キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201910/25/英-图1jpg.jpg

QSFP28 LR4アプリケーション:40KMを超える100Gメトロ伝送の実現要因

Migelle

翻訳者 ともや
2022年1月14日 に投稿された

 今日のデータトラフィックの量は膨大であり、帯域幅とデータ伝送パフォーマンスに対するより厳しい要求があります。現在、長距離ネットワークの着実な成長とメトロ伝送の活発な発展により、100G光モジュールが従来の10Gおよび40Gに取って代わりました。市販の100G QSFP28モジュールの中で、10 kmのリーチを持つQSFP28 LR4モジュールは、長距離接続に適した選択肢を提供します。しかし、既存のネットワークインフラストラクチャを維持しながら、100G QSFP28 LR4の到達距離を40kmに延長することは可能ですか?SOA(半導体光増幅器)のおかげで、答えはイエスです。

メトロネットワークの動向:100Gへの着実なシフト

 メトロオプティカルマーケットは過去数年間で非常に競争が激しく、データセンターインターコネクト(DCI)、モバイルトランスポート(バックボーン、バックホール、フロントホール)、卸売サービス、エンタープライズ波長およびパケット接続サービスなどのさまざまなアプリケーションで構成されています。効率的な方法でサービス要件を満たすために、スケーラブルで俊敏な光学ソリューションが必要です。5Gの出現により、モバイルトランスポートアーキテクチャのアクセスネットワークの速度が向上し、メトロネットワークへの投資がさらに促進されます。

 メトロネットワークの大部分は現在10Gまたは40Gに基づいていますが、100Gはメトロで発生する爆発的な成長に対処するための最良のオプションとして広く見られています。なぜなら、100Gは将来の大きな変化に対応するために拡張しやすいからです。

メトロのSOAで100G QSFP28 LR4を使用する理由

 長距離ネットワークだけでなく、メトロアクセスネットワークでも、より高い帯域幅に対する永続的な需要により、さらに高い光伝送容量を展開する必要があります。100G QSFP28 LR4モジュール(製品詳細)はしばらく前から存在しており、現在主流となっています。これらは、800GHz間隔の1310nm領域で4つの25Gbps(最大28Gbps)WDM信号を使用するホットスワップ可能な低電圧光モジュールです。ただし、標準の100G QSFP28 LR4モジュールのリーチは最大10kmに指定されているため、リーチ拡張の問題は引き続き発生します。

 100G QSFP28 LR4の減衰は1310nm波長であり、通常は1550nm帯域よりも高いため、増幅が重要な要件であることはよく知られています。1550nmの範囲の信号を増幅し、1310nmの信号をブロックするため、通常のEDFA(光増幅器)は機能しません。ただし、半導体光増幅器(SOA)は、1310nm波長の光伝送システムで信号をブーストすることに専念しています。FS SOAは、モジュールのフォームファクターに依存しないシンプルなプラグアンドプレイ設計で提供されるコンパクトなアンプモジュールです。省スペースのためにFMTの高度な1U/2U/4Uシャーシに完全に統合できます

100G QSFP28 LR4光学の到達範囲を40kmに延長

 100G LR4トランシーバーで100Gを40kmまで延長するために、SOAを適用できる2つの異なる場合があります。ここでは、SOAによって100GBASE LR4がどのように40kmまで延長されるかを見てみましょう。

場合1

SOA(製品詳細)を追加するだけで、100G LR4 QSFP28のリーチを約40 kmに簡単に拡張できます。100G LR4接続でSOAを展開する場合、光プリアンプとして機能します。つまり、QSFP28 LR4レシーバーエンドの前で使用され、着信弱信号をブーストします。この場合、SOAは、LR4 100G信号が10 km以上到達する必要がある場合に、LR4 100G信号の外部増幅に最適なソリューションを有効にします。このソリューションは、既存のサービスの中断を最小限に抑えながら、現在のネットワークインフラストラクチャを活用します。さらに、必要に応じて新しい機器にさらに柔軟に対応できます。100G QSFP28 LR4でSOAを展開することは、経済的に実行可能な選択肢であり、スペース、電力、および帯域幅の効率が向上します。このソリューションは、フォームファクターCFP、CFP2、またはCFP4にも適しています。

100G-LR4-extend-to-40km.jpg

場合2

 すでにメトロ距離にレガシー10G DWDMシステムがあり、100Gサービスと統合する必要がある場合、SOAおよびQSFP28 100G LR4モジュール増幅ソリューションもニーズを正当化できます。SOA駆動のLR4モジュール信号は、専用の1310nmポートを備えたWDM Mux/Denuxを使用して、10G DWDM信号と多重化できます。たとえば、1310nmポートで40CH DWDM Mux/Demux(製品詳細を展開する場合、40x10G信号と追加の100G信号を一緒に取得します。これにより、ネットワークを最大500Gに拡張できます。ただし、このシナリオでは、伝送距離は10 kmを超えますが、40 kmにはなりません。マルチプレクサーの損失、ファイバーの損失、モジュールのフォームファクターに応じて、最大伝送距離を評価できます。

100G-LR4-scale-to-500G.jpg

結論

 長距離ネットワークで100Gが拡張されたことにより、今日のネットワークはメトロおよびデータセンターネットワークから100Gへの大規模な移行を進めています。現在のネットワークアーキテクチャから、適切な相互接続ソリューションを備えた100Gシステムへの移行は避けられません。SOAおよび100G QSFP28 LR4モジュールは、ネットワークの範囲を拡大するためのシンプルで信頼性が高く、費用対効果の高いソリューションを求める企業に最適です。FS 100 Gbps LR4 QSFP28モジュールは、メトロおよびデータセンターネットワークでの信頼性の高い運用をサポートします。すべてのFS光モジュールは、ミッションクリティカルなアプリケーションをサポートするエンドツーエンドのソリューションを提供するために、厳格な認定および認証テストを受けています。

784

おすすめのコンテンツ