キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201910/25/英-图3jpg.jpg

最良の光モジュールを構成する要素

Migelle

翻訳者 ともや
2019年10月25日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

データセンターはネットワーク運用の中心で、光モジュールがデータ伝送のビルディングブロックです。認定された光モジュールは、柔軟性、管理性、およびスケーラビリティを高密度ファイバネットワークに組み込むために、信頼できるソリューションを提供します。光モジュールの選択に関して、選択を有効かつ賢明にする方法はなんですか?光モジュールのメーカーに依存するだけでなく、光モジュール市場の動向も知る必要があります。さらに重要なことは、光モジュールの品質と互換性、およびそれらに付属するサービスとサポートを正当化することです。

光モジュールの進化

ネットワークの速度と効率に対する絶え間ないニーズにより、データセンターはより厳しい場所になり、光モジュールも進化して、高密度と大容量のニーズを満たします。広範な光モジュールのポートフォリオは通常、次のタイプで構成され、お客様は特定の使用環境と速度のニーズに基づいて適切なものを選択することができます。

  • SFP: 幅広いプロトコルとレート(ファストイーサネット、ギガビットイーサネット、ファイバチャネル、Sonet/SDH)で、商用または拡張温度環境で動作することができます。

  • SFP+:10Gイーサネットおよび10Gファイバチャネル用に設計されています。

  • XFP: さまざまな10Gbpsプロトコル(イーサネット、Sonet/SDH、ファイバチャネル)をサポートします。

  • X2: さまざまな距離にわたる10Gイーサネット標準です。

  • SFP28: 25Gイーサネット用に設計されています。

  • QSFP+: 40 Gbpsインターフェースは、マルチモードまたはシングルモードのファイバで40GイーサネットおよびOTN標準をサポートします。

  • QSFP28: 100 Gbpsインターフェースは、マルチモードまたはシングルモードファイバで1000GイーサネットおよびOTN標準をサポートします。

優れた光モジュールを構成するものは何ですか?

公平な立場から言うと、ネットワークまたはITデバイスのサプライヤーを選択するときは、常に価格だけを考えてはいけません。基本的にデバイスに依存する光モジュールのタイプとは別に、光モジュールのパフォーマンス、互換性、相互運用性のテスト、提供されるサービスとサポートなど、考慮すべきいくつかの重要な面があります。

MSA規格に準拠

サードパーティ製の光学部品は、ギャップを埋めて複数の互換性のあるオプションをかなり低い価格で提供するため、ネットワークコンポーネント市場でかなり重要な地位を確保しています。現在、ますます多くの顧客が、サードパーティ製の光モジュールをコストのかかるOEM光学系に対するよい選択と見なしています。この場合、ネットワークスイッチとの光モジュールの互換性が重要になります。マルチソースアグリーメント(MSA)規格は、光モジュールのすべての要素を機械的および電気的に指定しているため、光モジュール企業は、複数のOEM機器での互換性を確保しながら、フォームファクターと機能が元のブランドと同一の光モジュールを提供することができます。市場での激しい競争により、多くのサードパーティ製光モジュールは、性能、信頼性、保証においてOEM光モジュールを超えることができます。

DOM/DDM機能を装備

DDM(デジタル診断監視)は、リアルタイム光モジュールパラメーター(光出力、光入力電力、温度、レーザーバイアス電流、光モジュール供給電圧など)を監視するために使用される技術です。DOMはデジタル光監視を指し、TX(送信)およびRX(受信)ポートのステータス、入出力電力、温度、および電圧に関する重要な情報をユーザーに提供します。 明らかに、DDMとDOMは同一の機能であり、通常一緒に適用されて、光モジュールのリアルタイム監視を提供します。これらの機能は、モジュールの寿命を予測し、障害を特定し、モジュールの互換性を確認するのに役立ちます。そのため、ネットワーク技術者は、モジュールが正常に機能していることを確認および確保ことができます。

