キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/qsfp%2b-module.jpg

QSFP-40G-SR-BDとQSFP-40G-SR4モジュール

Worton

翻訳者 ともや
2018年8月15日 に投稿された



 データセンターのネットワークは、アクセスレイヤで10Gbps、アグリゲーションレイヤで40Gbpsに移行しています。ただし、40Gbpsの接続性をサポートするためには、データセンターの設計者は配線インフラストラクチャをアップグレードする必要があります。40G光モジュール、特にCisco QSFP-40G-SR4およびQSFP-40G-SR-BDのような40G QSFP+モジュールは、データセンターの短距離伝送に費用対効果の高いソリューションを提供します。

40G QSFP+モジュールとは何ですか?

40G QSFP+モジュール(quad small form-factor pluggable plus)は、40G QSFP+モジュールは、40Gbpsの総帯域幅を提供するために、各方向に4つの独立した10ギガビット/秒のデータレーンを備えて、ホットスワップ可能なパラレルファイバー光モジュールです。QSFP+オプティクスは、QSFP MSA規格に完全に準拠しています。QSFP規格によれば、40G QSFP+ コネクタは、Duplex LCまたは12芯MTP/MPOコネクタのいずれかになります。40G QSFP+モジュールは、データセンター、高性能コンピューティング・ネットワーク、企業コア、分散レイヤー、およびサービスプロバイダーのトランスポートアプリケーション向けに、さまざまな高密度40ギガビット・イーサネット接続オプションを提供します。

種類 波長(nm) ファイバ種類 コネクタ種類 最大伝送長さ
QSFP 40G CSR4 850 MMF MTP/MPO 400m
QSFP 40G SR4 850 MMF MTP/MPO 150m
QSFP BiDi 832-918 MMF LC 150m
QSFP 40G PLRL4 1310 SMF MTP/MPO 1.4km
QSFP 40G LR4L 1310 SMF LC 2km
JNP QSFP 40G LX4 1310 SMF LC 2km
QSFP 40G LR4 1310 SMF LC 10km
QSFP 40G PLR4 1310 SMF MTP/MPO 10km
QSFP 40G ER4 1310 SMF LC 40km

40G QSFP+モジュールの種類

 異なるイーサネットプロトコルによれば、40G QSFP+モジュールはシングルモードQSFP+とマルチモードQSFP+に分けることができます。シングルモードQSFP+トランシーバモジュールは、40GBASE-PLRL4、40GBASE-LR4L、40GBASE-LR4などにさらに分けることができます。長距離伝送用に設計されており、40GBASE-ER4 QSFPモジュールを経由して最大40kmまで伝送できます。マルチモードQSFP+トランシーバモジュールは、主に近距離の伝送データに使用されます。伝送距離は100mから400mまで変化します。40G QSFP+モジュール仕様の詳細は下の表で説明します。

QSFP-40G-SR4

 QSFP-40G-SR4は40GBASE-SR4規格に準拠しています。レーザー最適化されたOM3およびOM4マルチモードファイバでそれぞれ100mおよび150mのリンク長をサポートします。Cisco QSFP-40G-SR4は、主に、マルチファイバMPO / MTPコネクタを使用した12芯パラレルファイバ終端よりも高い帯域幅の40G光リンクを可能にします。Cisco QSFP-40G-SR4は、10GBASE-SRインターフェイスとの相互運用性のために4×10Gモードでも使用でき、それぞれOM3およびOM4ファイバで最大100および150メートルです。  Cisco QSFP-40G-SR4は、IEEE 40GBase-SR4および10GBase-SRとの相互運用性を保証するように最適化されています。

QSFP-40G-SR-BD

QSFP-40G-SR-BDは、Duplex OM3またはOM4 MMF接続で40Gbpsを伝送する短距離トランシーバです。この接続は、OM3 MMFで最大100メートル、OM4 MMFで最大150メートルの距離に達することができます。QSFP-40G-SR-BDトランシーバには2つの20Gチャネルがあります。各チャネルは、単一のMMFストランド上で2つの波長を送受信します。トランシーバはLC Duplex MMFケーブルを介した接続をサポートしています。

QSFP-40G-SR-BD vs. QSFP-40G-SR4

QSFP-40G-SR-BDとDuplex LCマルチモードケーブル

 QSFP-40G-SR-BDまたは40G QSFP BiDiには2つの20Gbpsチャネルがあり、1本のMMFストランドで2つの波長で同時に送受信されるため、2ストランドのマルチモードファイバ接続で合計40Gbpsのリンクが可能です。次の図は、QSFP-40G-SR-BDの技術概念を示しています。また、100mと150mのリンク長をサポートしますが、Duplex LC OM3とOM4マルチモードファイバでは、既存の10ギガビットDuplex MMFインフラストラクチャを使用して40ギガビットイーサネット接続に移行できます。

QSFP-40G-SR4(MTP/MPOケーブル付き)

 わたしたちが知っているように、既存のQSFP-40G-SR4は独立した送信機と受信機のセクションを使用し、それぞれが4本の平行なファイバストランドを備えています。40Gbps接続では、8本のファイバストランドが必要です。通常、従来の40GBASE SR4 QSFP+は、8ファイバまたは12ファイバのMPO/MTP OM3およびOM4マルチモードファイバでそれぞれ100メートルおよび150メートルのリンク長をサポートできます。

40ギガビットイーサネットへゼロコストで移行

 ご存じの通り、既存の10Gbps直接接続ではLC MMFファイバ、40G QSFP BiDiを使用するため、ケーブルの再利用が可能になり、直接10Gbps接続から直接40Gbps接続へのケーブル接続がゼロになります。お客様は、ファイバ・インフラストラクチャのアップグレードコストを犠牲にすることなく、ネットワークを10ギガビットイーサネットから40ギガビットイーサネットにアップグレードできます。

40G QSFP+モジュール用の適切な光ファイバケーブルの選択方法

 40G QSFP+モジュール用の適切なファイバパッチケーブルを選択するときは、ケーブルタイプ、ケーブルコネクタ、およびスイッチのポートが非常に重要です。一般的に、40G QSFP+モジュール-40G QSFPケーブルと40G QSFP-SFP+ケーブルの2つのケーブル接続ソリューションがあります。

40G QSFP+/QSFP+ケーブルオプション:

a. 伝送距離≦ 150m
40GBASE-SR4トランシーバは、両端のMTP/MPOコネクタで終端されたOM4ファイバパッチケーブルで使用できます。
b. 伝送距離:300m ~ 400m
40GBASE-CSR4モジュールは、MTP / MPOコネクタで終端されたOM3およびOM4ファイバパッチケーブルで使用できます。
c. 伝送距離≧ 2km
40GBASE-LR4L、40GBASE-LX4、40GBASE-PLR4、40GBASE-LR4および40GBASE-ER4を使用することができます。40GBASE-LR4L/40GBASE-LX4は2kmで、40GBASE-LR4/40GBASE-PLR4は10kmで、40GBASE-ER4は40kmで使用されます。

40G QSFP+と10G SFP+ケーブル配線:

 スイッチでの40Gポートと10Gポート間の接続には、40G MTP/MPOブレークアウトケーブルをおすすめします。40GBase-SR4、40Gbase-CSR4、40GBASE-PLR4および40GBASE-PLRL4のようなMTP/MPOコネクタ付き40Gトランシーバモジュールと40G MTP/MPOブレークアウトケーブルを接続して、40G QSFP+ ― 10G SFP+ケーブル接続を実現できます。

5.0k

おすすめのコンテンツ