パワー・オーバ・イーサネット技術PoEスイッチ

2018年8月7日 に投稿された
2020-07-03 23:48:45
256
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

翻訳者 ともや

パワー・オーバ・イーサネット技術PoEスイッチ

PoE(Power over Ethernet)技術は、同じイーサネットケーブルを介してデータと電力を供給することで、ワイヤレスネットワークを革命化します。エンタープライズワイヤレスネットワークを構築する最も一般的な方法と考えられています。どのように無線ネットワーク上でPoE技術を構築するのですか?また、IPカメラ用のパワーオーバイーサネットスイッチで最も優れた電源を選択し、購入する方法は?今日、私たちはいくつかの洞察を共有し、上記の問題を解決するために役立ちます。

パワー・オーバー・イーサネット(PoE)技術とは何ですか?

PoEまたはPoEは2003年にIEEE802.3afによって定義されました。これは、データと電源を同じケーブルに統合する画期的な技術であり、パワーデバイス(PD)は既存のツイストペアイーサネットインフラストラクチャ上のデータと並行して電力を受信できます。 それに修正を加える 代表的なPDには、IPカメラ、無線アクセスポイントなどがあり、通常PoEスイッチまたはミッドスパンパワーPoEインジェクタとなり、非PoEネットワークスイッチチャネルなどにPoE機能を追加するためにパッチが適用されます。 異なるPSEに基づく3種類のPoEネットワーキングアーキテクチャがあります。

図1:エンドスパンPoEスイッチ+ PD

パワーオーバイーサネット

図2:イーサネットスイッチ(RJ45ポート)+ミッドスパンパワーPoEインジェクタまたはHub + PD

パワーオーバイーサネット

図3:イーサネットスイッチ(SFPポート)+ PoEファイバメディアコンバータ+ PD

パワーオーバイーサネット

PoEスイッチでワイヤレスネットワークを構築する方法は何ですか?

基本的なPoEベースのシステムは、通常、3つの主要コンポーネントからなる。 IPカメラ、IPアクセスパネル、IPインターコム、VoIP、または無線アクセスポイント(WAP)などのPoEスイッチまたはPoEインジェクタ、ネットワークイーサネットケーブル、リモート電源装置などがあります。次のビデオは、PoEベースのネットワークの導入に役立ちます。

ワイヤレスネットワークのためのデータと電力を提供するPoEスイッチ

PoEスイッチは、同じイーサネットケーブルを介して無線デバイスにデータと電源の両方を提供できます。エンタープライズPoEワイヤレスネットワークを構築するため、PoE(Power over Ethernet)スイッチはインターネットに接続するルータに接続します。ネットワークは、PoEワイヤレスネットワークデバイスと、スイッチとの有線接続を持つコンピュータ間のネットワーク接続を提供します。PoEワイヤレスアクセスポイントはPoEスイッチに接続し、電源を供給します。各ワイヤレスアクセスポイントは、複数のワイヤレスデバイスをネットワークに接続します。

パワーオーバイーサネット

WiFi接続にPoEワイヤレスAPを使用します

モバイルデバイスにWiFiアクセスを提供する最も簡単な方法は、ワイヤレスアクセスポイントを壁または天井に設置することです。 データネットワークはCat5eまたはCat6ネットワークケーブルをWAPからイーサネットスイッチを介して最寄りの電源に接続することで伝送でき、電源は同じケーブルでも供給できます。 したがって、WAPを天井に取り付ける際に電源コンセントを気にする必要はありません。

パワーオーバイーサネット

イーサネットネットワークケーブルは必須です

イーサネットネットワークケーブルは、エンタープライズPoEワイヤレスネットワークビルディングに不可欠なアクセサリです。 Cat5eとCat6はどちらも銅線を使用するツイストペアケーブルで、通常は各ケーブルに4ツイストペアです。 Cat6の仕様では、クロストークやシステムノイズの仕様がより厳しくなっており、10ギガビットイーサネットをサポートすることができます。 対照的にCat5eケーブルは最大1ギガビットイーサネットを実行します。 イーサネットケーブルを拾うときは注意し、仕様を検討してください。 劣悪なCat5eケーブルとCat6ケーブルを使用しないでください。

PoEスイッチの選択方法

1.ギガビットポートPoEスイッチのポート番号

PoEスイッチは、4ポート、8ポート、16ポート、24ポート、48ポートなどのいくつかのポート番号オプションで使用できます。ポート番号は、実際の必要性、つまり受電装置の数によって大きく異なります。たとえば、4台以上のカメラのPoEスイッチを探している場合は、8ポートのPoEスイッチ、16ポートのPoEスイッチ、24ポートのPoEスイッチ、48ポートのPoEスイッチなどのポート番号を確認することが重要です。

2.電源要件の理解

ポート単位で適切な電力条件を提供するPoEイーサネットスイッチを見つけたら、電力バジェットを考慮するもう1つの要素があります。 IEEE 802.3af規格によれば、100mのCat5ケーブルまたはcat 5Eケーブルの後に利用可能な電力量は最大12.95ワットです。 IEEE802.3afの電力は、電源で15.4ワット、受電装置で12.95ワットです。

3.管理対象または非管理PoEスイッチ

管理されたPoEスイッチと管理されていないPoEスイッチの主な違いは、機能、構成、そしてもちろん価格表です。マネージドパワーオーバーイーサネットスイッチ(高価)により、VLAN、IGMPスヌーピングなどの機能としてネットワークプロトコルを設定できます。管理されていないPoEスイッチはセットアップ不要のプラグアンドプレイです。ほとんどのホームネットワークでは、管理対象外のPoEスイッチが予算に適合し、PoE IPカメラに電力を供給するためのニーズを満たします。

結論

PoEスイッチ、PoEワイヤレスデバイス、Cat5eまたはCat6イーサネットネットワークケーブルに基づいてワイヤレスPoEネットワークを構築することは非常に簡単です。 FS.COM PoEスイッチは、8ポート、24ポート、および48ポートで使用でき、ネットワーク接続を簡単に拡張するための光ファイバ接続オプションを提供できます。また、さまざまな長さと色のオプションを備えたCat5e、Cat6、Cat6a、Cat7イーサネットパッチケーブルのフルレンジも提供しています。詳細については、www.fs.comをご覧いただくか、sales@fs.comまでご連絡ください。