キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201910/14/post_1571038375_nuVK7OwsNi.jpg

PoEスイッチ: 選択ガイドとアプリケーションのヒント

Migelle

翻訳者 ともや
2019年10月14日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

IPカメラ、ワイヤレスアクセスポイントなどのPD(パワードデバイス)用のPoE(パワーオーバーイーサネット)ネットワークスイッチの選択は、多くのオプションがあるため難しいかもしれません。たとえば、 PoEスイッチとPoE+スイッチ、マネージドPoEスイッチとアンマネージドPoEスイッチのどちらを選びますか?ここでは、PoEネットワークスイッチパズルを解決するための選択ガイドとアプリケーションのヒントを示します。

how to choose a PoE switch.jpg

PoEスイッチの基本

PoEスイッチは、ネットワークセグメントを接続するための複数のイーサネットポートを備え、電力とデータの両方を提供するネットワーキングデバイスです。PoE対応デバイスは、Cat5やCat6などのイーサネットネットワークケーブルを介して、PoEネットワークスイッチからデータと電力の両方を取得できます。この優れた機能は、電源コンセントが不足している環境に非常に役立ちます。IPカメラとワイヤレスアクセスポイントは、PoEアプリケーションの最良の例です。

PoEスイッチタイプの選択ガイド

購入する前に、さまざまなタイプのPoEイーサネットスイッチを知る必要があります。

アクティブ vs パッシブPoEスイッチ

電力供給ネゴシエーションを使用するかどうかは、アクティブPoEネットワークスイッチとパッシブPoEネットワークスイッチの主な違いです。アクティブPoEネットワークスイッチは、IEEE 802.3at/afおよびIEEE 802.3btに準拠する標準PoEスイッチとしても知られています。したがって、アクティブPoEスイッチは通常、Poe、PoE+、およびPoE++スイッチに分割されます。このアクティブなネットワークスイッチは、ネゴシエーション後にPDに適切な電力を供給します。これにより、ケーブルが損傷したり、非PoEデバイスに接続された場合に、いくつかの危険を防ぎます。

パッシブPoEネットワークスイッチについては、ネゴシエーションなしでPDに電力を供給られます。スイッチは、端末デバイスがPoEをサポートしているかどうかに関係なく、常に特定の電圧で電力を送信するため、PDに永続的な損傷を引き起こす可能性があります。したがって、リモートPDにアクティブPoEスイッチを選択するのがより安全で、PDの正確な電力要件がわかっている状況や予算が厳しい状況では、パッシブPoEスイッチを使用しても問題ありません。

マネージド vs アンマネージドPoEスイッチ

マネージドとアンマネージドのPoEネットワークスイッチの主な違いは、スイッチを構成できることです。アンマネージドネットワークスイッチは、固定構成設計を使用し、構成の変更を許可しません。通常はプラグアンドプレイデバイスです。アンマネージドPoEスイッチは通常、複雑な構成を必要としない小規模な家庭またはオフィスネットワークで使用されます。

マネージドPoEネットワークスイッチは、ネットワークを構成、管理、監視する機能を提供します。さらに、マネージドネットワークスイッチは、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)、VLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)などのネットワークトラフィックを制御するためのより高度な機能を提供します。したがって、ユーザーは実際のシステム要件に従ってスイッチ設定を調整できます。マネージドPoEスイッチは、集中的なワークロード、大量のトラフィック、およびカスタム構成を必要とする展開向けに設計されています。

ファンレスPoEスイッチ vs 内蔵ファンPoEスイッチ

名前が示すように、ファンレスPoEネットワークスイッチまたはクワイエットPoEネットワークスイッチは、内部ファンがないことを意味します。受動冷却のみに依存しています。熱放散は、デバイスの左右または前後にある一連の通気孔によって行われます。ファンの設計がなければ、スイッチはファン用のスペースを確保する必要がないため、通常はコンパクトな設計を使用し、静かに作業を行います。ファンレス電源イーサネットスイッチは、オフィス、ホスピタリティ、または騒音が問題となる可能性のある図書館で人気があり、狭いスペースでも使用できます。

内蔵ファンスイッチは、熱伝達を強化するために外部デバイスに依存する一種の冷却技術であるアクティブ冷却システムを利用します。アクティブ冷却システムにより、対流中に流体の流量が増加し、これにより熱除去率が劇的に増加し、スイッチの寿命が延びます。このスイッチは、より良い冷却を必要とするデータセンターで歓迎されています。詳細については、 ファンレススイッチまたは組み込みスイッチをご覧ください。

レイヤー2 vs レイヤー3 PoEスイッチ

レイヤー2とレイヤー3の主な違いは、ルーティング機能です。レイヤー2 PoEネットワークスイッチは、MAC(メディアアクセス制御)アドレスでのみ動作します。また、フレームがスイッチを通過するときにIPアドレスも検査しません。このスイッチタイプは通常、小規模ネットワークで使用されます。

