キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/48-port-poe-switch.png

48ポートPoEスイッチの選択と展開方法

Worton

翻訳者 ともや
2018年8月8日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

48ポートPoEスイッチの選択と展開方法

 われわれが知っているように、PoE(Power over Ethernet)技術は、IPカメラ、IPアクセスポイント、VoIP(Voice over IP)電話などのネットワークデバイスへの接続の需要を満たすために開発されました。 PoE技術は、1つのイーサネットケーブルのみを介してこれらのデバイスにデータ接続と電源供給の両方を提供し、PoEデバイスの展開を大幅に簡素化します。PoEネットワークスイッチ(8ポートギガビットPoEスイッチや24ポートギガビットPoEスイッチなど)は、これらのPoEアプライアンスを接続するためのハードウェアデバイスです。そのうち、48ポートのギガビットPoE管理スイッチは、LAN環境で広く使用されています。次に、PoEアプリケーションに適した48ポートギガビットPoEスイッチの選択方法と48ポートPoEスイッチの導入方法を教えてください。 この記事では、これらの質問に詳細に回答します。

48-port PoE switch


48ポートPoEスイッチを選択する際に考慮すべき点

1.パワーバジェット

 パワーバジェットは、ほとんどのユーザーがPoEスイッチを購入する際に考慮すべき重要な要素です。PoE標準(IEEE802.3af)は、理論的には各ポートで最大15.4WのDC電源を提供し、PoE+標準(IEEE802.3at)はポートあたり最大30Wを提供することができますが、25.5Wしか供給できません リアルタイムでネットワークデバイスに送信します。 しかし、リアルタイムでは、すべてのポートが30Wを必要とするわけではありません。 ほとんどが15Wの範囲を下回っています。したがって、各ポートの最大電力とPoEをサポートするスイッチのポート数を考慮して、デバイスが十分な電力を確保できるようにする必要があります。

2.音響ノイズ

 PoEスイッチファンによるノイズは、多くのユーザーにとって問題となります。 8ポートPoEスイッチのようなファンレスPoEスイッチがありますが、その容量はユーザーの要求を満たすことができません。PoEスイッチのノイズは非常に邪魔ですが、多くの人が高密度の48ポートPoEスイッチをオフィスや家庭で使用したいと考えています。したがって、PoEスイッチによって引き起こされるノイズの程度も、多くのユーザが気にかけているパラメータである。

3.コスト

 48ポートPoEスイッチの価格は、常にユーザーが気にする話題です。 多様なブランドのPoEスイッチをオンラインで提供する様々な販売業者が存在するため、48ポートスイッチの価格も変更可能です。たとえば、Cisco 48ポートPoEスイッチの価格は2666ドル、48ポートのHP PoEギガビットスイッチ(J9853A)は4789ドルです。 FS.COMの48ポートPoEギガビットスイッチの価格は689ドルですが、これらの異なる価格により、ユーザーはネットワークに適したものを選択する選択肢が増えます。

4.メーカーまたは保証

 コストと同様、PoEスイッチを製造できるメーカーが多数存在します。 そして彼らはスイッチを売っている多くの小さな代理店を持っています。 スイッチの価格は低いかもしれませんが、スイッチの保証は保証されません。 ほぼすべてのブランドメーカーは、生涯サポートが正規の販売者に限定されていると主張しています。したがって、必要な48ポートPoEスイッチを選択する場合は、販売者が信頼できるものであることを確認してください。

48ポートギガビット PoE管理スイッチの導入

48ポートPoEスイッチのアクセスレイヤへの展開

 48ポートギガビットPoEスイッチは、アクセスレイヤーで使用すると、複数のPoEおよび非PoEネットワークデバイスをサポートできます。 SMBには、互いに100メートル離れた2つのオフィスビルがあり、各建物にはサーバーラックがあるとします。 最初のオフィスには20台のVoIP電話機、10台のIPカメラ、10台のIPアクセスポイント、40台のコンピュータがあり、2台目の建物には2倍のデバイスが搭載されています。ここでは、48ポートのPoEスイッチだけでなく、アクセスレイヤの一部のイーサネットスイッチも必要となります。

48 port switch price


48ポートPoEスイッチをコアスイッチとして導入する

 中小規模のネットワークでは、48ポートのギガビットPoE L2+スイッチをコアエリアに配置することもできます。 リンクアグリゲーションを実装することにより、コアスイッチとアクセススイッチの間に集約された高帯域幅リンクを確立することができ、異なるアクセススイッチによって接続されている豊富なエンドクライアントはブロッキングなしで通信できます。 10Gファイバポートを搭載した48ポートギガビットPoEスイッチの場合、コアスイッチとアクセススイッチの間で10Gファイバアップリンクポートを使用して4x10Gアグリゲーションを行うだけでなく、コアスイッチとギガビットアクセススイッチの間で4x1000Mbpsアグリゲーションを実行できます。

人気の高い48ポートPoEスイッチの推奨事項

 適切な48ポートPoEスイッチを選択する上で説明したすべての要因をさらに詳しく説明するため、市場で人気のある48ポートPoEスイッチを簡単に比較します。

スイッチ ポート スイッチング容量 消費電力 音響ノイズ 価格
Cisco SG500X-48P 1000Mb/100Mb/10Mb 48 RJ45ポート & 4 SFP+ポート 176Gbps 462W(220V) 30°C=40.9dB
40°C=54.2dB
$2,666
HP J9853A 10/100/1000Mb 48 RJ45 ポート & 2 10G SFP+ポート 136Gbps 439W 36.4dB $4,789
FS.COM S1600-48T4S 48x RJ-45自動検出10/100/1000Mbポート & 4 10G SFP+ポート 180Gbps 600W < 50dB/td> $689
Ubiquiti ES-48-750W 48ギガビットRJ45ポート & 2 SFP+ポート 140Gbps 750W 情報なし $919

 このチャートから、48ポートPoEスイッチの容量と価格はベンダーごとに異なることがわかります。これとは対照的に、FS.COM S1600-48T4S PoEスイッチは、大容量アップリンク用に4つのSFP+ポートを備えているため、高性能ストレージサーバーに直接接続したり、長距離アップリンクを別のスイッチに展開することができます。 その価格は、これらのPoEスイッチの間のもう1つの大きな利点です。シスコとHPの48ポートPoEスイッチは、ユーザーに比較的高いコストをかけなければならないが、ユーザーが音響ノイズの厳しい要件を満たしている場合には適している。

概要

 48ポートのギガビットPoE管理スイッチは、機能性が高く、管理機能が簡単なため、アクセスレイヤーとコアレイヤーの両方でLANアプリケーションに適しています。消費電力、音響ノイズ、メーカーは、PoEスイッチを選択する際にユーザーが検討すべきものです。 データセンターやエンタープライズネットワーク向けのネットワークソリューションが提供できるFS.COMのような信頼できるメーカーを選ぶことも重要です。


796

おすすめのコンテンツ