https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201912/13/21-cvr-qsfp-sfp10g-overview-0.jpg

CVR-QSFP-SFP10Gのクイックビュー

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-1-7.jpg

Worton

翻訳者 ともや
2019年12月13日 に投稿された
2020-10-25 22:23:31
485

40Gネットワークの広範な展開では、現在の10Gネットワークを40Gネットワークに接続する方法を検討する価値があります。現在、40G-10G移行の実現に役立つ採用可能なソリューションがいくつかあります。40GQSFP+から4x10G SFP+ DACブレークアウトケーブル、40G QSFP+から4x10G SFP+ AOCブレークアウトケーブル、MTP/MPO-LCブレークアウトケーブル、および CVR-QSFP-SFP10G 光モジュールです。その中でも、CVR-QSFP-SFP10G光モジュールは、40G-10Gへの移行に既存の10Gケーブルを使用できます。

CVR-QSFP-SFP10G光モジュールとは何ですか?

CVR-QSFP-SFP10G光モジュールは、QSFP+からSFP+アダプターまたは40G-10Gアダプターとも呼ばれ、QSAアダプターの一種です。CVR-QSFP-SFP10G光モジュールは、QSFP+フォームファクターに組み込まれ、背面にSFP+光モジュール用のケージがあります。つまり、低速SFP+光モジュールをCVR-QSFP-SFP10Gモジュールの背面に差し込むと、シングルチャンネルSFP+光モジュールを4チャンネルQSFP+ポートに接続できます。CVR-QSFP-SFP10G光モジュールは、プロセス中にSFP+光モジュールのインターフェイスとして機能します。このアダプターを使用すると、ネットワークのもう一方の端が低速で実行されている場合、40G-10G移行が許可されます。

CVR-QSFP-SFP10Gは、低挿入損失、低クロストーク、安全なラッチ機構、QSFP+ MSA準拠、トラブルのないインストールおよびネットワーク立ち上げを備えています。また、データサーバー、ルーター、スイッチ、ネットワークストレージシステム、データセンターネットワーキング、InfiniBand(IB)にも幅広いアプリケーションがあります。

CVR-QSFP-SFP10G.jpg

CVR-QSFP-SFP10G:40G-10G移行のための信頼できるQSAソリューション

CVR-QSFP-SFP10Gアダプターは、SFP+ベースのケーブルを使用して40Gデバイスと10Gデバイス間のスムーズな接続を確保するため、起動後に40Gポートを10Gポートに変換するための効果的なソリューションと見なされています。

CVR-QSFP-SFP10GはすべてのSFP+ケーブルをサポートし、主流のスイッチモデルおよびSFP+光モジュールと互換性があります。CVR-QSFP-SFP10G光モジュールに差し込むことができるSFP+光トランシーバーモジュールのリストを以下の表に示します。

アイテム

製品名 製品説明
1 SFP-10G-SR マルチモードファイバ用10GBASE-SR SFP+光モジュール
2 SFP-10G-LR シングルモードファイバ用10GBASE-LR SFP+光モジュール
3 SFP-10G-ER シングルモードファイバ用10GBASE-ER SFP+光モジュール
4 SFP-10G-ZR シングルモードファイバ用10GBASE-ZR SFP+光モジュール
5 10G SFP+銅ケーブル

SFP+銅ケーブル

(長さ1 mから10 m)

6 10G SFP+アクティブオプティカルケーブル SFP+アクティブオプティカルケーブル
(1 mから100 mの長さ)

典型的な40G-10Gアプリケーションのケースです:2つの10GBASE-SR SFP+光トランシーバーモジュール、LCデュプレックスマルチモードファイバパッチ、および1つのCVR-QSFP-SFP10Gアダプターの連携により、40Gから10Gへの移行がスムーズに実現されます。

Direct connection for 40G QSFP+ to 10G SFP+ adapter module.jpg

Figure 2: Direct connection for 40G QSFP+ to 10G SFP+ adapter module


CVR-QSFP-SFP10Gアダプターと40G QSFP+ブレークアウトケーブル

40G QSFP+から4×10G SFP+へのブレークアウトケーブルの概要

QSFP+/SFP+ブレークアウトケーブルは、一端にQSFP+コネクタ、もう一端に4つのSFP+コネクタで構成されています。一般的に、QSFP+からSFP+へのブレークアウトケーブルは、直接接続銅ケーブル(DAC)とアクティブな光ケーブル(AOC)に分けることができます。これらは、ポイントツーマルチポイント構成でファンアウトケーブルを介して40Gbpsデータを10Gbpsデータの4つの別々のストリームに送信するために使用されます。

CVR-QSFP-SFP10GアダプターまたはQSFP+ブレイクアウトケーブル?

前述のように、CVR-QSFP-SFP10Gアダプターを使用して、QSFP+ポートをSFP+ポートに変換できます。または、QSFP+から4x10G SFP+ブレークアウトケーブルを採用して、スイッチまたはサーバー間の40Gポートを4つの10Gポートに分割します。つまり、CVR-QSFP-SFP10GアダプターとQSFP+ブレイクアウトケーブルの両方が、40G-10G移行に適応可能なオプションを提供しています。しかし、それらの違いは何ですか?2つのソリューションの違いは、パフォーマンス、コスト、および使用率の3つの側面で分析されます。

2 types of 40G QSFP+ breakout cables.jpg

性能

QSFP+から4x10G SFP+へのブレークアウトケーブルは、40Gチャネルを4x10Gチャネルに分割し、単一の10G接続のみに接続を提供するCVR-QSFP-SFP10Gアダプターよりも4倍のデータ伝送を提供します。

費用

製品の価格設定が市場の人気にある程度関連していることを見つけるのは難しくありません。CVR-QSFP-SFP10Gは、一部のベンダーによる独占特許により、市場で予想されるよりも高価になる場合があります。短距離伝送 (<10 m)の場合、DACブレークアウトケーブルが最も費用対効果の高いソリューションを提供します。

利用

QSFP+から4x10G SFP+へのブレークアウトケーブルには、CVR-QSFP-SFP10Gアダプターと比較して成熟した技術があります。前述の要因の影響を受けて、CVR-QSFP-SFP10Gアダプターはまだ広く使用されていません。

さまざまなシナリオのアプリケーションを考慮すると、各ソリューションには採用可能なポイントがあります。スイッチを接続する必要がある10Gデバイスが1つしかない場合は、CVR-QSFP-SFP10Gアダプターを使用する方が適切です。または、分散した場所に複数の10Gデバイスがあり、40Gスイッチに接続する必要があります。この場合、CVR-QSFP-SFP10Gは費用対効果の高いソリューションも提供します。ただし、これらの10Gデバイスの分布がかなり集中している場合、最適なROIを実現するにはQSFP+ブレークアウトケーブルの方が適しています。

結論

全体として、CVR-QSFP-SFP10G光モジュールにより、40G QSFP+ポートと10G SFP+ポートを使用するデバイス間のスムーズな接続が実現されます。