キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202107/16/post35-2021-07-16-15-27-37-sq7nmk04rq.png

M1 Macbook Air/Pro/iMacに対応するWebカメラの選び方

AIノイズ軽減・フルHDによるビデオ会議のスムーズ化

2021年7月16日 に投稿された


ウェブカメラとは

 Webカメラは外付けカメラとして、パソコンやスクリーンモニターの内蔵カメラより高画質の映像を転送・提供します。パソコン自体のカメラは機能が少なく、映像のクオリティも低いと見られます。ビデオ会議もしくはリモートワーク時のオンライン通話に備えて、高性能のウェブカメラを購入することが必要になります。


新機種やOSとの互換性

 ビデオ会議・リモートワークの本格導入に伴い、数多くのオンライン通話アプリが次々と世に出されました。その先頭に立っているZoom、Skype、Microsoft Teamsなどのビデオ会議向けアプリ、そして、ゲーム・動画配信のためのTwitch、YouTubeなどは家での生活を豊かにしてくれました。


 ソフトウェアの側面だけでなく、在宅勤務・遠隔会議のニーズ増を見込み、相応の機能を搭載したタブレットやPCの発売を開始したブランドも存在します。例えば、アップルの24インチiMac、Ipad proなど。720p 120万画素(1280×720ピクセル)

機種
M1 Macbook Air
M1 Macbook Pro
16インチMacbook Pro
M1 24インチiMac

FS.COM

FC270S Webカメラ

カメラ
720p(120万画素)
720p(120万画素)
720p(120万画素)
1080p
1080p(M1チップ対応)

 FC270Sは高い互換性を持ち、上記のアプリと新機種をサポートします。パソコン内蔵のカメラと切り替えることで、1080p映像と高音質が享受できます。USB2.0有線接による低遅延・高速通信が実現され、M1チップ搭載のMacでもドライバー無しで対応できます。


ウェブカメラを選ぶポイント

 パンデミックの収束が見えない中で、在宅勤務・ビデオ会議が日常生活の一部となりつつある。その場合に、参加人数、マイク・スピーカーの有無、画質、自宅のインターネット状況、撮影距離などの要素を考えなければなりません。もちろん、お使いなられているパソコンや通信デバイスとの適合性についても調べる必要があります。

参加人数に応じた画角・撮影距離

 広い画角・遠距離(一拠点に少人数):複数の参加者を同じスクリーンに収め、発言者の表情や動きをカメラで捉えることができる一方。映像に歪みが生じやすいと考えられます。

 狭い画角・近距離(一拠点に多人数):比較的に少ない人数しか映りません。ただし、クリアで歪みの無い映像が得られます。


画質・光補正

 720Pカメラ搭載のMacbookとの併用により、FC270Sの1080Pカメラは高画質を提供し、より豊富で細かい部分を表現することができます。

SD
HD(Mac内蔵カメラ)
FHDFC270S
4K(FC270-4K
8K
480p

720p(120万画素)

1080p
2160p
4320p

多種多様のアプリ・デバイスに対応可能

 画質の優劣は画素数と解像度によって決められます。画素はピクセルとも呼ばれ、画素数が多ければ鮮明でキレイな映像が見られます。細かい部分まで表現するために、高い解像度をもつモニターやスクリーンも欠かせません。


マイク・スピーカーによる高音質

 マイク・スピーカー内蔵により、スクリーンに取り付けたり、パソコンの隣に置いたりするだけで済みます。通常の収録マイクより、FC270SはAIノイズ除去機能を備え、一人部屋ないしは広い空間の中でも音声をキレイに収録し、クリアな音声を会議の参加者に届けることが可能です。


1.2k

おすすめのコンテンツ