Optical-transceiver-ddm-dom.jpg

互換性とパフォーマンスのための厳格な品質管理

光モジュールに障害が発生すると、壊滅的なネットワークの中断になるので、製造プロセス中にすべての主要OEMベンダーのスイッチおよびルーターで高品質の光モジュールを厳密にテストする必要があります。光モジュールの最高の品質とパフォーマンスを保証し、互換性と品質基準を証明して、ネットワークの中断を回避し、時間とお金を節約します。さらに、MSA、IEC、ISOなど、光モジュールが準拠する必要のある一般的な業界標準もあります。光モジュールを購入する前に、準拠と規制についてサプライヤーに問い合わせることをお勧めいたします。認定された光モジュールは、クラス1レーザーセーフ製品であることが期待されているため、取り付け/取り外し中に目を傷つけることはありません。

Optical-transceiver-coompatibility.jpg

信頼性の高い保証とサポートを提供

これらの派手なブランドのOEM光学系であっても、使用しているいくつかの光学系がある時点で故障することは避けられません。その故障はデータセンターのソフトウェアまたはハードウェアを更新するときに頻繁に発生し、既存の光学系との非互換性を引き起こします。問題が発生した場合、優れたカスタマーサービスとテクニカルサポートにサポートされた光モジュールにより、安心させることができます。非常に多くのサードパーティベンダーが光モジュール市場に非常に焦点を当てているため、一部のサードパーティベンダーは製品の無期限保証を提供します。そして理想的には、彼らは最小限のコストでタイムリーに迅速に光学部品のトラブルシューティングと交換ができるようになります。さらに重要なことは、サービスとサポートが非常に重要であり、可能な限り長い期間サポートとサポートが必要であることです。彼らがあなたのネットワークを稼働させ続けるために専門の助けを提供することを確認してください。

手頃な価格

現在の市場にある一般的な光モジュールは、ネットワークの設備投資の約10%〜15%を占める量産および多くのアクセスアプリケーションで使用されているため、ギガビットおよび光モジュールユニットあたりのコストが重要です。優れた光モジュールは、品質とコストのバランスを保つことが期待されているため、安心してIT予算を節約できます。次に、それらの節約したお金を組織の革新、自動化、およびツールに適用し、競争力と関連性を維持し、ビジネスの次のレベルに到達する準備を整えます。

5G曲線に追いつく

次世代ネットワーク-第5世代(5G)ワイヤレスシステムは、既存の4G/LTEネットワークから急速に進化し、急速に進歩しています。5Gは、大容量と低レイテンシを特長としており、モバイルユーザーの高密度化をサポートし、IoTの強固な基盤を築きます。そのため、品質と量の両面で、高速5G光モジュールの需要が大幅に増加しています。チップセットに関しては、シリコンフォトニクスベースの光モジュールは、新しい5GおよびIoTアプリケーションの広い帯域幅の要件を満たすことができます。厳しい環境に耐える耐熱性の高い光モジュールは、5G時代の大規模な展開が期待されています。また、5Gは必然的にファイバの排気に遭遇する可能性があるため、よりファイバを節約する光モジュールが必要になります。

transceiver-module-for-5G.jpg

結論

光モジュールを購入する場合、最低価格で品質を識別することが一般的な目標です。賢明なお客様は、信頼できるサードパーティ製の光学部品サプライヤーを総合的に選択し、サポートされる製品の幅、互換性とテストプロセス、サポート、評判などの要因を考慮する必要があります。弊社は幅広い製品選択と革新的な技術により、世界中のすべての主要なネットワーク機器ベンダーの最適な光モジュールメーカーになっています。さらに情報が必要な場合、または光モジュールを購入する場合は、お問い合わせください。弊社は、コストを最適化したソリューションと展開の柔軟性を提供しながら、プラグアンドプレイの動作が保証された幅広い光モジュールとケーブルを提供いたします。

441

おすすめのコンテンツ