https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

MTP/MPOケーブルの品質を区別する方法について

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年3月3日 に投稿された
2020-08-08 11:29:39
138

MTP/MPOケーブルですが、現在は高速、高密度アプリケーションおよび大規模なデータセンターで広く使用されています。その品質は、ネットワーク全体の安定性と持続可能性を決定しますので、MTPケーブルの品質は特に重要だと考えられます。ただし、MTPケーブルの品質を確認するにはどうすればよいですか? 考慮すべき要素は何ですか? それでは、この記事に詳しくご案内いたします。

高品質のMTP/MPOケーブルを区別する要素

最適なMTPケーブルを購入するには、多くの要因を考慮することができます。下記に高品質のMTPケーブルに必要な5つの主なポイントを示します。

1)最適なパフォーマンスを確保するにはブランドの光ファイバコアを選択します。

MTP/MPOネットワークは通常、電気通信分配ボックス、データセンターキャビネットなどの狭いスペースに配置されます。この場合、光ファイバコアは小さな角度で曲げられます。もし不良な光ファイバコアが小さな角度で曲げられている場合、通常は信号が失われ、伝送が中断される可能性があります。一般的に、Corning ClearCurveファイバなどのブランドの光ファイバコアは、曲げ性能を大幅に向上させ、信号損失を最小限に抑え、より高速で効率的なケーブルの配置と配線を可能にします。したがって、ブランド化された光ファイバコアを備えたMTPケーブルは非常に重要です。

Figure 1 MTPMPO cable with Corning fiber core.png

2)業界で認められているMTPコネクタが非常に重要です。

MTP/MPO光ファイバコネクタは、12、24、または72本のファイバをフェルールにパッケージしてファイバ密度を高めることができます。そのため、スペースに制約のあるデータセンターで非常に人気があります。 US ConecやSenkoコネクタなどの業界で認められたMTPコネクタは、メス側とオス側の正確な位置合わせを実現する為、挿入損失と反射減衰量を削減されることもできます。これは、 数百回の嵌合サイクルに耐える耐久性のある頑丈な構造です。コネクタとワイヤの接続には、丸い多芯ケーブルを使用しており、MTPコネクタポートのどの方向からでもルーティングして機械的に負荷をかけるができる為、ケーブルの取り付けが簡単になります。したがって、最高のMTPケーブルを購入するには、業界で認められているMTPコネクタも重要です。

Figure 2 MTPMPO cable uses brand connectors.png

3)低い挿入損失が重要な要素です。

挿入損失(IL)は、コネクタまたはプラグの挿入によって引き起こされるリンクの有効光パワーの損失を指します。これは、光ファイバネットワークのパフォーマンスに影響を与える重要な要素の1つです。挿入損失が小さいほど、ネットワークパフォーマンスは向上します。従来のマルチモードMTPフェルールのILは一般に0.6 dBを超えてはならず、従来のシングルモードMTPフェルールは一般に0.75 dBを超えてはなりません。挿入損失が低い(高品質)シングルモードおよびマルチモードMTPの場合、一般に挿入損失が0.35 dBを超えないように要求されています。 MTPケーブルを選択する場合、挿入損失テストレポートを提供するベンダーを選択することをお勧めいたします。

4)難燃性レベルを考慮する必要があります。

MTPケーブルの外皮は、さまざまな材料で構成でき、さまざまな耐火性があり、さまざまなシナリオに適しています。これらの材料は、PE、PVC、LSZH、プレナム、ライザーなどに分かれております。その中で、ほとんどが優れた難燃性を備えています。もし設置環境に対してより高い要件がある場合、例えば吊り天井や上げ床など、高い難燃性レベルを選択することをお勧めいたします。これにより、火災が発生した時に燃やしたり、煙を吸ったりするのが容易ではなくなります。次の表は、さまざまな外皮材料の難燃性レベルを判断する方法と用途のシナリオを示しています。

MTP/MPO NECレーティング 難燃性レベル アプリケーションシナリオ 代替品
OFNP ランク1位(最高) 水平配線エリアと通気環境
(輸送パイプ、空気処理システムなど)
より低い定格のケーブルに
置き換えることはできない
OFNR ランク2位(中レベル) 垂直配線エリア(入口機器またはコンピューター
ルームと異なるフロアの通信キャビネット間の接続)
OFNP
OFNG/OFN ランク3位(最低) 公共エリア OFNP、OFNR

MTPケーブルを購入する時に、ケーブルの外皮に難燃性レベルが表示され直接確認できます。次に、 光ファイバケーブルの外皮と耐火性に基づく実際の使用環境に応じて、最適なMTPケーブルを選択できます。

5)厳密な光ファイバケーブルテストを行う必要があります。

  • 良好なMTPケーブルが端面検査に合格

多くの光ファイバコネクタが認定されているか、さらには高性能であることを保証するために、国際電気標準会議(IEC)はIEC 61300-3-35の規格を定めています。この規格は、接続前のコネクタの端面品質の合否要件を規定しています。コネクタの端面は、コア、クラッド、接着剤、接点という4つの部分に分かれています。接続内部の各部分に傷や欠陥に対する要件もあります。 引っかき傷は、永久的な線形表面の特徴を表しています。欠陥には、粒子、その他の破片、ピット、チップ、エッジチッピングなど、ファイバ上で検出可能なすべての非線形フィーチャが含まれます。端面がきれいであればあるほど、ケーブル品質は良くなります。したがって、最良のMTPケーブルを購入するには、弊社のMTPケーブルのように、端面検査に合格したものを選択する必要があります。

ゾーン 引っかき傷 欠陥
A: コア なし なし
B:クラッド 制限なし≤3μm; なし> 3μm 制限なし
C:接着剤 制限なし 制限なし
D:接点 制限なし なし≥10μm


  • 良好なMTPケーブルが3D干渉計テストに合格

光ファイバ接続の成功は、物理的な光ファイバ接続の品質に依存します。この物理的な接続は、コネクタ自体の端面の形状によって異なります。このジオメトリが厳密に制御されていないと、ネットワークは長期間にわたって確実に接続できません。「3D」テストでは、コネクターの技術パラメーターを次のように指定します:

3D.png

アイテム 必要条件
フェルールX角度(SX) -0.2~0.2° (PCおよびAPC)
フェルールY角度(SY) ±0.2°
フェルールX半径(RX) ≥2000 mm
フェルールY半径(RY) ≥5 mm
ファイバ曲率半径(RF) ≥1 mm
ファイバの高さ(H) 1000~3000 nm
最大ファイバ高さの差(HA) 500 nm
最大隣接高さの差(HB) 300 nm
共面性 ≤2000 nm
コアディップ -100nm~+200 nm

もしジオメトリが要件を満たせない場合、システム接続障害の大きなリスクがあります。したがって、3D干渉計テストに合格したMTP/MPOケーブルを選択することが非常に重要です。

MTPケーブルのご購入に関するアドバイス

要約すると、MTPケーブルをご購入する前に多くの要素を考慮する必要があります。 現在、多くのベンダーがMTP接続用のケーブルを提供しています。ただし、すべてのケーブルが品質保証されているわけではありません。最適のMTPケーブルを入手するには、上記のすべての基準に適合するケーブルをご選択ください。