キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

MLAGとVPC、それぞれの意味・特徴・違いを説明

John

翻訳者 ともや
2018年7月12日 に投稿された



より多くの企業がデータセンター仮想化を利用してコストを削減し、データフローを合理化するようになると、より多くのネットワーク帯域幅の需要が大幅に増加し、データセンターとビジネスロケーション間でデータをシームレスに転送できるようになります。この傾向に対応するために、ネットワークエンジニアは、ネットワーク容量を拡張するためにできるだけ多くのネットワークデバイスを接続する方法を模索しています。MLAGとVPCは、複数の ファイバスイッチを接続するための新しいテクノロジーです。これらの用語の意味とそれらの違いは何ですか?この投稿では、それぞれについて全体的な説明を行い、MLAGとVPCを適切に決定する方法を説明します。


MLAGとは何ですか?

MLAG(Multi-chassis Link Aggregation)は、ホストからのレイヤー2マルチパスが追加の帯域幅またはリンクの復元力を獲得できるようにする非標準プロトコルです。これはパブリックプロトコルであるため、すべてのベンダーは独自のカスタムロール実装を使用してMLAGをサポートできます。MLAGは、リンクバンドルを形成するときに、2つ以上のスイッチが単一のスイッチのように動作する機能です。これにより、ホストは2つのスイッチにアップリンクして物理的な多様性を実現しながら、管理する単一のバンドルインターフェイスは1つだけになります。次に、これら2つのスイッチは、MLAGを使用して他の2つのスイッチに接続でき、すべてのリンクが転送されます。FS S5800-8TF12SハイパーコンバージドインフラストラクチャスイッチでMLAGを構成する方法については、次のビデオをご覧ください。



MLAGリンクでは、ホストとMLAG仮想スイッチ間またはMLAG仮想スイッチ間で南北をネゴシエートするために、通常、リンク集約制御プロトコル(LACP、802.3ad)が使用されます。同じMLAG仮想スイッチのメンバーであるスイッチ間では、EastおよびWest独自のプロトコルが使用されます。図1は、複数のFS S5800-48F4S ギガビットイーサネットスイッチ を使用してMLAGペアを形成する例を示しています。MLAGペアの4つのリーフスイッチを使用すると、サーバーからスイッチへの冗長接続を構築できます。LAGグループは、静的リンク集約またはLACPベースのネゴシエーション方式を使用して形成できます。


What Is MLAG?

図1:FS S5800-48F4Sスイッチを使用したMLAGペアの形成

MLAGの利点

  • トラフィックは、LAGハッシングを使用して各スイッチに均等に分散されます。

  • より多くのリンクをLAGにバンドルするだけで、North&SouthおよびEast&Westの帯域幅が増加します。

  • デュアル管理およびコントロールプレーンで安定性を提供します。

  • 他のデバイスに影響を与えることなく、一度に1つのスイッチをアップグレードできます。

  • 別のスイッチに別のMLAGを作成し、イーストまたはウェストに別のスイッチを追加するだけで、ポート容量を自由に拡張できます。

    VPCとは何ですか?

     VPCは、仮想ポートチャネルの略で、ポートチャネルは通常のLAGです。これは、他のタイプのスイッチでは設定が難しいCisco Nexus固有のプロトコルです。もちろん、FS Nシリーズスイッチなど、シスコを除く他のベンダーによって提供されているVPC対応スイッチは確かにあります。VPCを使用すると、2つの異なるCiscoスイッチに物理的に接続されたリンクを、3番目のデバイスに対して単一のポートチャネルとして表示できます。3番目のデバイスは、スイッチ、サーバー、またはIEEE 802.3adポートチャネルをサポートするその他のネットワークデバイスです。VPCでは、2つのスイッチにまたがるレイヤー2ポートチャネルを作成することもできます。以下に示すように、VPCを使用して、これらのスイッチの2つのコントロールプレーンを分離したまま、2つのスイッチにまたがるスイッチ間リンクを作成します。VPC機能を有効にしたら、2つのVPCピアデバイス間でハートビートメッセージを送信するピアキープアライブリンクを作成します。VPCドメインには、VPCピアデバイス、VPCピアキープアライブリンク、vPCピアリンク、およびダウンストリームデバイスに接続されたVPCドメイン内のすべてのポートチャネルが含まれます。各デバイスで使用できるVPCドメインIDは1つだけです。

    what is VPC


    図2:スイッチ間リンクを作成してVPCペアの形成

    VPCの利点

    • 1つのデバイスが2つのアップストリームデバイス間でポートチャネルを使用できるようにします。

    • スパニングツリープロトコルのブロックされたポートを排除します。

    • ループのないトポロジーを提供します。

    • 利用可能なすべてのアップリンク帯域幅を使用します。

    • リンクまたはデバイスのいずれかに障害が発生した場合に高速コンバージェンスを提供します。

    • リンクレベルの復元力を提供します。

    • 高可用性の確保に役立ちます。

      MLAGとVPC:違いは何ですか?

       MLAGとVPCはどちらも、2つのスイッチ間にポートグループを作成することを目的としており、レイヤー2マルチパスを有効にすることができます。MLAGまたはVPCドメインでは、各スイッチは独立して管理および設定され、マスタースイッチに渡されることなくトラフィックを転送/ルーティングできます。それらの違いは何ですか?

       明らかに、それらの間の最大の違いは、実装の難しさです。MLAGはパブリックプロトコルであり、ほとんどすべてのベンダーが独自のカスタムロール実装を使用してサポートできますが、VPCはCisco Nexus固有のプロトコルであり、すべてのベンダーがこのテクノロジーを利用できるわけではありません。したがって、MLAGの設定はVPCよりも少し簡単です。VPCを導入するネットワークエンジニアは、VPCドメインを構築する前に、ベンダーのシナリオ駆動型VPC設計ガイドを検討する必要があります。VPCペアリングには、同じタイプのCisco Nexusスイッチを使用する必要があります。たとえば、Nexus 7000シリーズとNexus 5000シリーズスイッチを含むスイッチのペアでVPCを構成することはできません。また、VPCピアは、中断のないアップグレード、つまりインサービスソフトウェアアップグレード(ISSU)を除いて、同じNX-OSバージョンを実行する必要があります。さらに、VPCピアリンクは、専用モードの少なくとも2つの10Gイーサネットポートで構成する必要があります。

       VPCはMLAGよりも高度です。レイヤー2とレイヤー3の両方のマルチパスをサポートします。これにより、ノード間の複数の並列パスと、代替パスが存在する負荷分散トラフィックを有効にすることで冗長性を作成できます。また、レイヤー3マルチパスを有効にする場合は、マルチアクティブゲートウェイプロトコル(MAGP)を使用することもできます。通常、VPCはデータセンター(NX-OSまたはACIモードのいずれかを実行するネクサスデバイス)スイッチに使用されますが、MLAGは主に分散またはデータセンタースイッチのより多くのシナリオに使用できます。


      アイテム MLAG VPC
      ネットワーク設計を簡素化 はい はい
      スパニングツリープロトコル(STP)の排除 はい はい
      マルチパス レイヤー2 レイヤー2&レイヤー3
      ネットワーク設計を簡素化 はい はい
      実装の難しさ より簡単 比較的難しい
      ペアリング用のスイッチタイプ 必要なし 厳格な要件
      シナリオの使用 ディストリビューションまたはデータセンタースイッチでよく見られます 通常はCisco Nexusデータセンタースイッチです
7.4k

おすすめのコンテンツ