キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/ribbon-fiber-vs-loose-tube-cable.jpg

リボンファイバケーブルでネットワーク容量を最適化する

Worton

翻訳者 ともや
2019年10月28日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

リボンファイバケーブルでネットワーク容量を最適化する

伝送プロトコルがさらに高いデータレートに進化するにつれて、ローカルエリアネットワーク(LAN)キャンパス、ビルディングバックボーンおよびデータセンターは、増加するシステム帯域幅の需要を満たすために、より多くの芯数のケーブルを使用することが予想されます。リボン光ファイバケーブルは、カップリングの光ファイバケーブルの能力が高いため、限られた屋内環境だけでなくデータセンターにも理想的なツールになります。それでは、リボン光ファイバケーブルとは何ですか?ネットワーク容量の最適化に重要な影響を与えるのはなぜですか?詳細については、このリボンファイバwikiを参照してください。

リボンファイバー概要

通常、リボンファイバケーブルは、同じ平面上に1列に並んだ個々のファイバーで構成されます。これは、「リボンファイバケーブル」または「フラットリボンケーブル」の名前を説明しています。各リボンには4〜24本の芯を使用できます。この特別なケーブル構造により、リボンファイバケーブルは大量の融着接続を可能にし、12芯が単一の手順で接続され、ファイバー管理が容易になり、ネットワークの構築が速くなり、ケーブル切断後の回復を高速化にします。リボンファイバケーブル内のファイバパッキング密度を最適化するために、複数の個別のリボン光ファイバケーブルをマトリックス構造の束に積み重ねて、ケーブルコアの中央コアチューブまたは撚り線マルチチューブに保管することができます。市場レポートによると、コーニングリボンファイバケーブルは、最大1728本の芯数で利用できます。OFSリボンファイバケーブルは、1本のケーブルに1728芯と3456芯が含まれています。

リボンファイバケーブルには、色分けされた一連のファイバがあり、ルーズチューブまたは大きな中央チューブにに収めるように構成されています。より優れたケーブル管理を実現するために、各ファイバーは、ファイバケーブルのカラーコード標準に従って一意に色分けする必要があります。リボンファイバの色コードは、青色、オレンジ、緑色、茶色、スレート、白色、赤色、黒色、黄色、紫色、バラ、水色など色があります。状況によっては、芯数が12の倍数である場合、色も複数になります。 リボンファイバカラーコードの詳細については、こちらを参照してください:光ファイバケーブルの色コードを識別する方法は?

リボンファイバケーブル vs ルースチューブ光ケーブル

光ファイバケーブルでリボン光ファイバケーブルが普及しているのはなぜですか?リボンファイバーケーブルの利点は何ですか?その理由は次のとおりです。

ルーズチューブ光ケーブルは、高張力でファイバに信頼できる保護を提供られるため、工場の外に配置されます。リボン光ファイバケーブルの最も明らかな利点は、高いファイバ密度です。したがって、リボンファイバケーブルとルースチューブファイバーケーブルには、主に5つの利点があります。

コスト削減。リボンケーブルは、ルーズチューブファイバケーブルよりも速く接続できるため、設置時間が短縮され、人件費が削減され、緊急復旧時間が短縮されます。特殊なケーブル構造により、フラットリボンケーブルは個々のファイバリボンの大量融着接続を可能にします。たとえば、12芯リボンがスプライスされている場合、12ファイバすべてを非常に短い時間で迅速にスプライスできます。対照的に、ルーズチューブケーブルのファイバは、個別に接続する必要があり、より多くの時間が必要です。
ルーズチューブファイバケーブルと比較して、リボンファイバケーブルの方がファイバの充填密度が高くなっています。アレイ内の芯数が多いほど、限られたダクトスペースをより効率的に使用できます。リボンファイバーケーブルはわずかに長い長さで配置できるため、利用可能なダクトスペースをより効率的に占有します。
フットプリントが小さい:リボンファイバの接続により、スプライスの閉鎖と通信室の設置面積が小さくなります。
FTTx(Fiber-to-the-Subscriber)などのアプリケーション用の「リボン分割」ツールとテクノロジーを使用して、リボン内のファイバーにアクセスできます。
光ファイバコストは、ルーズチューブファイバケーブルとファイバ数が72〜96を超えるとより競争力があります。芯数が96未満の場合、多数のリボンファイバースプライシングの経済的利点が、リボンファイバーケーブルの高価格によって相殺される可能性があるかもしれません。

リボンファイバーケーブルの用途

空中/地下屋外ファイバプラント

屋外用途のケーブルは、極端な環境から機械的な力まで、極端な外部条件に耐える必要があります。ここでは、地下のケーブルプラントを例にとります。ケーブルは通常、ケーブルを引っ張るための複数の内部ダクトを備えたコンジットに取り付けられます。ここのケーブルは、高い引っ張り張力に耐える必要があります。リボンファイバケーブルは長くて真っ直ぐで、引っ張りや曲げは大きな直径に沿って緩やかであるため、非優先的な損傷のリスクは非常に小さく、空中または地下のファイバープラントに適したソリューションです。

LANおよびデータセンターの展開

ローカルエリアネットワーク(LAN)キャンパスとビルディングバックボーン、およびデータセンターバックボーンは、増加するシステム帯域幅のニーズを満たすために、より多くのケーブルファイバー数に移行しています。リボン光ケーブルを使用したファイバ数のうち、12芯リボンが最も一般的で広く使用されています。以下は、データセンターおよびLAN構築ネットワークでのフラットリボンファイバーケーブルの主な展開です。

高密度データセンターのケーブル配線用の一般的なリボンファイバーコネクタであるMTP/MPOコネクタで接続します。MTPリボンファイバーケーブルは、相互接続アプリケーションに使用できます。MTP/ MPOモジュールと組み合わせて、MTP/MPOリボンファイバーケーブルは、相互接続およびクロス接続アプリケーションを提供します。
リボンケーブルは、チャネルとスペースで使用されます。上記のように、リボン光ファイバはスペースを最大限に活用できます。データセンターでリボンケーブルを使用すると、スペースを最大45%節約でき、データセンターの冷却システムの効率が向上します。

さらに、リボンケーブルは、外部機器で使用されるほとんどのファイバスプライスボックス、キャビネット、およびベースと互換性があります。また、ファイバの数が異なるため、リボンケーブルはさまざまな用途に展開できます。たとえば、144または288芯のケーブルは、新しいデータセンターまたはセントラルオフィスの配線を展開するときに、高いファイバ密度と高速インストールを提供するように設計されています。

FS.COMリボンファイバーケーブルソリューション

FS.COMは、屋内ケーブルおよびアクセスネットワークアプリケーション向けに、さまざまなフラットリボンファイバーケーブルを提供しています。これらのケーブルは、8芯または12芯のリボンで構成され、中央のチューブは絶縁耐力部材と特別に処方された難燃性の外側ジャケットに囲まれています。8芯または12芯のリボンには、個々のファイバーに簡単にアクセスできるように、識別しやすいリボンID番号とファイバーの色が付いています。

Riser Tight-Buffered Distribution Cable Fiber Count Fiber Type Cable Length Price
ribbon fiber cable 8 Fibers OS2 1m $0.72
8 Fibers OM1 1m $1.0
8 Fibers OM2 1m $1.0
8 Fibers OM3 1m $1.5
ribbon fiber cable 12 Fibers OS2 1m $0.93
12 Fibers OM1 1m $1.6
12 Fibers OM2 1m $1.6

2.0k

おすすめのコンテンツ