日本語

パワー・オーバー・イーサネットスイッチの説明: PoEインジェクタの代わりにPoEスイッチを選択する理由とは?

Updated on 11月 24, 2021
2.5k

 今、ワイヤレスネットワークはより良い連続された世界を作ります。これはパワー・オーバー・イーサネット(PoE)技術と密接に繋がっています。パワー・オーバー・イーサネット(PoE)技術は効率的にネットワークのスピードとスケーラビリティを向上させることができて、ワイヤレスネットワークを革命化します。エンタープライズワイヤレスネットワークを構築する最も一般的な方法と考えられています。


パワー・オーバー・イーサネット(PoE)

 パワーオーバーイーサネット(PoE)は2003年にIEEE802.3afによって定義され、同じイーサネットケーブルを通じてデータと電力を供給できる画期的な技術です。これにより、受電デバイス(PD)は、配線が複雑になることなく、既存のツイストペアイーサネットを介してデータと電力を受け取ることができます。

 一般的な受電デバイス(PD)は、IPカメラ、ワイヤレスアクセスポイントなどです。給電機器(PSE)は通常、PoEスイッチまたは非PoEネットワークスイッチチャネルなどにPoE機能を追加するミッドスパンパワーPoEインジェクターなどです。

POEシステムのセットアップ

 PoE技術をセットアップする方法は2つあります。PoEスイッチをアップグレードする方法と、既存のネットワークインフラストラクチャにPoEインジェクターをインストールする方法です。

方法1 PoEスイッチを使用したPoEワイヤレスネットワークへのアップグレード

  パワーオーバーイーサネットスイッチは、パワーオーバーイーサネットインジェクションが組み込まれたネットワークスイッチです。他のデバイスと接続すると、PoE対応であるかどうかを検出し、リモート給電デバイスに自動的に電力を供給します。プラグアンドプレイ設計により、お客様は追加のハードウェアなしで標準のCat5e(製品詳細またはイーサネットケーブルを使用してPoE対応デバイスを簡単に接続できます。

方法2 非PoEスイッチにPoEインジェクタを取り付けること

PoEインジェクター(詳細は、シングルポートまたはマルチポートデバイスとして利用できます。または、インジェクターをネットワークスイッチに組み込むこともできます。ミッドスパン(またはPoEインジェクタ)を使用して、通常の非POEスイッチにPOE機能を追加します。ミッドスパンを使用して、既存のLANインストールをPOEにアップグレードし、少ないPoEポートが必要な用途の広いソリューションを提供できます。 POEテクノロジーへの各ネットワーク接続は、ミッドスパンを介してパッチを適用するのと同じくらい簡単で、POEスイッチと同様に、パワーインジェクションは制御されて自動です。

ハイパワーPoE技術をインストールする方法

タイプ1 エンドスパンPoEスイッチ+PD

Endspan PoE Switch+PDs

 上記の画像に示すように、IEEE 802.3af標準で認定されたPoEギガビットスイッチは、追加の配線、電源、またはアダプタを必要とせずに、電力とデータを単一のケーブルを介してPoEデバイスに送信します。POEスイッチは、いくつかのポートを備えた低コストの非管理対象エッジスイッチから、高度な管理機能を備えた複雑なマルチポートラックマウントユニットまで、すべてのアプリケーションに適合するように利用できます。

タイプ2 イーサネットスイッチ(RJ45ポート)+ミッドスパンパワーPoEインジェクタまたはHub+PD

Ethernet Switch+PoE Injector+ PDs

 上記の画像に示すように、ミッドスパン(またはPoEインジェクタ)を使用して、通常の非POEネットワークリンクにPOE機能を追加します。ミッドスパンを使用して、既存のLANインストールをPOEにアップグレードし、少ないPoEポートが必要な用途の広いソリューションを提供できます。

タイプ3 イーサネットスイッチ(SFPポート)+ PoEファイバメディアコンバータ+PD

Ethernet Switch+ PoE Fiber Media Converter +PDs

PoEスイッチでワイヤレスネットワークを構築する方法は何ですか?

 基本的なPoEベースのシステムは、通常、3つの主要コンポーネントで構成されています。 IPカメラ、IPアクセスパネル、IPインターコム、VoIP、または無線アクセスポイント(WAP)などのPoEスイッチまたはPoEインジェクタ、ネットワークイーサネットケーブル、リモート電源装置などがあります。次のビデオは、PoEベースのネットワークの導入に役立ちます。

ワイヤレスネットワークのためのデータと電力を提供するPoEスイッチ

 PoEスイッチは、同じイーサネットケーブルを介して無線デバイスにデータと電源の両方を提供できます。エンタープライズPoEワイヤレスネットワークを構築するため、PoE(Power over Ethernet)スイッチはインターネットに接続するルータに接続します。ネットワークは、PoEワイヤレスネットワークデバイスと、スイッチとの有線接続を持つコンピュータ間のネットワーク接続を提供します。PoEワイヤレスアクセスポイントはPoEスイッチに接続し、電源を供給します。各ワイヤレスアクセスポイントは、複数のワイヤレスデバイスをネットワークに接続します。

PoE Switch

WiFi接続にPoEワイヤレスAPを使用します

 モバイルデバイスにWiFiアクセスを提供する最も簡単な方法は、 ワイヤレスアクセスポイント(製品詳細)を壁または天井に設置することです。データネットワークはCat5eまたはCat6ネットワークケーブルをWAPからイーサネットスイッチを介して最寄りの電源に接続することで伝送でき、電源は同じケーブルでも供給できます。したがって、WAPを天井に取り付ける際に電源コンセントを気にする必要はありません。

wireless access point WAP

イーサネットネットワークケーブルは必須です

 イーサネットネットワークケーブルは、エンタープライズPoEワイヤレスネットワークビルディングに不可欠なアクセサリです。Cat5eとCat6はどちらも銅線を使用するツイストペアケーブルで、通常は各ケーブルに4ツイストペアです。Cat5eとCat6はどちらも銅線を使用するツイストペアケーブルで、通常は各ケーブルに4ツイストペアです。Cat5eとCat6はどちらも銅線を使用するツイストペアケーブルで、通常は各ケーブルに4ツイストペアです。 イーサネットケーブル(製品詳細)を拾うときは注意し、仕様を検討してください。劣悪なCat5eケーブルとCat6ケーブルを使用しないでください。

結論

PoEスイッチ、PoEワイヤレスデバイス、Cat5eまたはCat6イーサネットネットワークケーブルに基づいてワイヤレスPoEネットワークを構築することは非常に簡単です。FS.COM PoEスイッチは、8ポート、24ポート、および48ポートで使用でき、ネットワーク接続を簡単に拡張するための光ファイバ接続オプションを提供できます。また、さまざまな長さと色のオプションを備えたCat5e、Cat6、Cat6a、Cat7イーサネットパッチケーブルのフルレンジも提供しています。詳細については、www.fs.comをご覧いただくか、sales@fs.comまでご連絡ください。

2

あなたにおすすめの記事