キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202003/04/17-blog2-7.jpg

25GbEスイッチ:次世代ネットワークを構築

注目商品:25G対応スイッチングハブ・光トランシーバ

ともや

翻訳者 ともや
2021年1月21日 に投稿された


 広帯域化のニーズが急増している中、10GbEはそろそろ天井を打ち、次世代ネットワークの需要を満たせなくなると予想されます。それに対して、高密度環境に適応し、コストの低減、低消費電力などの面において、25GbEのほうが理想的だと考えられます。近年から、25Gネットワークスイッチが人気を集めている原因もそこにあると思われます。では、25GbEは本当に10GbEの代わりに次代を担うでしょうか。


技術革新に伴う25GbEの発展

ODCCサミット(北京で開かれるOpen Data Center Committeeサミット)で演説を行ったMellanox(メラノックス、2019年Nvidiaによる買収が完了)社は「これからは25Gの時代」だとそう主張しました。2021年の現在、25G関連技術・製品の活用は5Gネットワークの普及によって拍車をかけられています。

データセンターの急成長

 データセンターのトポロジー・アップグレードに駆動される25GbEの技術革新は目に見えないところで進んでいます。クラウドコンピューティングに取り組む数多くの大手企業(Amazon、Facebook、Google、Microsoftなど)はすでにデータセンターの100G化を完了したのですが。サービスを利用している、あるいは、接続している端末の需要はとっくに10GbEの供給能力を超えました。特に、接続する端末が急増しているという状況下、広い帯域幅が備わった25GbEが必要とされます。サーバーとToRスイッチ間の25G接続を構築することで、スループットを前より2.5倍増加させることが可能です。

blog1.jpg

5Gという波に乗る

5Gネットワークの構成にはフロントホール、ミドルホール、バックホールという3つの部分が存在します。それぞれの機能と役割に応じて、異なる規格のトランシーバーが必要です。例えば、25G トランシーバーはフロントホールの接続に適合します。特に25G SFP28 SR4と25G SFP28 LR4、Point-to-Point接続に用いられることが多いです。また、5Gの普及につれ、IoTや人工知能の活用がトレンドとなりつつあります。いずれも広い範囲かつ大容量が必須となります。解決策として、長距離伝送用25G BiDiトランシーバーは挙げられました。

10G vs 25G

10Gから25Gネットワークへの移行は5G普及の手助けをすると考えられます。10Gと比べて、25Gのメリットは下記に示すように:

1、10GbEより、25GbEのパフォーマンスが2.5倍向上しました。SFP28はSFP+と同じフォームファクターを持ちますが。同じポート密度の場合、25Gネットワーク・スイッチは10Gより2.5倍の帯域幅を提供します。

2、10GbEの消費電力に相等する場合、25GbEのほうがより広い帯域幅を提供することが可能です。

3、25GbE値段は10GbEとほぼ同じ

4、技術革新による25GbEのパフォーマンス向上

 社会発展とともに、データセンター、ワイヤレス・ネットワーク、アクセス・ネットワーク、トランスミッション光通信における25Gトランシーバーの活用は著しく増えると予想されます。


10Gから25Gネットワークに移行する必要性

25Gが主流となる理由として以下の点が挙げられます。

需要に応じるデータセンターの移行

25GbEへの移行を実行することで、運用経費(OpEx)と設備投資(CapEx)の節約をすることができます。新たなネットワーク関連製品やラックを購入せずに、現存のインフラ施設を利用して済みます。データセンターやクラウド・コンピューティングにおける100/400G技術の導入に合わせて、25GbEの方が適切だと思われます。

5G フロントホールに必要な構成要素

10GbEだけでは5Gネットワークに対応できなくなります。より広い帯域幅・早い通信速度が必要とされる現在において、25Gないしは、それ以上のネットワーク製品が求められています。

高い対費用効果

25GbE市場に参入する企業の急増に連れて、25G関連製品(光トランシーバーなど)の値段が下がることは事実です。高性能を示す25Gが次代を担い、新たなトレントとなるこそ、時代の流れと呼べるではないでしょうか。

521

おすすめのコンテンツ