キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/patch-panel-vs-switch.png

どのようにパッチパネルとスイッチをインストールするのですか?

Moris

翻訳者 ともや
2019年5月3日 に投稿された

 パッチパネルとイーサネットスイッチは、データセンター内のすべてのデバイスを接続するために一般的に使用されています。これらは通常、関連機能を実行するためにサーバーラックにインストールされます。多くの人々は、自分の電気通信室にパッチパネルおよびスイッチを設置することに悩まされており、そしてパッチパネル上のケーブルスパゲッティを切り替えることは頭がおかしいと感じられます。実際には、理想的なケーブルマネジメントはこの厄介な状況に対処することができます。これにより、適切に設計された構造化ケーブルシステムが配備されています。

パッチパネルとスイッチ

 物理的な外観からは、パッチパネル(商品例)とスイッチはラック内のソケットの列として表示されるという点で似ています。実際、パッチパネルは1列のポートを持つパッシブデバイスです。これは、ケーブルの管理で複数のネットワークポートを束ねて入力ケーブルと出力ケーブルを接続するために使用されます。パッチパネル内の個々のケーブル配線にラベルを付ける機能により、信号の流れを識別し、技術的な問題をトラブルシューティングするための明確で体系的な方法が生まれます。さらに、パッチパネルは、ケーブルの複数の抜き差しによるスイッチポートの損傷を防ぎます。

 一方、ネットワークスイッチ(商品例)には多数のイーサネットポートがありますが、パケット交換を使用してデータを受信、処理、および宛先デバイスに転送することによって、コンピュータネットワーク上でデバイスを接続するアクティブデバイスです。構造化ケーブルの場合は、スイッチポートをパッチパネルのポートと接続して、イーサネットデバイスをネットワーク化することができます。

パッチパネルとスイッチの設置手順

 パッチパネルとスイッチを取り付けるときは、圧着ペンチ、ケーブルテスター、フィリップスドライバー、ストレートドライバー、およびモジュールパンチツールが必要です。以下は参照用の主要なステップです。

事前準備

 スイッチとパッチパネルを取り付ける前に、ユーザーがパッチパネルとスイッチに使用できるラックユニットの数を決定できるように、ラックの高さとレイアウトを考慮する必要があります。そして、異なるタイプの光ファイバケーブルを混在させることができないため、取り付けたケーブルと光ケーブルが一致していることを確認します。

 次に、パッチパネル、アクセサリ(光ケーブルラック、ケーブルループ、スイッチなどを含む)が揃っているかどうかを確認し、それらの配置場所を確定します。事前に計画を立てるには、図面を使用する方がよいでしょう。一般に、パッチパネルでは3つのラックの支柱に取り付けられる場所がありますが、これはケーブルによって異なります。


  • 接地ソケットを使用する場合、ケーブルは通常、ラックの底部からラックの内部に入ります。そのため、パッチパネルはラックの下部に設置する必要があります。

  • ブリッジソケットを使用する場合、ケーブルはラックの上部から通過します。そして、パッチパネルはラックの上部に設置する必要があります。

  • ケーブルが横からラックに入る場合、パッチパネルはラックの中央に設置する必要があります。

設置

  • パッチパネルの引き出しを上向きにして、手前に引き出します。その後、適切な小ねじを使用して、パッチパネルアセンブリをラックに取り付けるようにします。

  • 必要な長さの光パッチケーブルを準備しておき、各ケーブルを適切なポートにカットしてから、ストラップを使用してケーブルを固定します。

  • どのスイッチポートがどのパッチパネルポートに接続されているかをマップします。(電源ケーブルの配線方法を検討する必要があります。)

  • パッチパネルを取り付け、ワイヤリングクローゼットのラックマウント型フロアスタンドに切り替えます。

  • 準備されたケーブルを配線して、それぞれスイッチポートとパッチパネルポートを接続します。

  • 水平方向と垂直方向のケーブル管理、およびベルクロケーブルタイを取り付けて、将来アクセスしやすいようにケーブルを束ねます。

  • 識別しやすいために、両端の同じタグで各ケーブルにラベルを付けます。

検証

 最後のステップは、すべてが安全な場所にあることを確認するために目視検査を行うことです。安全が第一であるため、このステップは無視できません。

パッチパネルからスイッチへのケーブル管理

水平ケーブル管理

 水平ケーブル管理を使用して、パッチパネルとスイッチ間のパッチケーブルの経路をサポートできます。水平型ケーブル管理パネルには、レーシングバー、Dリング、フィンガーダクト、ブラシストリップ、エンドリングなど、さまざまな用途に適したスタイルがあります。ケーブルを効率的に簡素化するためにランダムに組み立てることができます。次のビデオは、乱雑なラックを整頓して清掃するためのエンドリングマネージャを備えた1U水平ケーブルマネージャを示しています。


垂直ケーブル管理

 垂直ケーブル管理は、今日のケーブル配線の要求にも対応しています。パッチパネルとスイッチの間には、3インチシングルDリング垂直ケーブルマネージャと、曲げ半径フィンガ付き3インチ幅プラスチック垂直ケーブルマネージャが最も一般的に使用されます。それらはケーブルに適切な曲げ半径のサポートを提供するのを助けます。結束バンドが付属しているので、ユーザーはきちんと整理されたケーブルシステムを利用できます。

ケーブルタイ & ケーブルラベル

 ケーブルタイとケーブルラベリングも設置を効率化するのに役立ちます。ネットワークシステムが構築されると、大量のケーブルがラックに組み込まれ、機器と一緒に移動する必要がある場所に配線されます。マジックテープの結束バンドは、ケーブルをまとめるための最も一般的な道具です。その一方で、ケーブルラベルは、効率の向上、無駄の排除、安全性の向上、および一般的にすべての作業の円滑化に役立つ、さまざまな利点を施設に提供できます。

結論

 パッチパネルとスイッチにより、追跡可能なアクセスポイントの拡張が可能になり、堅牢で信頼性の高い管理ソリューションが提供されます。したがって、パッチパネルとスイッチの適切な設置は、ケーブル管理全体において決定的な役割を果たします。パッチパネルからスイッチまで、ケーブルを保護しサポートするための包括的なケーブル管理ツールが使用されています。詳細については、www.fs.com/jp/をご覧ください。

 関連記事: 24ポートパッチパネルを備えた小規模LANのケーブル管理

10.3k

おすすめのコンテンツ