https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201910/25/3jpg.jpg

QSFP28 100Gポートで40G、25G、および10Gが動作する

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-19-6.jpg

Moris

翻訳者 ともや
2019年10月24日 に投稿された
2020-08-09 02:57:40
416

100Gトラフィックを処理できるモジュールの中で、コンパクトなQSFP28モジュールはデータセンターの密度を向上させ、消費電力とビットあたりの価格を抑えるので、100G時代の主要なデータセンターフォームファクターになります。QSFP28はQSFP+と互換性がありますか?QSFP28ポートでQSFP+オプティクスを使用できますか?QSFP28ポートにQSFP+ファイバを挿入して、10G SFP+をサポートすることは可能ですか?さて、これらの問題はすべて、ネットワークスイッチ上のQSFP28ポートのアプリケーションに集中しています。ここでは、QSFP28 100Gポートが100Gbps以外の速度で動作する3つのケースを見ていきます。この記事では、FS 100Gネットワークスイッチと100Gモジュールに必要な構成コマンドとハードウェアを紹介します。


configuration.png

QSFP28 100Gポートで40Gbpsを実行する方法

反対側のデバイスが40Gサービス速度を使用している場合、100G QSFP28インターフェイスを対応する40Gに減らし、40G QSFP+オプティクスで使用する必要があります。

ハードウェアサポート

  • MTP/MPOコネクタを備えたQSFP+ 40Gモジュール; MTP/MPO 12芯 トランクケーブル

  • 40G QSFP+からQSFP+まで DACケーブル

  • 40G QSFP+からQSFP+まで AOCケーブル

QSFP28ポートで QSFPモジュール を使用する場合は、シングルモードとマルチモード(SR/LR)の両方のモジュールとTwinax/AOCオプションがあることに注意してください。

構成

QSFP28モジュール は、QSFPモジュールと同じフォームファクターを持っています。前者には4x25GBEおよび4x10GbEとして使用できる4つの電気レーンがあり、後者は40G(4x10G)をサポートします。ここでは、40GbEトラフィックを伝送するQSFPモジュールを収容するための例として、FS S5850-48S2Q4C LANディストリビューションスイッチの100Gポートを取り上げます。

S5850-48S2Q4C# configure terminal

S5850-48S2Q4C(config)# interface eth-0-49

S5850-48S2Q4C(config-if)# speed 40G

QSFP28 100Gポートで4 * 10GbEモードを実現する方法

一方の新しいスイッチに100Gポートのみがあり、もう一方の既存のデバイスにSFP+ 10Gポートしかない場合、QSFP+40Gモジュールを使用してQSFP28ポートを4 * 10GbEモードで実行できます。

ハードウェアサポート

  • MTP/MPOコネクタを備えたQSFP+ 40Gモジュール; LCコネクタ付きのSFP+ 10Gモジュール; MTP/MPO-LCハーネスケーブル

  • 40G QSFP+から4x10G SFP+パッシブDACブレイクアウトケーブル

  • 40G QSFP+から4x10G SFP+ブレークアウトAOCケーブル

構成

コマンドはまず、FS S5850-48S2Q4Cのインターフェイス49(100Gポート)の速度を40GbEに変更し、次に4 * 10GbEモードに分割します。

S5850-48S2Q4C# configure terminal

S5850-48S2Q4C(config)# interface eth-0-49

S5850-48S2Q4C(config-if)# speed 40G

S5850-48S2Q4C(config)# split interface eth-0-49 10gigabit

QSFP28 100Gポートで4 * 25GbEモードを実現する方法

4つの SFP28 は、QSFP28の電気チャネルを最大限に活用して100G伝送を実現できます。ここでは、FS N8500-32Cを使用して説明します。FS N8500-32Cは、Cumulus Linux OSを搭載した100Gbスパイン/コアレイヤスイッチです。

ハードウェアサポート

  • MTP/MPOコネクタを備えたQSFP28 100Gモジュール; LCコネクタ付きSFP28 25Gモジュール; MTP/MPO-LCハーネスケーブル

  • 100G QSFP28から4x25G SFP28パッシブDACブレークアウトケーブル

  • 100G QSFP28から4x25G SFP28 AOCブレークアウトケーブル

構成

コマンドは、FS N8500-32Cスイッチのインターフェイス32(100Gポート)を4 * 25GbEモードに分割します。

root@cumulus:~# net add interface swp32 breakout 4x25G

root@cumulus:~# systemctl restart switchd.service

QSFP28 100Gポートをデフォルト構成に復元する方法

次のコマンドを使用すると、QSFP28 100Gポートのデフォルトモードに復元することができます。

コマンドの前に「no」と入力して、機能を無効にします。

例えば:

S5850-48S2Q4C(config)# split interface eth-0-33 25gigabit

S5850-48S2Q4C(config)# no split interface eth-0-33 25gigabit

工場出荷時の設定を復元する

Switch// delete Startup-config

結論

100Gモードに加えて、スイッチのQSFP28 100Gポートは、40GbE、4 * 25GbE、および4 * 10GbEモードでも動作できます。弊社のS5850 48S2Q4CおよびN8500-32Cは、必要なハードウェアおよび構成コマンドを示しており、さらに、スイッチポートのデフォルトモードに復元する方法もプロセスと同じくらい重要です。