レイヤー3スイッチは、レイヤー2スイッチが行うすべてのジョブを実行できます。さらに、レイヤー3スイッチはIPアドレスとサブネット化によってデータパケットをルーティングするため、異なるLANまたはVLAN間でデータを転送できます。また、レイヤー3スイッチはルーティングプロトコルをサポートし、着信パケットを検査し、送信元アドレスと宛先アドレスに基づいてルーティングを決定することもできます。一般的に、今日、ほとんどの企業ネットワークには、レイヤー2とレイヤー3のPoEスイッチが混在しています。

PoEスイッチを購入する際に考慮すべき要素

イーサネットスイッチタイプの異なる電源に基づいて選択するだけでは十分ではありません。最終決定を下す前に考慮すべきいくつかの要素がまだあります。

ポート密度

PoEネットワークスイッチは、一般的な8/12/16/24/48ポートまたはそれ以上のポートで使用できます。この決定は、ネットワークに必要なエンドデバイスの数に要約されます。 8ポートPoEスイッチは家庭での使用に適していますが、48ポートスイッチは大量のネットワークデバイスを接続する必要があるため、企業やデータセンターで人気があります。しかし、将来のビジネスの成長のためにより多くのポートを計画することも賢明な決定であることに留意してください。

データレート

市場では、ほとんどのPoEイーサネットスイッチが10/100/1000Base-Tまたは1/10Gのようなさらに高速な速度をサポートしています。ほとんどの場合、PoEスイッチはイーサネットケーブルを使用してPDを接続します。これは、スイッチが古い10/100Mbpsレガシーイーサネットデバイスと下位互換性があり、ファイバー接続にアップグレードする必要がないことを意味します。また、1/10Gアップリンクポートを使用して設計されているため、スイッチを上位レイヤーの集約スイッチに接続して、帯域幅を増やすことができます。

消費電力

PoEを正しくインストールするための鍵は、選択したPoEネットワークスイッチがPDに必要な電力を供給でき、接続されているすべてのPDの総消費電力がPoEスイッチの最大消費電力を超えないようにすることです。たとえば、IEEE 802.3af/atに準拠する8ポートPoEスイッチは 150Wの電力消費と130WのPoE電力バジェット(PoEスイッチも電力を消費するため、最大 消費電力は常にPoEの電力バジェットよりも大きくなります。スイッチが消費する値については、PoEスイッチに付属の説明書を参照してください ) があります。したがって、スイッチは、IEEE 802.3af規格を使用する8つのデバイス(15.4W×8=123.2W<130W) と、IEEE 802.3at規格を使用する4つのデバイス(30W×4=120W<130W) のみを同時に接続できます。 (PoEネットワークスイッチはどのようにしてPoEデバイスに電力を供給しますか?PoEテクノロジーの電源の秘密を了解します。)

PoEの互換性

すべてのPSEが機能的に優れている場合でも、すべてのPDで機能するわけではありません。次の点を含め、選択したPoEスイッチとPDの間の互換性を確認します:


  • パワーオーバーイーサネットスイッチがPDに必要なPoE標準をサポートしていることを確認してください。たとえば、ユーザーのPDがPoE++標準を使用している場合、ユーザーはPoE++スイッチを選択する必要がありますが、PoEスイッチまたはPoE+スイッチはPDで動作しません。

  • 新しいパワーオーバーイーサネットスイッチの電源モードがPDモードと互換性があることを確認します。PDがPoEモードB向けに設計されているが、新しいイーサネットスイッチはPoEモードAのみをサポートしているため、PDとスイッチは連動できません。

ベンダーのロックインは特別な場合です。一部のデバイスは同じメーカーが製造した製品でしか動作しないため、PoEスイッチを購入する前にPDまたは新しいスイッチがサポートするプロトコルを知っておくことをお勧めします。

技術サポート

また、特にネットワークでPoE接続が重要な場合は無視してはならないです。PoEスイッチの効率的で十分な技術サポートがあることを確認してください。これにより、スイッチで何か問題が発生した場合でもテクニカルサポートチームをつなげることができ、手間を省いて稼働時間を改善できます。

PoEスイッチのアプリケーション通知

ほとんどの場合、PoEイーサネットスイッチはイーサネットケーブルを使用してPDに電力とデータを供給します。PoEネットワークは、イーサネットケーブルの有効範囲によって制限されます。そして、ケーブルの品質は最大有効範囲に影響する重要な要素です。したがって、無酸素銅線を使用するイーサネットケーブルを使用することをお勧めします。これは、同じ距離の伝送で信号損失と電力損失が少ないためです。最大 PoEスイッチとPD間の伝送は100メートルです。PDがPoE電源スイッチから離れるほど、信号は弱くなります。より長い伝送には、PoEエクステンダーが役立ちます。

結論

PoEスイッチを購入する前によく考えてください。そして、スイッチの種類について可能な限り詳細を把握し、ポート、速度、互換性などのニーズを追加してください。実際のニーズに基づいて適切なPoEイーサネットスイッチを購入します。

634

おすすめのコンテンツ