キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/network-switch.jpg

マネージドスイッチ、スマートスイッチ、アンマネージドスイッチ、どっちを選ぶ?

Worton

翻訳者 ともや
2018年8月14日 に投稿された


マネージドスイッチとは

マネージドスイッチは、通常、ネットワークに最も包括的な機能を提供します。マネージドスイッチ、VLAN、CLI、SNMP、IPルーティング、QoSなどの多様で豊富な機能のため、ネットワークのコア層、特に大規模で複雑なデータセンターで使用されることがよくあります。しかし、ネットワークからの様々なサイズの要件を満たすために、市場にはスマートスイッチとも呼ばれる軽くマネージドスイッチがいくつかあります。これらのスイッチには、マネージドスイッチの一部の機能しかありません。ユーザーがコストを抑え、完全にマネージドスイッチのすべての機能を必要としない場合、スマートスイッチは最適な選択肢になります。


スマートスイッチとは

アンマネージドスイッチと比べて、より豊富な機能を備え、安価で設置簡単なのはスマートスイッチです。スマートスイッチは数十人の小規模ネットワークに適し、同じネットワーク内の通信を管理し、Webブラウザで機能設定ができます。

アンマネージドスイッチとは

マネージドスイッチと比較すると、アンマネージドスイッチはより脳のないものに見えます。それらはプラグ&プレイイーサネットネットワークスイッチの一種です。ユーザーが行う必要があるのは、プラグインして動作を待つことです。アンマネージドスイッチは構成を全く必要としないためです。したがって、ユーザーが自宅や会議室で少数のポートを必要とする場合、アンマネージドスイッチをシンプルなデスクトップスイッチとして使用して、その需要を満たすことができます。

タイプ
特徴
注目商品
アンマネージドスイッチ
設置簡単で安い

スマートスイッチ
Webコンソールによる設定、より豊富な機能を備えて、安価
S3150-8T2FP
フルマネージドスイッチ
VLAN、QoS、CLI、SNMPなどの機能対応だけでなく、Webやコマンドでの設定が可能で高価
S5860-20SQ

マネージド・スイッチとアンマネージド・スイッチ:相違点

マネージドスイッチ アンマネージドスイッチ
特徴 ダイナミックARP検測、IPv4 DHCPスヌーピング、QoS、SNMP、VLAN、CLI、IPルーティング、ポートミラーリング、冗長性など 固定設定 - 設定インターフェースやオプションをサポートしていない
性能 スイッチを設定可能 アクセス制御 LANトラフィックの制御 - 優先順位 SNMP - ネットワークのリモートトラブルシューティングを可能にする 限られた設定で、デフォルトのQoS設定のようなプラグアンドプレイ
セキュリティ とても良い。データプレーン、コントロールプレーン、管理プレーンの保護を提供する あまりよくない。 ロック可能なポートカバーなどのアクセサリ以外のセキュリティはない
コスト 高価 より安価
アプリケーション データセンター、大規模企業ネットワーク 小規模ビジネスネットワーク、家庭、研究室、会議室など

マネージド・スイッチとアンマネージド・スイッチ:どちらを選択するのですか?

 多くの場合、ネットワーク管理者はネットワークシステム全体が順調に運行する様に、最適なネットワークスイッチを選択しなければなりません。 次に、マネージドスイッチとアンマネージドスイッチ:どのように実際のネットワーク需要に適してスイッチを選択しますか? 多くのユーザーが多分尋ねる2つの質問があります。

ネットワーク用

 実際、この質問には単純な「はい」または「いいえ」と答えることはできません。マネージドスイッチまたはアンマネージドスイッチを使用するかどうかは、ビジネスネットワークの規模、必要な機能及びネットワークの複雑さによって異なります。実際には小規模なビジネスネットワークには、管理対象のスイッチがありませんが、イーサネットスイッチの基本機能が必要である為です。複雑なビジネスネットワークや大規模なデータセンターでは、インターネットを同時に使用するユーザーは数千人にものぼります。 マネージドスイッチは、ユーザー、ゲスト、バックアップ、管理、サーバーなどの異なるグループに基づいて、データトラフィックを分離することができます。これにより、管理者にデータトラフィックを制御する優れた方法を提供できるだけでなく、ネットワーク全体を強力に保護することができます。

家庭用

 関連フォーラムで検索した場合、多くの人が8ポートのマネージドスイッチまたは24ポートのマネージドスイッチを自宅に使用することを選択していることがわかります。これは、ホームネットワークでマネージドスイッチが普及していることを意味しますか? いいえ。ユーザーがホームネットワークの管理を強化し、プライバシーの保護にもっと注意を払う必要がある場合は、家庭用のマネージドスイッチを選択する方がはるかに優れています。 しかし、ユーザーがホームネットワークを正常に動作させ、管理に多くの時間を費やしたくない場合は、プラグアンドプレイのアンマネージドスイッチが最適です。

結論

 マネージドスイッチとアンマネージドスイッチの比較及びビジネスネットワークや自宅での使用方法を選択する方法について説明しました。 LANを管理し、すべてを構成することに慣れているなら、マネージドスイッチは強力なオプションです。自宅で簡単に物事を保つことを望む人は、アンマネージド解決策を取るべきです。


16.8k

おすすめのコンテンツ