https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

ルーズチューブ250um光ファイバケーブルとタイトバッファード900um光ファイバケーブル

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-13-10.jpg

Vincent

翻訳者 ともや
2020年4月9日 に投稿された
2020-08-08 23:42:15
96

ルーズチューブ250um光ファイバケーブルとタイトバッファード900um光ファイバケーブルは、2種類の光ファイバです。どちらも同じ250um裸ファイバを備え、同じサイズのファイバコアを備えていますが、それらの違いは依然として存在します。ケーブルの構造、機能、短所、長所などにあり、さまざまなアプリケーションをもたらします。この記事では、2つの異なるタイプの光ファイバケーブルについて説明します。

250umルーズチューブファイバと900umタイトバッファーファイバの比較

ルーズチューブ構造の設計の場合、ファイバはらせん状にセミリジッドチューブに配置され、ファイバ自体を伸ばすことなくケーブルを延長できます。250umルーズチューブファイバまたは250umベアファイバには、ファイバコア、125umクラッド、250umコーティング(ソフトプラスチック)が含まれています。 250umルーズチューブ光ファイバケーブルでは、含まれる芯数は通常6〜144です。6芯ケーブルタイプを除いて、ファイバは通常最大密度のために12のセットにグループ化されます。

Tight-buffered-900um-Fiber-vs-Loose-tube-250um-Fiber.jpg

以前のルーズチューブファイバタイプとは異なり、900umタイトバッファーファイバは、250umファイバの上にハードプラスチックの層を追加して保護します。900umタイトバッファファイバには、ファイバコアと125umクラッドが含まれていますが、250umコーティングはソフトプラスチック用で、900umタイトバッファはハードプラスチック用です。2層コーティング—プラスチック製で防水性のあるアクリレートは、ファイバから湿気を遠ざけ、水中で曲げられたり圧縮されたりしたときにコアが露出するのを防ぎます。内部芯数は2〜144の範囲で、より大きな芯数は、 タイトバッファード900um光ファイバケーブル内の6または12芯のファイバサブユニットを特徴としています。

これらの2つのタイプのファイバのパラメーターを比較する仕様表を以下に示します。


ルーズチューブ250umファイバ タイトバッファード900umファイバ
コア I9um、SMF; 50umまたは62.5um、MMF 9um、SMF; 50umまたは62.5um、MMF
クラッド 125um 125um
コーティング 軟質プラスチック:250um 軟質プラスチック:250um
タイトバッファー / 硬質プラスチック:900um

ルーズチューブ250um光ファイバケーブルとタイトバッファー900um光ファイバケーブルから選択する方法は何ですか?

上記の2つのファイバタイプは、ルースチューブ250um光ファイバケーブルとタイトバッファード900um光ファイバケーブルの形式であり、さまざまな機能のためにさまざまな状況で適用されます。

ルーズチューブ250um光ファイバケーブル タイトバッファード900um光ファイバケーブル

高密度

低収縮、高引張強度

機械力抵抗

耐湿性

UV保護

極端な温度耐性

難燃性LSZHポリマー

システムパフォーマンスを向上

高い柔軟性

高い引張強さ

優れた機械性能と温度性能

止水

抗紫外線性能

高い生存性基準

ガラス糸強度メンバー

終了のしやすさ

タイトバッファード900um光ファイバケーブルは、屋内アプリケーションに最適です。ルーズチューブのケーブルよりも頑丈な性質を備えたタイトバッファケーブルは、中程度の長さのLAN/WAN接続や長い屋内での使用、さらには直接埋設にも利用できます。以下はタイトバッファー900um光ファイバケーブルが屋内環境に最適である理由を説明致します。


  • ゲルの必要性なし—屋内アプリケーションでは保護ジェルを使用する必要がないため、建物のライザーを介して垂直に設置するのに適しています。

  • 柔軟性-硬い強度の部材は不要で、ケーブルをより柔軟にします。さらに、「ファイバの軸方向移動」の問題を心配せずに、複数の曲げの周りに引っ張ったり、垂直に掛けたりすることができます。

  • イージースプライシング-900umジャケットにより、各コアの取り扱いが容易になり、同時に250umよりも壊れにくくなっています。クリーンアップするための乱雑なジェルはなく、スプライシングまたはターミネーション要件のファンアウトキットはありません。コネクタを直接各ファイバに圧着します。

  • 特に過酷な環境向けに設計されたルーズチューブ250um光ファイバケーブルは、屋外の外装用途で広く受け入れられています。これは、ルーズチューブ光ファイバケーブルは、タイトバッファーよりも引張強度が高く、温度変化や高湿度環境に適しているためです。ただし、過剰なケーブルのひずみにより、ファイバがゲルから出てきます。ケーブルを複数の曲げ部の周りに配線する必要がある場合、これは適切な選択とはならない場合があります。ルーズチューブ250um光ファイバケーブルの屋外用途を説明する理由は次のとおりです。


    • 耐水性—ゲル入りのチューブと水膨潤テープを利用することにより、ケーブルは水の浸透と移動に対する最大限の保護を提供できます。

    • 耐紫外線性—アウタージャケットにはカーボンブラックが含まれており、直射日光への曝露を伴うアプリケーションにUV保護を提供します。

    • 機械的耐性-追加の堅牢性を提供するために、装甲層を提供できます。

    • ダクトスペース-ケーブルの構造により、ルーズチューブケーブルはタイトバッファードケーブルのほぼ半分のサイズであるため、タイトバッファードケーブルよりもダクトスペースが少なくて済み、特に芯数が多い場合は、全体の設置コストが低くなります。

    • 簡単な概要

      ルーズチューブ250um光ファイバケーブルとタイトバッファード900um光ファイバケーブルの構造の違いを明らかにした後、これらの2種類の光ファイバケーブルの用途は、その違いに基づいています。したがって、インストールする前に、特定の展開に必要な光ファイバケーブルの種類を確認してください。