーブルはチャネルテストに合格すれば良いです。一方、ビッグデータセンターで使用されるパッチケーブル(Cat6またはより高水準のカテゴリなど)は、パッチコードテストに合格する必要があります。しかし、業界ではCat7ケーブルに関する特定のテスト標準がまだないことに注意してください。バルクケーブルに関しては、パーマネントリンクの全長は一般的に90メートル以下です。

フルークテストは多くのベンダーに知られていますが、すべてのベンダーは彼らのネットワークケーブルがフルークテストに合格したと保証できるわけではありません。不良ケーブルの購入を避けるために、イーサネットケーブルの品質を証明するフルークテストレポートを提供できるベンダーからイーサネットケーブルを購入したほうが良いです。以下の図は、FSが提供する Cat6ケーブル のフルークパッチコードテストレポートです。

FS cable cat6 Fluke patch cord testing report

フルークテストの詳細については、次のビデオをご覧ください。


2)高品質のイーサネットケーブルのクロストークが低い

通常、低クロストーク(電磁干渉)のケーブルは常に優れる性能を発揮します。しかし、イーサネットケーブルのクロストークが低いかどうかはどうすればわかるでしょうか?

通常、低クロストーク(電磁干渉)のケーブルは常に優れる性能を発揮します。しかし、イーサネットケーブルのクロストークが低いかどうかはどうすればわかるでしょうか?

twisted pair comparison


シールドケーブルの場合、シールドはクロストークに大きい影響をもたらします。ケーブルのシールド層が多いほど、クロストークが少なくなります。市場で提供されるシールドケーブルには、FTPケーブル(フォイルツイストペアケーブル)とSFTPケーブル(シールドおよびフォイルツイストペアケーブル)という二つの通常タイプがあります。です。FTPケーブルには、個々のツイストワイヤの周りに巻き付けられるシールドの構成した追加の保護層があり、その保護層は隣接する銅ケーブルからのクロストークを低減します。一方、SFTPケーブルには、個々のツイストワイヤを巻くフォイルシールドとケーブル全体を覆う編組スクリーンカバーがあります。

3)高品質のイーサネットケーブルは無酸素銅線を使用する

ケーブル材料、特に銅導体はイーサネットケーブルの価格に最も大きな影響を与えるものです。異なるベンダーによって、製造されたネットワークケーブルの導体のタイプが異なるかもしれません。その中には、銅被覆アルミニウム線と銅線(純銅線、無酸素銅線、裸銅線など)が一番よく使われます。さて、上記の導体の違いは何ですか?どちらを選ぶべきですか?実際、それらの最大の違いは銅の純度であり、銅の純度がまたイーサネットケーブルの品質を決定します。銅の純度が高いほど、信号損失が少なくなります。銅の純度で並べると、上記の導体は無酸素銅線>純銅線>裸銅線>銅被覆アルミニウム線という降順になります。もちろん、純度が高いほど常に価格が高くなるため、これも価格の高い順です。したがって、高性能(信号損失が少ない)を実現するには、最大99.95%の銅純度の無酸素銅線を選択することをお勧めします。ただし、単にコストを節約したい場合は、銅被覆アルミニウム線を選択するのも無難です。

Network cable conductor comparison

4)高品質のイーサネットケーブルは50µm金メッキコネクタを使用する

信号を一定に維持するには、ケーブルプラグのコネクタまたは接点の材料は非常に重要です。周知のように、銀が最高の伝導率を持ち、金と銅、アルミニウム、ニッケルと鉄がそれに続きます。しかし、銀とアルミニウムは非常に酸化しやすいのに対して、金は自然環境ではほとんど酸化されません。このような状況を考えると、金はまさに強力で永続的なインターネット接続を実現する理想的な素材です。金メッキコネクタ付きのイーサネットケーブルを使用すれば、信号を失うことも頻繁にケーブルを交換するのに多くのお金を費やすこともなくなりました。

また、金メッキの厚さ(単位はミクロン)もかなり重要です。通常、低ミクロンのメッキは短時間で摩耗するのに対して、より厚いめっきはずっと長く続きます。厚ければ厚いほど、品質が良くなります。利用可能な最も厚い金メッキは50ミクロンで、これは高速で安定したインターネット接続を維持するための最適な厚さです。

50µm Gold Plated Connector


5)高品質のイーサネットケーブルは難燃性ジャケットを備える

通常、イーサネットケーブルジャケットには、非難燃性ジャケットと難燃性ジャケットの2種類があります。難燃性ケーブルは、新しいエリアへの火の広がりを抵抗できるように設計されていますが、非難燃性ケーブルはそういう役割を備えていません。したがって、安全性のため、難燃性のケーブルを購入した方が良いでしょう。さらに、難燃剤のタイプとクラスも注目に値します。CM、CMR、CMP、LSZHなど、多くの難燃性ケーブルタイプがあります。通常、PVC CMおよびLSZHジャケット付きのイーサネットケーブルは、一般的にパッチケーブル環境で使用されます。空気圧増圧システムにケーブルを配置する必要がある場合は、換気ダクトまたは空気処理機器にCMPケーブル(プレナムケーブル)を使用してください。詳細については、イーサネットケーブルジャケットの定格で確認できます。

pvc cm jacket


最適なイーサネットケーブルの選択に関する結論

この文章を読み終わったら、最適なイーサネットケーブルを選択する時に多くの重要な機能がユーザーにしばしば無視されることがわかるでしょう。ただし、すべてのベンダーの製造したケーブルが上記のすべての特徴を持っているわけではありません。全面的な考慮のために、各ベンダーの価格を比較し、本文で言及されたすべての特徴を持っている ネットワークケーブルを購入 しましょう。

関連記事:

Cat5、Cat5e、およびCat6イーサネットケーブルのクイックビュー

10Gネットワークに適するCat6aケーブルを選択する方法

10GBASE-Tを実行する場合、Cat6 vs Cat6a vs Cat7ケーブルの比較