キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/cat5e-cat6-cat6a.jpg

イーサネットケーブルのクイックビューCat 5、Cat 5e、Cat 6

Worton

翻訳者 ともや
2018年9月17日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト


イーサネットケーブルのクイックビューCat 5、Cat 5e、Cat 6

 ローカルエリアネットワーク内のデバイスを接続するために、イーサネットケーブルまたはネットワークケーブルが広く使用されています。イーサネットスイッチ、ルータ、PC、イーサネットケーブルは、同じように見えますが、実際には異なるカテゴリがあります。したがって、カテゴリ5(Cat 5)、カテゴリ5e(Cat 5e)、カテゴリ6(Cat 6)のいずれかのケーブルを選択することは、むしろ混乱を招く可能性があります。この記事ではCat 5 vs Cat 5e vs Cat 6aに焦点を当てます。ネットワークをサポートするために適切なネットワークケーブルのカテゴリを選択する際の選択肢に役立つかもしれません。

Cat 5、Cat 5e、Cat 6 イーサネットケーブルとは何ですか?

 カテゴリ5とカテゴリ6は、主にイーサネットコンピュータネットワークに使用され、信号を搬送するための4本の銅線のツイストペアで構成されています。Cat 5は、特にCat 6と比較して、ケーブルの古いバリエーションです。Cat 6は現在、Cat 5またはCat 5eよりも速く動作する3種類のケーブルの中で最も高度なものです。また、より高い周波数をサポートすることもできます

Cat 5ケーブルとは何ですか?

 Cat 5ケーブルには、RJ45コネクタで終端された4本の銅線のツイストペアがあります。 Cat 5ケーブルは最大100 MHzの帯域幅を持ち、10または100 Mbpsの速度をサポートします。Cat 5ケーブルは、ATM、イーサネット1000Base-T、100Bast-T、および10Base-Tネットワーキングに使用できます。Cat 5は、EIA/TIA-586規格に記載されている5つのグレードのUTPケーブル配線の1つです。Cat 5に属するネットワークケーブルは、実線または撚り線のいずれかです。堅牢なCat 5はより剛性が高く、データを長距離伝送する必要がある場合はより良い選択です。Cat 5は柔軟性が高く、パッチケーブルとして使用する可能性が最も高いです。また、Cat 5パッチまたはクロスオーバーケーブルの最大長(最大証明可能長さ)は100メートルです。

Cat 5eケーブルとは何ですか?

 カテゴリ5e(Cat 5e)は、ギガビットイーサネットの動作にとって重要な特定のケーブル特性を改善するために、2001年にTIA/EIAによって開発されたCat 5ケーブルの拡張バージョンです。それは1000 Mbpsの "ギガビット"の速度をサポートするように作られたので、理論的には、Cat 5ケーブルよりも高速です。Cat 5eイーサネットケーブルは多くの場所に配備されています。例えば、様々な長さのホームネットワーキング環境で使用することができる。Cat 5eパッチケーブルのもう一つの一般的な使用は、構内配線です。

Cat 6ケーブルとは何ですか?

Cat 6ケーブルは、Cat 5eパッチケーブルのわずかに小さい24ゲージとは対照的に、23ゲージの導体ワイヤで作られています。また、クロストークをより良く処理するためのセパレータも備えています。このセパレーターは、4本の撚り線のそれぞれを他のものから分離し、クロストークを低減し、データ転送を高速化し、Cat 6ケーブルにCat 5の2倍の帯域幅を与えます!Cat 6ケーブルは、10ギガビットイーサネット速度をサポートするのに理想的で、最大250MHzで動作することができます。次のビデオは、ケーブル径がより小さいFS 28AWGスリムCat 6パッチケーブルを示しています。これは、一般的なCat 6パッチケーブルよりも36%のスペースを節約できます。

Cat 5、Cat 5e、Cat 6の違いは何ですか?

 実際、ほとんどのイーサネットケーブルは外部と同様に見えます。それらはすべてRJ45ポートを持っているため、イーサネットポートに差し込むことができます。しかし、彼らは内部が異なっています。

Quick View Cat5 vs Cat5e vs Cat6 Ethernet Cables

CAT 5ケーブルVs. Cat 5eケーブル

 Cat 5とCat 5eのケーブルの違いは、パフォーマンス、ネットワークのサポート、クロストーク、帯域幅のすべての面で異なります。Cat 5eケーブルはイーサネット、ファストイーサネット、およびギガビットイーサネットの速度をサポートし、Cat 5ケーブルの速度は前の2つをサポートします。Cat 5eケーブルは完全な下位互換性があり、通常Cat 5ケーブルを使用するとあらゆるアプリケーションで使用できます。さらにCat 5eケーブルと比較してCat 5eケーブルではクロストークが大幅に低減されています。さらに、Cat 5eの定格は350MHzであり、これによりCat 5よりも帯域幅を増やすことができます。

Cat 5eケーブルVs. Cat 6ケーブル

 Cat 5eとCat 6の一般的な違いは、伝送性能です。Cat 5eはギガビットの速度をサポートできますが、Cat 6はギガビットイーサネットを処理することが認定されています。さらに、Cat 6仕様は、ツイストペアケーブルには一般的に不向きな環境に適しています。これには、電力線、照明、製造装置などからの干渉が多い領域も含まれます。それでも、ほとんどのアプリケーションでは、Cat 5eケーブルはCat 6に完全に適しており、より経済的であり、ほぼ同様に機能します。ただし、ネットワーク上のすべてのコンポーネントがギガビット定格であることが確かで、伝送されるデータの量が認定されたギガビットの性能を必要とする場合は、Cat 6を使用してください。

Cat 6ケーブルVs. Cat 6Aケーブル

特長/カテゴリ Cat6 Cat6a
速度 10Gbps、距離37-55メートル 10ギガビットイーサネット、最大100メートル
コネクタタイプ RJ45 RJ45
周波数 250 MHz 500 MHz
性能 Cat6 > Cat6a Cat6 > Cat6a > Cat7
規格 TIA/EIA認識と規格 TIA/EIA認識と規格
ベスト使用 世帯 世帯

 この図に示されているように、Cat 6は、最大10ギガビットイーサネットの速度と最大250MHzの周波数をサポートし、33-55メートルの距離で実現できます。Cat6aケーブルは、Cat6ケーブルの2倍の帯域幅で最大500MHzの帯域幅をサポートし、前世代のように10Gbpsをサポートすることができます。Cat6とCat6aは家庭用で、電気通信産業協会(TIA)、電子産業連合(EIA)がワイヤとケーブルの規格を定め、設置と性能を標準化しました。現時点では、Cat6およびCat6aはTIA/EIA標準によって認識されています。

Cat 5と Cat 5eとCat 6:どちらを選ぶのですか?

 Cat 5、Cat 5e、Cat 6ケーブルの選択方法は状況によって異なります。ネットワークの速度に満足しているなら、Cat 5eからCat 6へのようなネットワークのアップグレードの手間を経る必要はありません。しかし、考慮すべきことは、Cat 6ケーブルがCat 5eとの良好な互換性を持っていることです。10GBASE-Tをサポートすることもできます。これにより、ケーブル配線の普及が促進されます。

 さらに、ネットワーク構成要素の急速な発展およびますます増大する帯域幅のために、ネットワークケーブルに対するより厳しい要求が存在します。ケーブルの交換や再アップグレードの難しさを考慮すると、Cat 6、Cat 7などの高度なイーサネットケーブルを将来の展開に使用する必要があります。


2.0k

おすすめのコンテンツ