キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

適切なアクセスレイヤースイッチの選択方法

Howard

翻訳者 ともや
2020年1月10日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

 階層型ネットワーク設計では、エンタープライズLANネットワークは、アクセスレイヤー、ディストリビューションレイヤー、コアレイヤーを含む3つの独立したレイヤーに分割されます。各レイヤーでは、エンタープライズスイッチが分類されます。その中で、アクセススイッチは、ローカルエンドユーザーがネットワークにアクセスできる重要な部分です。この記事では、アクセススイッチとは何か、企業に適したアクセスレイヤースイッチを選択する方法について説明します。

Access layer.jpg

図1:アクセス層の図

アクセスレイヤースイッチの機能

 階層型インターネットワーキングモデルの最下層であるアクセス層は、デスクトップ層とも呼ばれます。これは、エンドユーザーまたはPC、プリンター、ワイヤレスアクセスポイントなどのエンドノードをネットワークに接続する役割を果たします。アクセスレイヤーは、エンドデバイスがどこに配置されているかに関係なく、エンドデバイスの継続的なネットワーク接続を容易にするためのものです。一方、アクセス層の設計では、上位層の接続を考慮する必要があります。アクセスレイヤーは、ネットワークの最初の防御線と同様に、最初のレイヤーとしてセキュリティを確保する必要があります。

 アクセススイッチは、アクセスレイヤーの物理エンティティとして、ディストリビューションレイヤースイッチとエンドデバイスの両方に接続し、パケットが確実にエンドデバイスに配信されるようにします。エンドユーザーと上位ディストリビューションレイヤーおよびコアレイヤーの永続的な接続を確保することを除いて、アクセススイッチは、ネットワーク管理の簡素化、さまざまなネットワーク環境に応じたセキュリティサービスやその他の特定の機能の提供など、アクセスレイヤーの要件を満たすことが期待されます。

企業向けのアクセスレイヤースイッチを選択する際に考慮すべき要素

 アクセスレイヤースイッチを選択する場合、次のように考慮すべき多くの点があります。

ポート密度

 ポート密度は、単一のスイッチで使用可能なポートの数を指します。アクセスレイヤースイッチは、多数のエンドユーザーやデバイスに接続されているため、高いポート密度をサポートする必要があります。アクセスレイヤーに接続するために必要なデバイスの数を検討し、アクセスレイヤーに必要なスイッチポート番号の数を決定することが重要です。

ポート速度

 アクセススイッチのポート速度は、エンドユーザーにとって最も重要な問題です。ほとんどのアクセススイッチには10/100/1000Mbpsポートが付属しています。ファストイーサネットとギガビットイーサネットのどちらを使用するかは、ネットワークの特定の要件によって異なります。ファストイーサネットは、ほとんどの中小規模のエンタープライズネットワークでのIPテレフォニーとデータトラフィックには十分ですが、そのパフォーマンスはギガビットスイッチよりもはるかに低くなります。さらに、必要な帯域幅がディストリビューションレイヤースイッチで利用可能な最大帯域幅よりも大きいときにアップリンクポートがオーバーサブスクライブされる場合に備えて、高帯域幅のアップリンクポートを選択することが非常に重要です。したがって、必要に応じて適切なポート密度とタイプのアクセスレイヤースイッチを選択することをお勧めします。

安全保障

 アクセスレイヤーはネットワークエッジであるため、セキュリティの防御に重要な役割を果たします。LANを保護するには、802.1xなどのアクセス制御サービスをアクセスレイヤースイッチでサポートする必要があります。さらに、アクセススイッチは、VLANを介したトラフィックのセグメンテーションをサポートする必要があります。攻撃からのセキュリティを防ぐために、IPソースガード、DoS保護、およびその他の技術も提供する必要があります。

スケーラビリティ

 エンタープライズネットワークのユーザー数は時間の経過とともに変化するため、将来ネットワークで必要になるユーザー数を考慮することが不可欠です。ネットワーク設計は、選択したアクセススイッチが時間の経過とともにスムーズにネットワークをアップグレードする機会を提供できるように、今後3?5年のエンタープライズ環境の要件を満たす必要があります。FS S3900シリーズスタッカブルスイッチなどのスタッカブルスイッチは、将来の使用に備えてスケーラビリティを高めるための優れた選択肢です。ネットワーク管理者は、いつでもこれらのギガビットスイッチをスタックして、ネットワークサイズが大きくなったときに接続デバイスの数を増やすことができます。

シンプルな導入と管理

 高密度アクセスネットワーク環境では、ネットワークの導入と多数のエンドデバイスの管理の簡素化を検討することが重要です。したがって、アクセススイッチは迅速に展開でき、ネットワーク管理者にとって管理が容易でなければなりません。PoEテクノロジーは通常、アクセスレイヤースイッチがワイヤレスAPやセキュリティカメラなどのエンドデバイスに電力を供給できるようにするためのより簡単な導入のオプションとして提供され、アクセスレイヤー内の多数のデバイスへの導入を簡素化します。FS ギガビットPoE+スイッチ は、より効率的なインストールと管理のためにサポートされているWeb GUIやCLIなどの多くの管理モードにより、簡単な管理とメンテナンスを提供します。

費用

 コストは、アクセスレイヤースイッチを選択する上で重要な機能です。スイッチのコストは、ポート番号、ブランドなど、多くの機能に依存します。アクセススイッチが複数のエンドデバイスに接続し、エンドユーザー環境でのデバイスのパッチ適用が高いという事実により、アクセスレイヤースイッチのコストは可能な限り低くなると予想されます。

 全体として、アクセススイッチは、シンプルさ、信頼性、およびセキュリティを備えた機能を備えています。アクセスレイヤーの要件に適合するアクセスレイヤースイッチを選択するときは、上記の要因に基づいて2度検討してください。

1.4k

おすすめのコンテンツ